チモテオ後書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)


チモテオ後書

第1章[編集]

1かみ思召おぼしめしによりキリスト、イエズスにおけ生命せいめい約束やくそくしたがひてキリスト、イエズスの使徒しとたるパウロ、 2至愛しあいチモテオに[書簡しよかんおくる]。ねがはくはちちにてましまかみおよ我主わがしゆイエズス、キリストより、恩寵おんちよう慈悲じひ平安へいあんとをたまはらんことを。 3祖先そせん以來いらいきよ良心りやうしんもつ奉事ほうじせるかみ感謝かんしやたてまつる、けだし晝夜ちうや祈祷きたううちえずなんぢ記念きねんし、 4なんぢなみだ追想つゐさうして、よろこびたされんために、なんぢことほつす、 5これなんぢいつはりなき信仰しんかう記憶きおくてるによりてなり、この信仰しんかうさきなんぢ祖母そぼロイズとははユニケとに宿やどりたれば、なんぢにもまたしかあること確信かくしんす。 6このゆゑわが按手あんしゆによりて、なんぢうちなるかみたまものさらねつせしめんこと勧告くわんこくす、 7かみわれたまひたるは、おくするれいあらずして、能力のうりよく慈愛じあい節制せつせいとのれいなればなり。 8れば我主わがしゆたいする證明しようめいと、その囚人しうじんたるわれとにづることなく、かみ能力のうりよくおうじて福音ふくいんためわれともしのべ。 9かみわれすくひ、かつせいなるめしもつたまひしは、われわざによれるにはあらず、おんみづからの規定きていにより、またイエズス、キリストにおい世々よよ以前いぜんよりわれたまひたる恩寵おんちようによれるなり。 10この恩寵おんちようは、いまわが救主すくひぬしイエズス、キリストのあらはたまひしによりてしようせられたり、すなはかれほろびし、福音ふくいんもつ生命せいめい不朽ふきうとをあきらかにしたまひしなり。 11われこの福音ふくいんためてられて、宣教せんけうしやたり、使徒しとたり、異邦いはうじん教師けうしたり。 12またこれためかかくるしみくといへどこれはじとせず、信頼しんらいたてまつれるものたれなるかをり、かつわれ委托いたくたまひしものを、かのまでたもたま能力ちからあるを確信かくしんすればなり。 13なんぢわれきし健全けんぜんなることばのりまもるに、キリスト、イエズスにおけ信仰しんかうあいとをもつてし、 14委托いたくせられしきものを、われ宿やどたま聖霊せいれいによりてたもて。 15[せう]アジアに人々ひとびとの、みなわれはなれしことなんぢところにして、フィゼロとヘルモゼネスとそのうちり。 16ねがはくはしゆオネジフォロのいへあはれみたまものはんことを、けだしかれしばしばわれはげまし、われくさりづることなく、 17ロマにきたりしときせつたずねてわれいだせり。 18ねがはくはしゆかのおいて、かれしゆよりあはれみさせたまはんことを、かれがエフェゾにおいわれ厚遇こうぐうせしこと如何いかばかりなりしかはなんぢなほところなり。

第2章[編集]

1ればわがよ、なんぢキリスト、イエズスにおけ恩寵おんちよういよいよ堅固けんごなれ。 2て、數多あまた證人しようにんまへわれよりきしことを、他人たにんをしふるにるべき、忠實ちゆうじつなる人々ひとびとたくせよ。 3キリストの軍人ぐんじんとしてともしのべ。 4軍人ぐんじん生活せいくわつこともつおのれわづらはさずして、つのりしものこころんとす。 5また勝負しようぶあらそひと規定きていしたがひてあらそはざればかんむりず。 6辛勞しんらうする農夫のうふまづその産物さんぶつざるべからず。 7ところさとれ、しゆ萬事ばんじきてなんぢさとりたまふべし。 8ダヴィドのすゑましましゆイエズス、キリストが、わが福音ふくいんまま死者ししやうちより復活ふくくわつたまひしことを記憶きおくせよ、 9われこの福音ふくいんためくるしみめて、惡人あくにんごとくさりつながるるにいたれり。しかれどもかみ御言おんことばつながれず、 10ゆゑわれえらまれたる人々ひとびとため萬事ばんじしのぶ、これ彼等かれらをしてイエズス、キリストにおけ救霊たすかりてん榮光えいくわうとをしめんためなり。 11眞實しんじつはなしなるかなわれキリストとともしたるならば、またともくべし、 12しのばばまたかれともわうるべし、われもしかれいなまば、かれまたわれいなたまふべし、 13われしんぜざることありとも、かれえず眞實しんじつにてまします、おのれたがたまことあたはざればなり。 14なんぢ人々ひとびとをしてこれことおもひいださしめ、またしゆ御前みまへ保證ほしようして、口論こうろんすることいましめよ、口論こうろん何等なんらえきするところなく、ひとをしてほろびいたらしむるのみなればなり。 15なんぢかみ御前みまへおい鍛錬たんれんしたるものづるところなき働人はたらきて眞理しんりことばただしくあつかへるものたらんことつとめよ。 16世俗せぞく無駄むだはなしけよ、けだしこれせるひとは、おほいに敬虔けいけんすすみ、 17そのはなしひろがること脱疽だつそごとし、ヒメネオとフィレトとそのうちりて、 18復活ふくくわつすでりきととなへて眞理しんりだつし、ある人々ひとびと々の信仰しんかうくつがへせり。 19れどかみたまひし堅固けんごなる基礎どだいちて、そのうへつぎごとしるされたる印章いんしやうあり、いはく、「しゆおのれのものをたまふ」、またいはく、「すべしゆ御名みなとなふるひと不義ふぎはなるべし」と。 20そもそもおほいなるいへうちには金銀きんぎんうつはのみならずまたつちとのうつはありて、あるものたふとようし、あるものいやしきようす。 21ればひともしかの人々ひとびとはなれておのれきよくせば、たふとうつはせいとせられかつしゆ有益いうえきにしてすべての善業ぜんげふためそなはれるうつはるべし。 22なんぢ若氣わかげよくけて、しんあいとをもとめ、またきよこころもつしゆ呼憑よびたのたてまつ人々ひとびととの和合わがふもとめよ。 23れどにして無學むがくなる探求たんきうは、これ争論さうろんおこすものなりとさとりてこれけよ。 24しゆしもべ争論さうろんすべきにあらず、かえつ一切いつさいひと柔和にうわにして、をしかつ忍耐にんたいし、 25眞理しんりさからふ人々ひとびといましむるに謙譲けんじやうもつてすべし。あるひ眞理しんりさとらしめんためかみ彼等かれら改心かいしんたまひ、 26彼等かれら何時いつしかさまして、惡魔あくまわなのがるることあらん、かれが、随意まにまにとりこられたればなり。


第3章[編集]

1なんぢこれれ、すゑ日頃ひごろいたりて困難こんなんときあるべし。 2人々ひとびとおのれあいし、むさぼり、おごたかぶののしりて、おやしたがはず、おんらず、せいならず、 3なさけなく、やはらがず、讒謗ざんぼうし、節制せつせいなく、温和をんわならず、ぜんこのまず、 4叛逆はんぎやく横柄わうへい傲慢がうまんにして、かみよりも快樂くわいらくあいし、 5敬虔けいけん姿すがたいうしつつ、かえつそのじつつることあらん、なんぢ彼等かれらをもけよ。 6そのうちにはひといへくぐりり、をんなどもとりこにしていざなものあり、これをんなつみひ、種々さまざまよくかれて、 7つねまなべども眞理しんり知識ちしきたつせず、 8あたかもヤンネスとマンプレスとがモイゼにさからひしごとく、この人々ひとびとまた眞理しんりさからひ、精神せいしん腐敗ふはいして信仰しんかうすたれたるものなり。 9れど彼等かれらなほこのうへすすことなかるべし、けだしそのおろかなること衆人しゆうじんあきらかなるは、かの二人ふたりおいりしがごとし。 10なんぢわがをしへ行状ぎやうじようこころざし信仰しんかう忍耐にんたい慈愛じあい堪忍かんにん11けし迫害はくがいにも、くるしみにもこれしたがへり。われアンチオキア、イコニヨム、およびリストロにおいて、かかことひ、迫害はくがいしのびたりしが、しゆすべこれうちよりわれ救出すくひいだたまひしなり。 12すべてキリスト、イエズスにおけ敬虔けいけんもつわたらんとけつせるひと迫害はくがいくべく、 13また惡人あくにんおよひとあざむものいよいよあくすすみて、みづかまよひとをもまよはすにいたらん。 14しかれどもなんぢまなびしこと確信かくしんせることとどまれ、如何いかなる人々ひとびとよりこれまなびしかをり、 15また幼少えうせうより聖書せいしよればなり。すなは聖書せいしよはキリスト、イエズスにおけ信仰しんかうもつて、なんぢ救霊たすかりためさとからしむることを16聖書せいしよみな神感しんかんによるものにして、教授けうじゆするに、勧告くわんこくするに、譴責けんせきするに、正義せいぎおい教育けういくするに有益いうえきなり。 17これかみひとまつたうせられて、すべての善業ぜんげふそなへられんためなり。

第4章[編集]

1われかみ御前みまへまた生者せいしや死者ししやとを審判しんぱんたまふべきイエズス、キリストの御前みまへおいて、その公顕こうげん御國みくにとにたいしてこひねがふ、 2なんぢ御言おんことば宣傳のべつたへて、ときなるもときならざるも、しきりすすめ、忍耐にんたいつくし、教理けうりつくして、かついましかつこひねがかつおどせ。 3けだしときいたらば、人々ひとびと健全けんぜんなるをしへへず、みみかゆくして、私欲しよくのまにまにおのため教師けうしたくはへ、 4みみ眞理しんりそむけ、寓言ぐうげんゆだぬるにいたらん。 5れどなんぢつつしみて萬事ばんじしのぎ、福音ふくいんげふしておのが[せい]えきつくせ。 6けだしわれ最早もはや供物そなへものすすがれ、るべき時期じき切迫せつぱくせり。 7われたたかひたたかひ、はしるべきみちたし、信仰しんかうたもてり。 8のこところは、正義せいぎかんむりわがためそなはれるのみ、ただしき審判しんぱんしやにてましましゆは、かのおいこれわれたまふべく、しかひとわれのみならずして、その降臨かうりんあいする人々ひとびとにもたまふべきなり。いそぎてわがもときたれ、 9[8続き]いそぎてわがもときたれ、 10[9]けだしデマスはこのこのみ、われててテサロニケにき、 11[10]クレセンスはガラチアに、チトはダルマチアにき、 12[11]ルカ一人ひとりわれともり。なんぢマルコをさそひてともきたれ、かれは[せい]えきためわれえきあればなり。 13[12]チキコはわれこれをエフェゾにつかはせり。 14[13]なんぢきたときがトロアデにてカルポのいへのこしきたる上衣うはぎ書物かきものと、こと羊皮紙やうひしとをもちきたれ。 15[14]鍛冶屋かぢやアレキサンデルおほいにわれなやませり、しゆそのわざおうじてむくたまふべし、 16[15]かれはなはだしくわがことばさからひしものなれば、なんぢこれとほざかれ。 17[16]わがはじめ弁護べんごときわれたちもの一人ひとりもなく、みなわれてたり、ねがはくはそのつみ彼等かれらせられざらんことを。 18[17]れど宣教せんけうわれもつまつたうせられ、すべての異邦いはうじんかんために、しゆわれともちてわれ堅固けんごならしめたまへり、かくわれししくちよりすくはれたるなり。 19[18]しゆわれ一切いつさい惡業あくげふよりのがれしめたまひ、なほその天國てんごくおいわれすくたまふべし、しゆ世々よよ光榮くわうえいあれかし、アメン。 20[19]プリスカとアクィラとオネジフォロのいへとによろしくつたへよ。 21[20]エラストはコリントにとどまりしが、トロフィモはやまひありて、われこれをミレトにのこせり。 22[21]ふゆさきだちていそきたれ、ユウプロとプデンスとリノとクロオディアとすべての兄弟きやうだいと、なんぢよろしくとへり。 23[22]ねがはくはしゆイエズス、キリストなんぢれいともましまし、恩寵おんちようなんぢともらんことを、アメン。