チモテオ後書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)


チモテオ後書

第1章[編集]

1かみおぼしめしによりキリスト、イエズスにおけせいめいやくそくしたがひてキリスト、イエズスのしとたるパウロ、 2しあいチモテオに[しよかんおくる]。ねがはくはちちにてましまかみおよわがしゆイエズス、キリストより、おんちようじひへいあんとをたまはらんことを。 3そせんいらいきよりやうしんもつほうじせるかみかんしやたてまつる、けだしちうやきたううちえずなんぢきねんし、 4なんぢなみだつゐさうして、よろこびたされんために、なんぢことほつす、 5これなんぢいつはりなきしんかうきおくてるによりてなり、このしんかうさきなんぢそぼロイズとははユニケとにやどりたれば、なんぢにもまたしかあることかくしんす。 6このゆゑわがあんしゆによりて、なんぢうちなるかみたまものさらねつせしめんことくわんこくす、 7かみわれたまひたるは、おくするれいあらずして、のうりよくじあいせつせいとのれいなればなり。 8ればわがしゆたいするしようめいと、そのしうじんたるわれとにづることなく、かみのうりよくおうじてふくいんためわれともしのべ。 9かみわれすくひ、かつせいなるめしもつたまひしは、われわざによれるにはあらず、おんみづからのきていにより、またイエズス、キリストにおいよよいぜんよりわれたまひたるおんちようによれるなり。 10このおんちようは、いまわがすくひぬしイエズス、キリストのあらはたまひしによりてしようせられたり、すなはかれほろびし、ふくいんもつせいめいふきうとをあきらかにしたまひしなり。 11われこのふくいんためてられて、せんけうしやたり、しとたり、いはうじんけうしたり。 12またこれためかかくるしみくといへどこれはじとせず、しんらいたてまつれるものたれなるかをり、かつわれいたくたまひしものを、かのまでたもたまちからあるをかくしんすればなり。 13なんぢわれきしけんぜんなることばのりまもるに、キリスト、イエズスにおけしんかうあいとをもつてし、 14いたくせられしきものを、われやどたませいれいによりてたもて。 15[せう]アジアにひとびとの、みなわれはなれしことなんぢところにして、フィゼロとヘルモゼネスとそのうちり。 16ねがはくはしゆオネジフォロのいへあはれみたまものはんことを、けだしかれしばしばわれはげまし、われくさりづることなく、 17ロマにきたりしときせつたずねてわれいだせり。 18ねがはくはしゆかのおいて、かれしゆよりあはれみさせたまはんことを、かれがエフェゾにおいわれこうぐうせしこといかばかりなりしかはなんぢなほところなり。

第2章[編集]

1ればわがよ、なんぢキリスト、イエズスにおけおんちよういよいよけんごなれ。 2て、あまたしようにんまへわれよりきしことを、たにんをしふるにるべき、ちゆうじつなるひとびとたくせよ。 3キリストのぐんじんとしてともしのべ。 4ぐんじんせいくわつこともつおのれわづらはさずして、つのりしものこころんとす。 5またしようぶあらそひときていしたがひてあらそはざればかんむりず。 6しんらうするのうふまづそのさんぶつざるべからず。 7ところさとれ、しゆばんじきてなんぢさとりたまふべし。 8ダヴィドのすゑましましゆイエズス、キリストが、わがふくいんままししやうちよりふくくわつたまひしことをきおくせよ、 9われこのふくいんためくるしみめて、あくにんごとくさりつながるるにいたれり。しかれどもかみおんことばつながれず、 10ゆゑわれえらまれたるひとびとためばんじしのぶ、これかれらをしてイエズス、キリストにおけたすかりてんえいくわうとをしめんためなり。 11しんじつはなしなるかなわれキリストとともしたるならば、またともくべし、 12しのばばまたかれともわうるべし、われもしかれいなまば、かれまたわれいなたまふべし、 13われしんぜざることありとも、かれえずしんじつにてまします、おのれたがたまことあたはざればなり。 14なんぢひとびとをしてこれことおもひいださしめ、またしゆみまへほしようして、こうろんすることいましめよ、こうろんなんらえきするところなく、ひとをしてほろびいたらしむるのみなればなり。 15なんぢかみみまへおいたんれんしたるものづるところなきはたらきてしんりことばただしくあつかへるものたらんことつとめよ。 16せぞくむだはなしけよ、けだしこれせるひとは、おほいにけいけんすすみ、 17そのはなしひろがることだつそごとし、ヒメネオとフィレトとそのうちりて、 18ふくくわつすでりきととなへてしんりだつし、あるひとびと々のしんかうくつがへせり。 19れどかみたまひしけんごなるどだいちて、そのうへつぎごとしるされたるいんしやうあり、いはく、「しゆおのれのものをたまふ」、またいはく、「すべしゆみなとなふるひとふぎはなるべし」と。 20そもそもおほいなるいへうちにはきんぎんうつはのみならずまたつちとのうつはありて、あるものたふとようし、あるものいやしきようす。 21ればひともしかのひとびとはなれておのれきよくせば、たふとうつはせいとせられかつしゆいうえきにしてすべてのぜんげふためそなはれるうつはるべし。 22なんぢわかげよくけて、しんあいとをもとめ、またきよこころもつしゆよびたのたてまつひとびととのわがふもとめよ。 23れどにしてむがくなるたんきうは、これさうろんおこすものなりとさとりてこれけよ。 24しゆしもべさうろんすべきにあらず、かえついつさいひとにうわにして、をしかつにんたいし、 25しんりさからふひとびといましむるにけんじやうもつてすべし。あるひしんりさとらしめんためかみかれらかいしんたまひ、 26かれらいつしかさまして、あくまわなのがるることあらん、かれが、まにまにとりこられたればなり。


第3章[編集]

1なんぢこれれ、すゑひごろいたりてこんなんときあるべし。 2ひとびとおのれあいし、むさぼり、おごたかぶののしりて、おやしたがはず、おんらず、せいならず、 3なさけなく、やはらがず、ざんぼうし、せつせいなく、をんわならず、ぜんこのまず、 4はんぎやくわうへいがうまんにして、かみよりもくわいらくあいし、 5けいけんすがたいうしつつ、かえつそのじつつることあらん、なんぢかれらをもけよ。 6そのうちにはひといへくぐりり、をんなどもとりこにしていざなものあり、これをんなつみひ、さまざまよくかれて、 7つねまなべどもしんりちしきたつせず、 8あたかもヤンネスとマンプレスとがモイゼにさからひしごとく、このひとびとまたしんりさからひ、せいしんふはいしてしんかうすたれたるものなり。 9れどかれらなほこのうへすすことなかるべし、けだしそのおろかなることしゆうじんあきらかなるは、かのふたりおいりしがごとし。 10なんぢわがをしへぎやうじようこころざししんかうにんたいじあいかんにん11けしはくがいにも、くるしみにもこれしたがへり。われアンチオキア、イコニヨム、およびリストロにおいて、かかことひ、はくがいしのびたりしが、しゆすべこれうちよりわれすくひいだたまひしなり。 12すべてキリスト、イエズスにおけけいけんもつわたらんとけつせるひとはくがいくべく、 13またあくにんおよひとあざむものいよいよあくすすみて、みづかまよひとをもまよはすにいたらん。 14しかれどもなんぢまなびしことかくしんせることとどまれ、いかなるひとびとよりこれまなびしかをり、 15またえうせうよりせいしよればなり。すなはせいしよはキリスト、イエズスにおけしんかうもつて、なんぢたすかりためさとからしむることを16せいしよみなしんかんによるものにして、けうじゆするに、くわんこくするに、けんせきするに、せいぎおいけういくするにいうえきなり。 17これかみひとまつたうせられて、すべてのぜんげふそなへられんためなり。

第4章[編集]

1われかみみまへまたせいしやししやとをしんぱんたまふべきイエズス、キリストのみまへおいて、そのこうげんみくにとにたいしてこひねがふ、 2なんぢおんことばのべつたへて、ときなるもときならざるも、しきりすすめ、にんたいつくし、けうりつくして、かついましかつこひねがかつおどせ。 3けだしときいたらば、ひとびとけんぜんなるをしへへず、みみかゆくして、しよくのまにまにおのためけうしたくはへ、 4みみしんりそむけ、ぐうげんゆだぬるにいたらん。 5れどなんぢつつしみてばんじしのぎ、ふくいんげふしておのが[せい]えきつくせ。 6けだしわれもはやそなへものすすがれ、るべきじきせつぱくせり。 7われたたかひたたかひ、はしるべきみちたし、しんかうたもてり。 8のこところは、せいぎかんむりわがためそなはれるのみ、ただしきしんぱんしやにてましましゆは、かのおいこれわれたまふべく、しかひとわれのみならずして、そのかうりんあいするひとびとにもたまふべきなり。いそぎてわがもときたれ、 9[8続き]いそぎてわがもときたれ、 10[9]けだしデマスはこのこのみ、われててテサロニケにき、 11[10]クレセンスはガラチアに、チトはダルマチアにき、 12[11]ルカひとりわれともり。なんぢマルコをさそひてともきたれ、かれは[せい]えきためわれえきあればなり。 13[12]チキコはわれこれをエフェゾにつかはせり。 14[13]なんぢきたときがトロアデにてカルポのいへのこしきたるうはぎかきものと、ことやうひしとをもちきたれ。 15[14]かぢやアレキサンデルおほいにわれなやませり、しゆそのわざおうじてむくたまふべし、 16[15]かれはなはだしくわがことばさからひしものなれば、なんぢこれとほざかれ。 17[16]わがはじめべんごときわれたちものひとりもなく、みなわれてたり、ねがはくはそのつみかれらせられざらんことを。 18[17]れどせんけうわれもつまつたうせられ、すべてのいはうじんかんために、しゆわれともちてわれけんごならしめたまへり、かくわれししくちよりすくはれたるなり。 19[18]しゆわれいつさいあくげふよりのがれしめたまひ、なほそのてんごくおいわれすくたまふべし、しゆよよくわうえいあれかし、アメン。 20[19]プリスカとアクィラとオネジフォロのいへとによろしくつたへよ。 21[20]エラストはコリントにとどまりしが、トロフィモはやまひありて、われこれをミレトにのこせり。 22[21]ふゆさきだちていそきたれ、ユウプロとプデンスとリノとクロオディアとすべてのきやうだいと、なんぢよろしくとへり。 23[22]ねがはくはしゆイエズス、キリストなんぢれいともましまし、おんちようなんぢともらんことを、アメン。