テサロニケ後書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

テサロニケ後書

第1章[編集]

1パウロ、シルヴァノおよびチモテオ、わがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストにるテサロニケじんけうくわいに[しよかんおくる]。 2ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、おんちようへいあんとをなんぢたまはらんことを。 3きやうだいたちよ、われえずなんぢきてそうたうかみかんしやせざるべからず。これなんぢしんかうますますぞうかして、めんめんあいじやうみなたがひゆたかなればなり。 4ればわれみづからもなんぢもつて、すなはそのしのべるすべてのはくがいおよくわんなんおけにんたいしんかうとをもつて、かみしよけうくわいあひだほこりとす。 5このくわんなんかみただしきしんぱんしるしにして、なんぢかみくにためくるしみてこれるにものとせられんためなり。 6なんぢなやますひとびとなやみもつむくたまふは、かみりてせいたうことなれば、 7なやめるなんぢにもわれともあんそくたまことせいたうなり。これしゆイエズス、そののうりよくてんしたちしたがへててんよりあらはたまときことにして、 8すなはほのほうちおいて、かみらざるひとびとわがしゆイエズス、キリストのふくいんしたがはざるひとびとむくたまときあたりて、 9かれらしゆおんかほそののうりよくくわうえいとをはなれてをはりなきほろびばつけん、 10そのときしゆきたたまひて、そのせいとによりてくわうえいたまひ、しんじたるすべてのひとよりほまれたまふべし、これわれしようするところなんぢしんぜられたればなり。 11ゆゑわれつねなんぢためいのりて、わがかみなんぢをしてそのめしかなはしめ、かつおよかぎすべてのぜんいしんかうげふとをまつたうしたまはんことねがたてまつる。 12これわがかみしゆイエズス、キリストとのおんちようりて、わがしゆイエズス、キリストのみななんぢうちくわうえいせられ、なんぢかれりてくわうえいためなり。


第2章[編集]

1きやうだいたちよ、わがしゆイエズス、キリストのさいりんき、またわれこれいつちすべきこときては、 2あるひれいにより、あるひわれよりでしがごとものがたりあるひしよかんによりて、しゆせまれりとてなんぢたやすほんしんよりうごかされず、またおどろかされざらんことこひねがふ。 3たれにもけつしてあざむかるることなかれ、けだしまづきけうこときたりて、つみひとすなはほろびあらはるるにあらずば、[しゆきたらじ]。 4かれはんたいしていつさいいはゆるかみまたれいはいぶつはげしくたちさからひ、しんでんしてみづかかみたるがごとおのれしめすにすらいたるべし。 5なほなんぢうちりしときこれことたりしを、なんぢきおくせざるか。 6じきいたりてあらはれしめんためいまかれとどむるものなにたるかは、なんぢところなり。 7けだしふぎおくぎすでくわつどうせり、ただしいまこれとどめつつあるもののぞかるるまでなり。 8そのときふぎしやあらはされ、しゆイエズスみくちいきもつこれころし、おのかうりんくわうえいもつこれほろぼしたまふべし。 9かのものきたるはサタンのせいりよくことにして、いつさいのうわざしるしいつはりのきせきと、 10ふぎまどはしとをつくしてほろぶるひとびとあたらん。これかれらすくはるるやうしんりあいけざりしゆゑなり。ればかみそのうちまどひはたらかしめたまひて、かれらいつはりしんずるにいたらん。 11[10]ふぎまどはしとをつくしてほろぶるひとびとあたらん。これかれらすくはるるやうしんりあいけざりしゆゑなり。ればかみそのうちまどひはたらかしめたまひて、かれらいつはりしんずるにいたらん。 12[11]これしんりしんぜずしてふぎどういしたるひとびとことごとしんぱんせられんためなり。 13[12]れどしゆあいせられたてまつきやうだいたちよ、われつねなんぢためかみかんしやたてまつるべきなり、かみ、[せい]れいによれるせいせいしんりしんかうとによりてたすかりしむべく、もとよりなんぢえらたまひたればなり。 14[13]われふくいんもつなんぢこれたまひしも、わがしゆイエズス、キリストのくわうえいしめたまはんためなり。 15[14]ればきやうだいたちよ、きぜんとしてわれあるひものがたりあるひしよかんりてならひしつたへまもれ。 16[15]ねがはくはわがしゆイエズス、キリストおんみづから、ならびわれあいたまひておんちようによるえいゑんなぐさめきぼうとをたまひしわがちちにてましまかみ17[16]なんぢこころすすめてすべてのわざことばとにかたうしたまはんことを。


第3章[編集]

1そのほかきやうだいたちよ、われためいのれ、これかみおんことばなんぢうちおけごとはしひろまりかつあがめられんため2またさまたげとなるあしひとびとよりわれすくはれんためなり。いつさいひとみなしんかうあるにあらざればなり。 3しかれどもかみしんじつにてましませば、なんぢけんごならしめ、かつあくよりまもたまふべし。 4われめいずることなんぢげんおこなしやうらいおこなふべきは、われしゆによりてきぼうするところなり。 5ねがはくはしゆなんぢこころかみあいとキリストのにんたいとにみちびたまはんことを。 6きやうだいたちよ、われわがしゆイエズス、キリストのみなによりてなんぢめいず、みだりあゆみてわれよりけしつたへしたがはざるすべてのきやうだいとほざかれ。 7いかにしてわれまなぶべきかは、もとよりなんぢところなり、けだしわれなんぢうちりてみだりおこなはず、 8またあたひなくしてひとぱんしよくせず、かえつなんぢひとりわづらはさざらんために、ちうやらうくしてしごとせり。 9けんりなかりしがゆゑあらず、おのれもつかたとし、なんぢをしてわれならはしめんためなりき。 10けだしわれなんぢうちりしときひともしはたらこといなまば、またしよくすべからず、とめいじたりき。 11ところによれば、なんぢうちにはみだりあゆみてなんわざをもさず、たちさまよひとあり、 12われかくごとひとに、しづかはたらきておのれぱんしよくせんことを、しゆイエズス、キリストによりてめいかつこひねがふ。 13きやうだいたちよ、ぜんげふしてことなかれ。 14もしわれが、このしよかんことばしたがはざるひとあらば、これみとめてみづかぢしめんために、これまじはることなかれ、 15れどこれてきごとくにせず、きやうだいとしていさめよ。 16ねがはくはへいわかみいづこおいてもなんぢふきうへいわたまひ、しゆなんぢいちどうともましまさんことを。 17われパウロづからしよしてなんぢよろしくとふ、すべてのしよかんおいこれいんしやうとすれば、かきしることかくごとし。 18ねがはくはわがしゆイエズス、キリストのおんちようなんぢいちどうともらんことを、アメン。