テサロニケ後書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

テサロニケ後書

第1章[編集]

1パウロ、シルヴァノおよびチモテオ、わがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストにるテサロニケじん教會けうくわいに[書簡しよかんおくる]。 2ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、恩寵おんちよう平安へいあんとをなんぢたまはらんことを。 3兄弟等きやうだいたちよ、われえずなんぢきて相當そうたうかみ感謝かんしやせざるべからず。これなんぢ信仰しんかうますます増加ぞうかして、面々めんめん愛情あいじやうみなたがひゆたかなればなり。 4ればわれみづからもなんぢもつて、すなはそのしのべるすべての迫害はくがいおよ患難くわんなんおけ忍耐にんたい信仰しんかうとをもつて、かみしよ教會けうくわいあひだほこりとす。 5この患難くわんなんかみただしき審判しんぱんしるしにして、なんぢかみくにためくるしみてこれるにものとせられんためなり。 6なんぢなやます人々ひとびとなやみもつむくたまふは、かみりて正當せいたうことなれば、 7なやめるなんぢにもわれとも安息あんそくたまこと正當せいたうなり。これしゆイエズス、その能力のうりよく天使等てんしたちしたがへててんよりあらはたまときことにして、 8すなはほのほうちおいて、かみらざる人々ひとびと我主わがしゆイエズス、キリストの福音ふくいんしたがはざる人々ひとびとむくたまときあたりて、 9彼等かれらしゆ御顔おんかほその能力のうりよく光榮くわうえいとをはなれてをはりなきほろびばつけん、 10そのときしゆきたたまひて、その聖徒せいとによりて光榮くわうえいたまひ、しんじたるすべてのひとよりほまれたまふべし、これわれしようするところなんぢしんぜられたればなり。 11ゆゑわれつねなんぢためいのりて、わがかみなんぢをしてそのめしかなはしめ、かつおよかぎすべての善意ぜんい信仰しんかうげふとをまつたうしたまはんことねがたてまつる。 12これわがかみしゆイエズス、キリストとの恩寵おんちようりて、我主わがしゆイエズス、キリストの御名みななんぢうち光榮くわうえいせられ、なんぢかれりて光榮くわうえいためなり。


第2章[編集]

1兄弟等きやうだいたちよ、我主わがしゆイエズス、キリストの再臨さいりんき、またわれこれ一致いつちすべきこときては、 2あるひれいにより、あるひわれよりでしがごと物語ものがたりあるひ書簡しよかんによりて、しゆせまれりとてなんぢ容易たやす本心ほんしんよりうごかされず、またおどろかされざらんことこひねがふ。 3たれにもけつしてあざむかるることなかれ、けだしまづ棄教きけうこときたりて、つみひとすなはほろびあらはるるにあらずば、[しゆきたらじ]。 4かれ反對はんたいして一切いつさい所謂いはゆるかみまた禮拝れいはいぶつはげしくたちさからひ、神殿しんでんしてみづかかみたるがごとおのれしめすにすらいたるべし。 5なほなんぢうちりしときこれことたりしを、なんぢ記憶きおくせざるか。 6時期じきいたりてあらはれしめんためいまかれとどむるものなにたるかは、なんぢところなり。 7けだし不義ふぎ奥義おくぎすで活動くわつどうせり、ただしいまこれとどめつつあるもののぞかるるまでなり。 8そのとき不義ふぎしやあらはされ、しゆイエズス御口みくちいきもつこれころし、おの降臨かうりん光榮くわうえいもつこれほろぼしたまふべし。 9かのものきたるはサタンの勢力せいりよくことにして、一切いつさいのうわざしるしいつはりの奇蹟きせきと、 10不義ふぎ誑惑まどはしとをつくしてほろぶる人々ひとびとあたらん。これ彼等かれらすくはるるやう眞理しんりあいけざりしゆゑなり。ればかみそのうちまどひはたらかしめたまひて、彼等かれらいつはりしんずるにいたらん。 11[10]不義ふぎ誑惑まどはしとをつくしてほろぶる人々ひとびとあたらん。これ彼等かれらすくはるるやう眞理しんりあいけざりしゆゑなり。ればかみそのうちまどひはたらかしめたまひて、彼等かれらいつはりしんずるにいたらん。 12[11]これ眞理しんりしんぜずして不義ふぎ同意どういしたる人々ひとびとことごと審判しんぱんせられんためなり。 13[12]れどしゆあいせられたてまつ兄弟等きやうだいたちよ、われつねなんぢためかみ感謝かんしやたてまつるべきなり、かみ、[せい]れいによれる成聖せいせい眞理しんり信仰しんかうとによりて救霊たすかりしむべく、もとよりなんぢえらたまひたればなり。 14[13]われ福音ふくいんもつなんぢこれたまひしも、我主わがしゆイエズス、キリストの光榮くわうえいしめたまはんためなり。 15[14]れば兄弟等きやうだいたちよ、毅然きぜんとしてわれあるひ物語ものがたりあるひ書簡しよかんりてならひしつたへまもれ。 16[15]ねがはくは我主わがしゆイエズス、キリストおんみづから、ならびわれあいたまひて恩寵おんちようによる永遠えいゑんなぐさめ希望きぼうとをたまひしわがちちにてましまかみ17[16]なんぢこころすすめてすべてのわざことばとにかたうしたまはんことを。


第3章[編集]

1其他そのほか兄弟等きやうだいたちよ、われためいのれ、これかみ御言おんことばなんぢうちおけごとはしひろまりかつあがめられんため2またさまたげとなるあし人々ひとびとよりわれすくはれんためなり。一切いつさいひとみな信仰しんかうあるにあらざればなり。 3しかれどもかみ眞實しんじつにてましませば、なんぢ堅固けんごならしめ、かつあくよりまもたまふべし。 4われめいずることなんぢげんおこな将來しやうらいおこなふべきは、われしゆによりて希望きぼうするところなり。 5ねがはくはしゆなんぢこころかみあいとキリストの忍耐にんたいとにみちびたまはんことを。 6兄弟等きやうだいたちよ、われ我主わがしゆイエズス、キリストの御名みなによりてなんぢめいず、みだりあゆみてわれよりけしつたへしたがはざるすべての兄弟きやうだいとほざかれ。 7如何いかにしてわれまなぶべきかは、もとよりなんぢところなり、けだしわれなんぢうちりてみだりおこなはず、 8またあたひなくしてひとぱんしよくせず、かえつなんぢ一人ひとりわづらはさざらんために、晝夜ちうや勞苦らうくして仕事しごとせり。 9権利けんりなかりしがゆゑあらず、おのれもつかたとし、なんぢをしてわれならはしめんためなりき。 10けだしわれなんぢうちりしときひともしはたらこといなまば、またしよくすべからず、とめいじたりき。 11ところによれば、なんぢうちにはみだりあゆみてなんわざをもさず、彷徨たちさまよひとあり、 12われかくごとひとに、しづかはたらきておのれぱんしよくせんことを、しゆイエズス、キリストによりてめいかつこひねがふ。 13兄弟等きやうだいたちよ、善業ぜんげふしてことなかれ。 14もしわれが、この書簡しよかんことばしたがはざるひとあらば、これみとめてみづかぢしめんために、これまじはることなかれ、 15れどこれてきごとくにせず、兄弟きやうだいとしていさめよ。 16ねがはくは平和へいわかみ何處いづこおいてもなんぢ不朽ふきう平和へいわたまひ、しゆなんぢ一同いちどうともましまさんことを。 17われパウロづからしよしてなんぢよろしくとふ、すべての書簡しよかんおいこれ印章いんしやうとすれば、かきしることかくごとし。 18ねがはくは我主わがしゆイエズス、キリストの恩寵おんちようなんぢ一同いちどうともらんことを、アメン。