チト書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

チト書

第1章[編集]

1かみしもべにしてイエズス、キリストのしとたるパウロ、きようつうしんかうによりてわがじつしたるチトに[しよかんおくる]。しとたるは、かみえらまれたるひとびとしんかうおうじ、またひとけいけんみちびきて、 2えいえんせいめいきぼうしやうぜしむるしんりちしきおうずるためなり。すなはいつはたまはざるかみよよいぜんよりこのきぼうやくたまひしに、 3ときいたりておんことばあらはすにせんけうもつてしたまひ、そのせんけうわがすくひぬしにてましまかみめいによりてわれたくせられたるなり。 4ねがはくはちちにてましまかみおよわがすくひぬしキリスト、イエズスよりおんちようへいあんとをたまはらんことを。 5なんぢをクレタ[じま]にきしは、なほけたるところととのへ、かつなんぢめいぜしごとまちまちちやうらうてしめんためなり、 6すなはとがむべきところなく、いつぷをつとにして、もしこどもあらばこれしんとにして、はうたうもつうつたへらるることなく、したがはざることなきこどもてるひとたるべし。 7けだしかんとくは、かみいへづかさとしてとがむべきところなきひとたるべし。すなはじまんせず、たんきならず、さけたしまず、ひとたず、づべきもとめず、 8りよじんせつたいし、ぜんこのみ、れいりにしてぎじんたり、しんじんかにしてせつせいかたり、 9をしへによれるまことはなしかたり、けんぜんなるをしへによりてひとすすむることをはんたいとなふるひとたふべんをするをひとたるべし。 10けだししたがはずしてぜいべんろうし、もつひとまどはすものことかつれいひとびとうちおほし。 11かれらづべきために、をしふべからざることをしへ、ぜんかをもくつがへすがゆゑに、かれらをしてへいこうせしむるをえうす。 12かれらうちなるひとりよげんしやへり、「クレタじんいつきよげんきて、あしけものらんだはらなり」と。 13このしようげんまことなり、このゆゑなんぢかれらをしてしんかうけんぜんならしめんために、するどこれけんせきし、 14ユデアけうぐうげんと、しんりそむくるひとびといましめとにことなからしめよ。 15きよひとびとには、ものみなきよけれども、けがれたるひとふしんひとにはきよものなく、そのりせいりやうしんともけがれたり。 16かれらみづかかみたてまつれりとせんげんすれども、おこなひおいてはこれててじつにくむべきもの、はんかうするもの、いつさいぜんげふきてのすたりものなり。

第2章[編集]

1しかれどもなんぢけんぜんなるをしへさうたうすることかたれ。 2らうじんにはせつせいし、たふとかつさとくして、しんかうあいにんたいとにけんぜんならんことすすめ、 3らうぢよにはおなじくせいぢよらしきぎやうぎまもりて、そしらず、さけたしまず、をしへんことすすめ、 4かれらをしてわかをんなさとをしへしめ、そのをつとあいし、そのこどもいつくしみ、 5れいりていさうきんしん)にしてかじをさめ、しんせつにしてをつとしたがひ、かみおんことばののしられざるやうにすべきことをしへさせよ。 6せいねんにはおなじくきんしんならんことすすむべし。 7ばんじきておのれぜんげふもはんきようし、をしふるにれんけつげんかくとをあらはし、 8ことばけんぜんにしてとがむべきところなかるべし、これはんたいしやが、われあくぐるにすべなくしてみづかぢんためなり。 9どれいにはそのしゆじんしたがひて、なにごとそのむねし、いひさからはず、かすめず、 10わがすくひぬしにてましまかみをしへばんじかざらんために、なにごときてもちゆうじつあらはさんことをすすめよ。 11けだしいつさいひとすくひかみおんちようあらはれ、 12われさとすに、けいけんせぞくよくとをてて、きんしんせいぎけいけんとをもつこのせいくわつすべきこと13さいはひなるきぼうすなはち、われすくひぬしにてましまおほみかみイエズス、キリストのくわうえいなるこうげんつべきこともつてせり。 14キリストがわれためおのれわたたまひしは、われいつさいふぎよりあがなひて、ぜんげふねつしんなるこいうたみを、おのためきよたまはんとてなり。 15なんぢこれことまつたけんゐもつかたり、かつすすめ、かついさめよ、たれなんぢかろんずべからず。

第3章[編集]

1なんぢかれらさとして、くんしゆおよいうけんしやふくし、はるることしたがひ、すべてのぜんげふおのれそなへ、 2たれをもののしらず、あらそひこのまず、くわんじんにしてすべてのひとたいしてあらゆるをんわあらはことわすれざらしめよ。 3けだしわれも、かつむちふしんじんにして、まよひてさまざまよくぼうくわいらくとのどれいり、あくしつととのうちせいくわつし、にくまるべくしてあひにくものなりき。 4しかれどもわがすくひぬしにてましまかみじけいじんあいとのあらはるるにおよび、 5われおこなひしわざによらず、おんじひによりてせいれいたまさいせいいつしんとのみづあらひもつてわれすくひたまひ6わがすくひぬしイエズス、キリストをもつて、せいれいゆたかわれそそたまひしは、 7われそのおんちようによりてとせられ、えいえんせいめいきぼうおけよつぎらんためなり。 8これしんじつはなしにして、われこれきてなんぢだんげんせんことほつす、かみしんたてまつひとびとをして、はげみてぜんげふじゆうじせしめんためなり。かかげふこそはぜんりやうにしてひとえきあることなれ。 9おろかなるもんだいけいづと、さうろんりつぱふじやうあらそひとをけよ、むえきにして、むなしければなり。 10いせつしやひとたびふたたびくんかいしてのちこれとほざかれ、 11かくごとひとつみせらるるは、みづからのはんだんにもよることなれば、よこしまにしてあやまれるものなることればなり。 12われアルテマあるひはチキコをなんぢつかはしなば、いそぎてニコポリなるわがもときたれ、われふゆかしこすごさんとけつしたればなり。 13はふりつかなるゼナおよびアポルロをてあつおくりて、らざることなからしめよ。 14かくわれの[きやうだいたち]も、むすばざるものらざらんため、[きやうだいの]ひつえうおうじてぜんげふじゆうじすることまなぶべし。 15われともひとびとみななんぢよろしくとへり。しんかうおいわれあいするひとびとよろしくつたへよ。ねがはくはかみおんちようなんぢいちどうともらんことを、アメン。