トーク:日朝修好条規

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

アジア歴史資料センターを典拠に出すのはいかがかと思います。 [1]をご覧になればわかりますが、二次利用に制限をつけているため、アジア歴史資料センターから手に入れた資料をGFDLとしてwikisourceに公開するのは利用規約に違反した場合における損害賠償等をうけるリスクを鑑みても、妥当とはいえないかと思います。--29797815170411035 2007年4月12日 (木) 15:48 (UTC)

安全側に倒せば当然削除依頼に行く事になるのでしょうが、その前に疑問点をば:
  • 日朝修好条規がPDであるか
  • そうである場合、PDであるものに利用条件を付けられるのか
  • アジア歴史資料センターに掲載のものがPDの改変物であるか、そうとしてPDの改変物に利用条件を付けられるのか
--kahusi (會話) 2007年4月13日 (金) 11:27 (UTC)
債権法上の問題だと思いますので、PDであるかどうかは公序良俗に著しく反しない限り別問題だと思います。だからといって、債務者たる投稿者と債権者の間の契約上禁止されているものを投稿してはいけないというwikisourceと投稿者との契約はありませんので、削除することは難しいのではないでしょうか?
PDに利用条件をつける行為というと、著作権切れの古本販売とかですかね。著作権が切れたから金を取って売るなんてけしからん!とるとしても紙の値段まで、というわけには行きませんよね。例えがあってるかわかりませんけど。--29797815170411035 2007年4月13日 (金) 16:33 (UTC)