チモテオ前書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

チモテオ前書

第1章[編集]

1わがすくひぬしにてましまかみおよわれきぼうにてましますキリスト、イエズスのめいによりてキリスト、イエズスのしとたるパウロ、しんかうじやうじつしチモテオに[しよかんおくる]。 2ねがはくはちちにてましまかみおよわがしゆキリスト、イエズスよりおんちようじひへいあんとをたまはらんことを。 3われかつてマケドニアにきしときなんぢねがひしごとく、なんぢはエフェゾにとどまり、あるひとびとめいじてことなることをしへざらしめ、 4かつしんかうもとづけるかみみちつるにはあらでかえつさまざまぎろんおこさするぐうげんと、きはまりなきけいづとにじうじすることなからしめよ。 5そもそもこのめいれいもくてきは、きよこころりやうしんいつはりなきしんかうとにづるあいなり。 6しかれどもかのひとびとは、これことはづれてむえきなるものがたりうつり、 7みづかりつぱふけうしたらんとほつして、そのところをもだんげんするところをもさとらざるなり。 8しかれどもわれりつぱふひとただしくこれもちふればきものなることをれり。 9りつぱふまうけられしはぎじんためあらずして、ふはふじんはんかうしやふけいしやざいにんしうけうしやひぞくしやちちころものははころものさつじんしや10しつうしやだんしよくしやいうかいしやきよげんしやぎしようしやおよけんぜんなるをしへはんするいつさいことためなりとるべきなり、 11われゆだねられたるしふくましまかみくわうえいふくいんるがごとし。 12われけんごならしめたまひしわがしゆキリスト、イエズスにかんしやたてまつる。われせいえきにんじてちゆうしんなるものとしたまひたればなり。 13すなはわれさきにはばうとくしやはくがいしやぶじよくしやたりしかど、しんぜざるときらずしてししがゆゑに、じひかうむりて、 14キリスト、イエズスにおけしんかうおよあいともに、わがしゆおんちようあまれり。 15しんじつにしてまつたしんずべきはなしなるかな、キリスト、イエズスのきたたまひしはざいにんすくはんためなることわれそのざいにんだい一なり。 16しかるにじひかうむりしはキリスト、イエズスそのもろもろかんにんわれおいだいいちあらはたまひ、えいえんせいめいんとてまさしんぜんとするひとびとれいしめたまはんためなり。 17ねがはくはばんせいわうましまふきうにしてたまはざるゆゐいつかみに、よよそんすうくわうえいらんことを、アメン。 18わがチモテオよ、なんぢかかはれるかねてのよげんしたがひ、このめいれいなんぢす、これおうじてたたかひたたかひ、 19しんかうりやうしんとをたもて。あるひとびとこれて、しんかうきてはせんせしが、 20そのうちにヒメネオとアレキサンデルとりしを、ばうとくせざることまなばしめんとてわれこれをサタンにわたせり。

第2章[編集]

1ればだい一にすすむるは、しゆうじんため2ていわうたちおよすべじやうゐひとびとために、こんぐわんし、きたうし、せいぐわんし、かつかんしやせられんことなり。われまつたけいけんせいちよくとにおいて、やすらかにしづかなるせいくわついとなまんためなり、 3かくごときはぜんじにしてわがすくひぬしにてましまかみみまへかなふせらるればなり。 4すなはかみいつさいひとすくはれ、しんりるにいたらんことのぞたまふ。 5けだしかみゆゐいつましまし、かみひととのちゆうさいしやまたゆゐいつなり。これひとたるキリスト、イエズスにましまして、 6しゆうじんためおのれあがなひとしてささたまひ、ときいたりてそのしようこありしなり。 7われこれためてられてせんけうしやたり、かつしとたり、――われまことひていつはらず――しんかうしんりとにおけいはうじんけうしたり。 8ればわれは、だんしいずれのところおいてもきよげていかりなくあらそひなくいのらんことのぞむ。 9ふじんまたかくごとくしてさうおういふくけ、おのれかざるにしうちしんせつせいとをもつてし、ちぢみかみわうごんしんじゆかうかいふくもつてせず、 10けいけんやくそくせるふじんさうたうするごとぜんげふもつてすべし。 11ふじんまつたふくじゆうしてしづかまなぶべし。 12われふじんをしふることまただんしつかさどことゆるさず、しづかにすべきなり。 13けだしアダンはさきつくられ、エワはそののちなり。 14またアダンはまどはされず、をんなまどはされてつみおちいれり。 15しかれどもしんかうあいせいとくせつせいとにとどまらば、しぢよぐることによりてすくひかるべし。

第3章[編集]

1ひとありてかんとくつとめほつするはげふほつするなりとはまことはなしなり、 2ればかんとくは、とがむべきところなく、ただいつぷをつとたり、きんしんれいりたんせいていけつにしてりよじんせつたいし、をしへほどこし、 3さけたしまず、ひとたず、にうわにしてあらそはず、むさぼらず、 4そのいへをさめ、そのしぢよつつしみてこれふくじゆうするひとたらざるべからず。 5ひともしおのいへをさむるをらずば、いかにしてかかみけうくわいふんれいせん。 6かんとくしんしんとたるべからず、おそらくはたかぶりてあくまひとしきさばきおちいらん。 7またそとひとびとかうひやうあるひとたるべし、これちじよくあくまわなとにおちいらざらんためなり。 8しつじたちかくごとく、たふとくしてりやうぜつならず、さけたしまず、づべきむさぼらず、 9きよりやうしんもつしんかうおくぎたもてるものたるべし。 10かれらまづためしけて、とがむべきところなくばつとむべきなり。 11ふじんたちかくごとく、たふとくしてそしらず、せつせいしてばんじちゆうじつなるものたるべし。 12しつじたちは、いつぷをつとにしてそのしぢよいへとををさむるものたるべし、 13つとめたるものかいきふて、キリスト、イエズスにおけしんかうきておほいなるゆうきべければなり。 14われはやなんぢいたらんことのぞみつつこれことかきおくるは、 15もしおそからんときなんぢをしてかみいへおいいかおこなふべきかをらしめんためなり、かみいへとはたまへるかみけうくわいなり、しんりはしらにしてかつもとゐなり。 16にもおほいなるかなけいけんおくぎすなはち[キリストは]にくおいあらはされ、れいによりてしようせられ、てんしたちあらはれ、いはうじんつたへられ、しんぜられ、くわうえいげられたまひしなり。

第4章[編集]

1しかるに[せい]れいあきらかのたまところによれば、まつせいたりてあるひとびとまどひの[しゆじゆの]れいあくきをしへとにこころかたむけて、しんかうとほざかることあらん、 2これいつはりかたひとびとぎぜんによることにして、かれらそのりやうしんやきがねてられ、 3めとこときんじ、しんとおよしんりれるひとびとかんしやもつしよくするやうかみつくたまひししよくもつことめいぜん。 4そもそもかみつくたまひしものみなものにして、かんしやもつしよくせらるるものつべきはなし、 5かみおんことばいのりとをもつきよめらるればなり。 6これこときやうだいたちべなば、なんぢかつたるをしへしんかうことばとをもつしうやうせられたる、キリストのえきしやたらん。 7れどせぞくばなしらうばばなしてて、みづかけいけんれんしふせよ。 8けだししんたいれんしふえきするところわづかなれども、けいけんこんせらいせとにかかやくそくいうしてばんじえきあり。 9これまつたしんずべきまことはなしなり、 10われらうしてののしらるるはこれがためにして、すなはばんみんとくしんとすくひぬしにてましまたまへるかみきぼうたてまつゆゑなり。 11なんぢこれことめいかつをしへよ。 12たれなんぢとしわかきをかろんずべからず、かえつなんぢは、げんごぎやうじようじあいしんかうていそうもつしんともはんたれ。 13いたるまでどくしよけうくんせつけうじゆうじせよ。 14よげんにより、ちやうらうたちあんしゆもつたまはりし、なんぢうちなるたまものゆるかせにすることなかれ、 15なんぢしんぽしゆうじんあきらかならんために、これことじゆくかうしてこれゆだねよ。 16おのれせつけうとにかへりみてこれたいにんせよ、これおこなひておのれなんぢひとびととをすくふべければなり。

第5章[編集]

1らうじんけんせきせず、ちちごとくにしてこひねがへ、わかひときやうだいごとく、 2いたるをんなははごとく、わかをんなしまいごとくにしてくわんぜんせつそうまもりつつすすめよ。 3しんやもめたるやもめうやまへ、 4れどやもめにしてあるひまごあらば、かれらまづいへかうかうし、おやおんむくゆることまなぶべし、これかみみまへかなふせらるればなり。 5しんやもめにしてよるべなきものかみよりたのみ、ちうやきぐわんきたうじゆうじすべし、 6けだしくわいらくやもめは、きながらにしてしたるものなり、 7かれらとがなからんためこれことめいぜよ。 8おのかぞくことかじんかへりみざるひとは、しんかうててしんじやおとれるものなり。 9やもめせきしるさるるは、いつぷつまたりしものにして六十さいよりくだらず、 10ぜんげふかうひやうあるものすなはしぢよそだて、もしくはきやくせつたいし、もしくはせいとあしあらひ、もしくはこんなんへるひとびとたすけしなどすべてのぜんげふししものたらざるべからず。 11わかやもめことわれ、けだしかれらはキリストにそむきておこなひみだるればとつことこのみ、 12さいしよしんやぶりたるゆゑつみさだめられ、 13またらんだにしていへいへあそびまはり、ただらんだなるのみならず、ことばおほまたさしいでてふまじきことかたる。 14ればわれわかやもめの、とつぎてかじをさめ、はんたいしやをしていささかあくこうきくわいたざらしめんことほつす、 15はサタンにたちかへりたるものすですにんあればなり。 16しんとたるものもし[しんぞくに]やもめあらば、けうくわいわづらはさずしてみづかこれたすくべし、これけうくわいをしてしんやもめたすくるにふそくなからしめんためなり。 17ちやうらうにしてつかさどひとことことばをしへとにらうするひとは、ばいしてたふとばるべきものとせらるべし。 18けだしせいしよいはく、「なんぢこくもつふみこなうしくちむすなかれ」と、またいはく、「はたらひとよろしくそのむくいべし」と。 19ちやうらうたいするうつたへは、二三のしようにんあるにあらずばこれじゆりすることなかれ。 20つみをかものは、ひとをもおそれしめんために、いちどうまへこれとがめよ。 21われかみとキリスト、イエズスとえらまれしてんしたちみまへしようして、なんぢへんぱなくこれことまもり、ひいきもつなにごとをもさざらんことめいず。 22たれにもはやあんしゆすることなく、またたにんつみあづかことなく、ていそうにしておのまもれ。 23もはやみづまずして、ためまたたびたびやまいために、すこしくぶだうしゆもちいよ。 24あるひとびとつみさばきにもさきだちてあきらかに、あるひとびとつみあとにてあらはる、 25おこなひあらはるるもまたかくごとし、しからざるものは[つひに]かくるるあたはず。

第6章[編集]

1すべくびきしたどれいは、そのしゆじんまつたたふとぶべきものとおもふべし、これしゆみなをしへとのののしられざらんためなり。 2しんとたるしゆじんてるものは、きやうだいなりとてこれかろんずべからず、かえつじぜんともにせるものしんとにしておのれこれあいせらるるにより、ひとしほつかふべし。これことをしかつすすめよ。 3ひとありて、もしことなることをしへ、わがしゆイエズス、キリストのけんぜんなるだんわけいけんかなへるをしへとにふくせずば、 4これなにごとをもらずしてみづかたかぶり、びやうてきぎろんことばあらそひとをこのものなり、これよりおこるはしつとこうろんぶじよくじやすゐ5またせいしんふはいしんりけつぼうして、けいけんりえきみちなりとおもひとびとあらそひとうなり。 6そもそもことれるけいけんこそはおほいなるりえきみちなれ、 7われこのきたりしときなにものをもたづさへざりしかば、ときまたなにものをもあたはざるはうたがひなきところなればなり。 8いしよくだにあらば、われそれにてまんぞくすべし。 9けだしまんとほつするひとびとは、いざなひあくまわなとにおちいり、ひとだらくめつぼうとにしづむる、にしていうがいなるしゆじゆよくぼうおちいる。 10すなはよくいつさいあくじなり、あるひとびとこれためしんかうとほざかりてまよひ、おほくのくるしみもつおのれさしつらぬけり。 11れどかみひとよ、なんぢこれことけて、せいぎけいけんしんかうじあいにんたいにうわもとめ、 12しんかうたたかひたたかひてえいえんせいめいとらへよ。これされて、おほくのしようにんまへこれためせんげんしたればなり。 13わればんぶつかしたまかみみまへおよびポンシオ、ピラトのときりつしようしてせんげんたまひしキリスト、イエズスのみまへに、なんぢめいず、 14わがしゆイエズス、キリストのあらはたまふまで、けがれなくとがめなくおきてまもれ、 15そのじきいたりては、しふくゆゐいつしゆけんしやしよわうわうすべしゆたるものしゆはイエズス、キリストをあらはたまはんとす、 16かれひとりふしいうし、ちかづくべからざるひかりたまひ、ひとりかつたてまつりしことなくまたたてまつあたはざるものましまし、そんえいえいえんけんのうこれす、アメン。 17なんぢこのふしやめいぜよ、たかぶことなく、たしかならぬとみたのまず、くわいらくためにもばんぶつゆたかきようきふたまたまへるかみたのたてまつり、 18ぜんしてぜんげふめるものり、こころよほどこかつわけあたへ、 19しんせいめいとらふるやうしやうらいためしほんたくはへんことを。 20ああチモテオよ、たくせられしものをまもりて、せぞくくうげんいうめいむじつなるがくしきはんろんとをけよ、 21あるひとびとこれよそほひてしんかうまとはづれたるなり。ねがはくはおんちようなんぢともらんことを、アメン。