シー レイダーズ

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


I.[編集]

シドマスの異常な事件が起こるまで、ハプロテューティス・フェロックスという固有種は、アゾレス諸島付近で得られた半消化状態の触手と、1896年の初めにジェニングス氏がランズエンド付近で見つけた鳥がつつき、魚がかじった腐乱体によって、一般に知られているだけであった。

動物学のどの分野においても、深海の頭足類ほど謎に包まれているものはない。例えば、1895年の夏にモナコ公国が10種類近い新種を発見したのは単なる偶然で、その中には前述の触手も含まれていたのである。たまたまテルセイラ島沖でマッコウクジラ漁船に殺されたカシャロットが、最後のあがきで王子のヨットの近くまで突進してきたが、それを見落として転がり、王子の舵から20ヤード以内で息絶えた。そして、その苦しみの中で、大きなものをいくつも投げ上げた。王子は、それが奇妙で重要なものだと薄々気づいていたが、幸いなことに、沈む前に確保することができた。彼はスクリューを動かし、ボートを降ろすことができるまで、こうしてできた渦の中を旋回させ続けた。そして、これらの標本は頭足類全体と頭足類の断片であり、中には巨大なものもあった。

というのも、水中では網を使うにはあまりに身軽であり、標本が得られるのは稀な、予期せぬ事故によってのみだからである。たとえば、ハプロテューシス・フェロックスの場合、ニシンの繁殖地やサケの海路と同じように、その生息地についてはまだまったく無知である。また、動物学者たちは、この魚が突然わが国の海岸に出現したことの説明にまったく窮している。おそらく、飢餓による移動のストレスが、深海からここまで追いやったのだろう。しかし、結論の出ない議論は避けて、すぐに話を進めた方がいいだろう。

5月初旬にコーンウォールとデヴォンの海岸を襲った海水浴での死亡事故やボート事故は、このハプロテューシスのせいであることは、今ではほとんど疑う余地がない。午後、彼はシドマスとラドラム湾の間の崖の道を歩いていた。この方角の崖は非常に高いが、その赤壁を下るところに、一種の梯子階段が作られている。その近くにいたとき、最初は餌のかけらをめぐって争う鳥の群れと思われたものが、日光を受けてピンクがかった白色に光っていたので、彼は注意を引かれました。潮が引いていたので、この物体は彼のはるか下にあっただけでなく、暗い海藻で覆われ、銀色に輝く潮だまりが点在する岩礁の広い荒野の向こう側にあったのです。さらに、彼はさらに水の明るさに目がくらんだ。

この闘争の上空を、多くの鳥が旋回していたのだ。ほとんどは、ジャコウネコやカモメで、後者は日光が翼に当たるとまばゆく光り、それに比べると微小なものに見えた。そして、最初の説明が不十分だったために、彼の好奇心はより強く喚起されたのかもしれない。

彼は自分自身を楽しませること以外にすることがなかったので、それが何であれ、ラドラム湾ではなく、この物体を午後の散歩の目標にすることにした。もしかしたら、何かのきっかけで座礁し、苦しみの中で羽ばたいている大きな魚かもしれないと考えたのである。そして、長い急な梯子を急いで降り、30フィートほどの間隔で立ち止まって息を整え、神秘的な動きを観察した。

崖のふもとで、彼はもちろん、以前よりも対象に近づいた。しかし、一方で、それは今、太陽の下の白熱した空に浮かび上がり、暗くてはっきりしないように見えるのである。ピンク色をしたものは、雑草の生えた岩の群れに隠れてしまった。しかし、彼はそれが7つの丸い体で構成されていること、またはそれらがつながっていること、鳥が絶えず鳴いたり叫んだりしていること、しかしそれに近づきすぎるのを恐れているようであることを認識した。

フィソン氏は好奇心に駆られ、波で傷ついた岩の上を歩き始めた。岩を厚く覆う湿った海藻が非常に滑りやすいため、立ち止まって靴と靴下を脱ぎ、ズボンを膝上まで捲り上げた。もちろん、その目的は、岩場の淵につまずくのを避けるためだったが、男なら誰でもそうであるように、少年時代の感覚を一瞬でも取り戻す口実になることを、彼はむしろ喜んでいたのかもしれない。いずれにせよ、彼が命を落としたのはこのせいであることは間違いない。

彼は、この国のあらゆる種類の動物に対する絶対的な安全が、その住民に与えるあらゆる安心感をもって、自分の目標に近づいた。丸い体があちこちに動いたが、彼がこの発見の恐ろしさを理解したのは、先に述べた巨石の丘を乗り越えたときだった。それは突然のことだった。

尾根を越えて視界に入ると、丸い体がバラバラになり、ピンク色の物体が部分的に食い荒らされた人間の体であることがわかったが、男か女かはわからなかった。そして、その丸い体は、形はややタコに似ていて、巨大で非常に長く柔軟な触手を持ち、地面に大量に巻きついている新しくておぞましい姿の生物であった。皮膚は光沢のある革のような、見るからに不愉快な質感であった。触手に囲まれた口が下向きに曲がり、その曲がり角にある不思議な排泄物、触手、そして大きな知的な目が、この生き物に顔のようなグロテスクな暗示を与えている。胴体は豚くらいの大きさで、触手の長さは何メートルもあるように思われた。少なくとも7、8匹はいたようだ。その20メートル先で、今戻ってくる潮の波の中に、他の2匹が海から上がってきていた。

彼らの体は岩の上に横たわり、その目は邪悪な関心をもってフィソンを見ていた。しかし、フィソン氏が恐れたり、自分が危険にさらされていることを認識したりしたようには見えない。しかし、フィソン氏が恐れたり、身の危険を感じたりしたようには見えない。もしかしたら、フィソン氏の自信は、彼らがぐったりしていたことに起因しているかもしれない。しかし、彼はもちろん、このような忌まわしい生き物が人間の肉を捕食していることに恐怖を覚え、激しく興奮し、憤慨した。溺死体に遭遇したのだと思った。彼は、彼らを追い払うために叫びましたが、彼らが動かないと分かったので、自分の周りを見回して、大きな丸い岩の塊を拾って、それを1つめがけて投げつけました。

そして、ゆっくりと触手をほぐすと、彼らは皆、彼の方へ動き始めた。最初はわざとらしく忍び寄り、お互いに柔らかい鳴き声を出しながら。

一瞬にして、フィソン氏は自分が危険にさらされていることに気づいた。彼は再び叫び、両方のブーツを投げて、跳躍してすぐに走り出した。20ヤード先で立ち止まり、彼らの速度が遅いかどうかを判断して向き直ると、見よ!リーダーの触手が、彼がちょうど立っていた岩の尾根の上にすでに流れ出していたのだ!フィソン氏は、その瞬間、危険を察知した。

その時、彼は再び叫びました。しかし、今度は威嚇ではなく、狼狽の叫びでした。そして、彼と浜辺の間の不揃いの広場を飛び、歩き、滑り、渉り始めたのです。赤い高い崖が急に遠くなったように見えた。彼は、まるで別世界の生き物のように、梯子道の修理に従事している2人の微細な作業員を見たが、彼らの下で始まっている生命競争にはほとんど気づかないままだった。あるとき、彼の背後から十数メートルもない水たまりで生き物が水しぶきを上げる音が聞こえ、一度滑って落ちそうになったことがある。

崖の下まで追いかけてきて、崖を上る梯子の下で作業員たちと合流したところで、ようやく止めた。三人はしばらく石を投げつけてから、崖の上からシドマスに向かう道を急ぎ、援助とボートを確保し、この忌まわしい生き物の魔手から冒涜された死体を救出しようとした。


II.[編集]

その日、フィソン氏はまだ十分に危険にさらされていなかったかのように、ボートで冒険の正確な場所を指差しに行った。

潮が引いていたので、その場所にたどり着くにはかなりの遠回りをしなければならなかった。ようやく梯子道を降りたときには、バラバラになった死体は消えていた。ボートに乗っていた4人(作業員、ボートマン、フィソン氏)は、沖の方角からキールの下の水面に目を向けた。

最初は眼下にほとんど見えず、ラミナリアの暗いジャングルと、ときおり飛び跳ねる魚が見えるだけだった。彼らの心は冒険に向いていて、失望を惜しまない。しかし間もなく、怪物の一匹が海に向かって泳いでいるのが見えた。奇妙なローリング・モーションで、フィソン氏は風船の回転を連想させた。その直後、波打つラミナリアの流れが異常に乱れて一瞬分かれ、3匹の獣が暗く見え、おそらく溺れた男の破片を取ろうとしているのが見えた。溺れた男の破片を取ろうと、3匹の獣が暗くなって見えた。

その時、4人の男は大いに興奮して、オールで水を叩き、叫び始めた。すぐに、雑草の間で騒がしい動きが見えた。するとすぐに、雑草の間が激しく動いているのが見えた。

「醜い豚だ!」男の一人が叫んだ。「何十匹もいるぞ」

そのとたん、雑草は水中を上昇し始めた。フィソン氏は、波打つラミナリアの草原から噴出したこの驚くべき現象を、筆者に説明してくれた。フィソン氏には、この噴火はかなりの時間を要したように見えたが、実際には数秒の出来事であったようである。しばらくは目しか見えなかったが、触手が伸びてきて、雑草の葉をあちこちに分けたという。そして、その触手はさらに大きくなり、ついには底がその絡み合う姿に隠され、触手の先端は水のうねりの上の空中にあちこちと暗然と立ち上がっていた。

そのうちの1匹が大胆にもボートの横までやってきて、3本の吸盤のような触手でボートにしがみつき、他の4本を銃口の上に投げ出した。まるでボートを沈めるか、ボートに乗り込もうという意図のようである。フィソン氏はすぐにボートフックを取り上げ、その柔らかい触手を激しく突いてやめさせた。船頭はオールを使ってボートの反対側で同じように抵抗していたが、フィソン氏は背中を殴られ、危うく海に投げ出されるところだった。しかし、左右の触手はすぐに力を抜いて、水面に顔を出した。

フィソン氏は震え上がりながら、「もう逃げよう」と言った。フィソンは舵を取ろうとし、船頭と一人の作業員が腰を下ろして漕ぎ始めた。もう一人の作業員は、ボートの前部に立って釣り針を持ち、今後現れるであろう触手を叩けるようにしておいた。他には何も言われなかったようだ。フィソン氏は、修正不可能なほど共通の気持ちを表現していた。怯えたような雰囲気で、顔を白く引きつらせながら、彼らは無謀にも陥ってしまったこの位置から逃げ出そうとした。

しかし、オールはほとんど水に落ちず、暗い、先細りの、蛇のようなロープがそれらを縛り、舵の周りにあった、そしてループ状の動きで船の側面を這い上がり、再び吸盤が来た。男たちはオールを握って引っ張ったが、まるで雑草の浮いたイカダの中でボートを動かそうとするようなものだった。船頭が「助けてくれ!」と叫ぶと、フィソン氏と二人目の作業員がオールを引きずるのを手伝いに駆け寄った。

そのとき、釣り針を持った男、彼の名はユアン、またはユエンが、呪いの言葉とともに飛び上がり、ボートの底に集まっている触手の群れを、手の届く限り横から下へ打ち込み始めた。同時に、二人の漕ぎ手はオールを取り返すために立ち上がり、より良い場所を確保しようとした。船頭はフィソンにオールを渡して必死に引きずり、その間に船頭は大きなクラスプナイフを開いて、船側から身を乗り出して、オールの軸にある螺旋状の腕を切り始めた。

フィソン氏は、ボートの揺れによろめき、歯を食いしばり、息を切らし、オールを引く手に血管が浮き出ているような状態で、ふと海側に目をやった。するとそこには、引き潮の長いローラーを越えて50メートルも離れていないところに、3人の女性と小さな子供を乗せた大きなボートが、彼らの方に向かって立っていたのです。船頭が漕いでいて、船尾にはピンクのリボンの麦わら帽子と白衣を着た小男が立っていて、彼らを呼んでいた。フィソン氏は一瞬、もちろん助けようと思ったが、そのあと子供のことを思い浮かべた。彼はすぐにオールを捨て、必死の形相で腕を上げ、ボートの中の一団に「頼むから近づくな!」と叫んだ。この時の自分の行動に英雄的な要素があったとは、フィソン氏の謙虚さと勇気がよく物語っている。彼が捨てたオールはすぐに下に引き込まれ、20ヤードほど離れたところに再び浮かび上がりました。

その瞬間、フィソン氏は自分の下にあるボートが激しく揺れたのを感じ、船頭のヒルの嗄れた悲鳴、長く続く恐怖の叫び声に、遠足客の一行を完全に忘れてしまった。振り返ると、ヒルが前方のローロックのそばにしゃがみ込み、恐怖で顔をひきつらせ、右腕を横にして強く引き下げているのが見えた。彼は今、短く鋭い叫びを何度もあげた。"ああ!ああ!ああ!"と。フィソン氏は、水面下の触手をかき分け、それにつかまったに違いないと考えているが、もちろん、何が起こったかを今になって確かめることは不可能である。船は傾き、ガンウェールは水面から10インチ以内にあった。ユアンともう一人の労働者は、ヒルの腕の両側でオールとボートフックを持ち、水中に叩き落としていた。フィソン氏は、本能的に彼らに対抗するように身を置きました。

すると、体格のいいヒルは、懸命な努力でほとんど立ったままの姿勢になった。ヒルは腕を水面から浮かせた。その腕には茶色いロープが複雑に絡まっており、彼を掴んでいた獣の一人の目が、まっすぐに毅然とした態度で、一瞬水面上に見えた。船はますます傾き、緑茶色の水が滝のように流れ込んできた。ヒルは足を滑らせ、肋骨を横にして倒れ、腕とその周りの触手の塊が水中にはね返った。ヒルは転がり、ブーツがフィソン氏の膝を蹴った。フィソン氏がヒルを捕まえようと駆け寄ると、すぐに新しい触手がヒルの腰と首に巻きつき、ボートが転覆しそうになるほどの短い痙攣的な格闘の後、ヒルは船外に引きずり出された。ボートは激しく揺れ、フィソン氏は反対側に飛ばされ、水中での格闘を目から隠してしまった。

彼はしばらくバランスを取ろうとよろめきながら立っていたが、そうしているうちに、その格闘と流れ込む潮によって、再び雑草の生えた岩に近づいていることに気がついた。4メートルも離れていないところにある岩のテーブルが、潮の満ち引きの上にまだリズミカルな動きをしていた。フィソンはユアンからオールを受け取ると、勢いよく一漕ぎし、オールを置いて船首に駆け上がり、跳び上がりました。岩の上を足が滑るのを感じ、必死の思いで再び岩塊に向かって跳び上がりました。躓いて膝をつき、また起き上がった。

「危ない!」と誰かが叫ぶと、大きなドラえもんの体が彼にぶつかった。彼は作業員の一人に潮溜まりに叩きつけられ、下に落ちていくときに、窒息しそうな叫び声が聞こえたが、そのときはヒルの叫び声だと思った。その時、ヒルの声の大きさと種類の多さに驚かされた。誰かが彼を飛び越え、泡立った水が彼の上に流れ込み、通り過ぎた。彼は滴りながらよじ登り、海を見ることなく、恐怖に負けて海岸に向かって全速力で走った。彼の前には、岩が散乱した平らな空間を越えて、二人の作業員がよろめきながら、もう一人の作業員の十数メートル前にいた。

彼はようやく肩越しに見て、自分が追われていないことを確認し、向きを変えた。彼は驚いた。頭足類が水面から上がった瞬間から、彼はあまりにも速く行動していたため、自分の行動を十分に理解することができなかったのだ。今、彼は突然、悪い夢から飛び出したかのように思えた。

そこには、雲ひとつなく午後の太陽に照らされた空と、その無慈悲な明るさの下でうねる海、砕けた水の柔らかいクリーム色の泡、そして低く長く暗い岩の尾根があったからだ。岸から10メートルほど離れたところで、右折したボートがうねりの上を静かに上下しながら浮かんでいる。ヒルも怪物も、命をかけた激しい戦いのストレスも騒ぎも、まるでなかったかのように消え去っていた。

フィソン氏の心臓は激しく鼓動し、指先までドキドキし、息が深くなった。

何かが欠けている。何秒間か、それが何なのか、はっきりと考えることができなかった。太陽、空、海、岩......何だったのだろう。そして、遠足に来た舟のことを思い出した。それは消えていた。気のせいだったのだろうか。彼は振り返り、高いピンクの崖の突出した塊の下に、二人の作業員が並んで立っているのを見た。彼は、ヒルという男を助けるために最後の試みをすべきかどうか躊躇していた。興奮した身体は、突然に彼を見捨て、無為無策のままにしてしまったようだった。彼は岸に向かい、二人の仲間の方によろめきながら歩いていった。

彼は再び振り返ると、そこには2隻のボートが浮かんでおり、最も沖にあるボートは、底を上にして不器用に傾いていた。

III.[編集]

こうして、ハプロテューシス・フェロックスはデボンシャーの海岸に姿を現したのである。今のところ、これが最も深刻な加害である。フィソン氏の証言は、私がすでに言及したボート遊びや水浴の犠牲者の波、そしてその年にコーンウォール海岸から魚がいなくなったことと合わせて考えると、この貪欲な深海の怪物の大群がゆっくりと海岸をうろついたことを明確に指し示している。しかし、私はヘムスレイの説を信じたい。ヘムズリーは、これらの生物の群れや大群が、沈没した船という偶然によって人肉に魅了され、それを求めて本来の生息域外をさまよい、最初は船を横取りしてついていき、大西洋の交通の跡に我々の海岸にやってきたのだろう、と考えているのだ。しかし、ヘムスレイの説得力のある立派な議論をここでするのは場違いだろう。

というのは、確認できる限り、2隻目の船には10人が乗っており、その日、シドマスの沖合では、この生物はそれ以上、自分の存在を示すことはなかったからだ。シートンとバドリー・サルタートンの間の海岸は、その日の夕方から夜にかけて、銛と刃物で武装した予防協会のボート4隻で巡回され、夕方になると、個人で組織された多かれ少なかれ同様の装備の探検隊がこれに合流した。フィソン氏は、これらの探検には参加していない。

真夜中ごろ、シドマスの南東2マイルほどの海上で、ある船から興奮した叫び声が聞こえ、ランタンが上下に奇妙な動きをしているのが見えた。近くの船はすぐさま警報の方に急いだ。船員、牧師、2人の男子生徒という勇敢な乗組員は、自分たちの船の下を通り過ぎる怪物を実際に見たのである。その生物は、ほとんどの深海生物と同じように燐光を放ち、水深5ファザムほどのところで、まるで月光の生物のように、水の黒さの中を、触手を引っ込め、眠っているかのように、何度も転がりながら、南東に向かってくさび状にゆっくりと動いていたようであった。

この人たちは、最初に1隻、次に1隻と船が接岸するたびに、身振り手振りで自分たちの物語を語った。ついに8、9隻の小さな船団ができ、そこから市場のおしゃべりのような騒動が夜の静寂の中に立ち上ってきた。浅瀬を追いかける気運はほとんどなく、人々にはそのような怪しげな追跡のための武器も経験もなく、やがて--ある種の安堵感さえあって--舟は岸に向かった。

そして今、この驚くべき襲撃の中で、おそらく最も驚くべき事実を語ろう。南西海岸全体が警戒していたにもかかわらず、その後の浅瀬の動きについて、私たちは少しも知らないのです。しかし、6月3日にサーク沖でカシャロットが座礁したことは、もしかしたら重要なことかもしれない。このシドマスの事件から2週間と3日後、生きているハプロテューシスがカレーの砂浜に打ち上げられた。触手が痙攣するように動いているのを何人かが目撃しているので、それは生きていたのである。しかし、瀕死の状態であった可能性が高い。プシェという名の紳士がライフル銃を手に入れ、それを撃った。

これが生きたハプロテュースの最後の姿であった。フランスの海岸では他に目撃されていない。6月15日、トーキー近郊にほぼ完全な死骸が打ち上げられ、数日後、プリマスで浚渫作業をしていた海洋生物学研究所のボートが、刃物で深く切り裂かれた腐った標本を拾った。前者の死因が何であったかは分からない。また、6月の最終日には、ニューリン近郊で海水浴をしていた画家のエグベルト・ケイン氏が腕を上げ、悲鳴をあげて海に引きずり込まれた。一緒に水浴びをしていた友人は助けようとはせず、すぐに岸に向かって泳いだ。これが、この深海からの異常な襲撃について語る最後の事実である。これが本当にこの恐ろしい生物の最後の姿なのかどうか、今のところ判断するのは時期尚早である。しかし、彼らは今、中海の太陽の当たらない深海に戻り、そこから奇妙に、そして神秘的に甦ったのだと信じられているし、またそうであることが確実に望まれているのである。

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。