コロサイ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

コロサイ書

第1章[編集]

1かみ思召おぼしめしによりてイエズス、キリストの使徒しとたるパウロ、およ兄弟きやうだいチモテオ、 2コロサイにおいてキリスト(イエズス)に聖徒せいとおよ忠信ちゆうしんなる兄弟等きやうだいたちに[書簡しよかんおくる]。 3ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、なんぢ恩寵おんちよう平安へいあんとをたまはらんことを。 4われキリスト、イエズスにおけなんぢ信仰しんかうすべての聖徒せいとたいする愛情あいじやうとをきて、つねなんぢためいのりて、我主わがしゆイエズス、キリストのちちにてましまかみ感謝かんしやたてまつる。 5これてんおいなんぢためそなへられ、かつなんぢ福音ふくいん眞理しんりことばうちきし希望きぼうゆゑなり。 6なんぢいたれる福音ふくいんは、世界せかいむすびて傳播でんぱしつつあることなほなんぢ眞理しんりしたがひてかみ恩寵おんちようかつりしよりなんぢうちおいりしがごとし。 7なんぢこれ至愛しあいなるわれ同輩どうはいエパフラよりまなびたるが、かれなんぢためにキリスト、イエズスの忠信ちゆうしんなる役者えきしやにして、 8[せい]れいによれるなんぢ愛情あいじやうわれげたり。 9ゆゑわれまたこれきしそのより、なんぢためいのりてまず、もつなんぢが[せい]れいによれるすべての智恵ちゑさとりとによりて、かみ御旨みむねる[の知識ちしき]にたされんこともとたてまつる。 10これなんぢしゆ相應ふさはしくあゆみ、萬事ばんじにつけて御意みこころかなひ、すべての善業ぜんげふおいむすび、かみ[をる]の知識ちしきし、 11その光榮くわうえいある全能ぜんのうしたがひてすべてのちからくはへられ、よろこびもつすべてのこと辛抱しんぼう堪忍かんにんし、 12かみにてましまちち感謝かんしやたてまつることをためなり。かたじけなくもわれもつて、聖徒せいとたちとも榮光えいくわうかうむるにるべきものたまひ、 13暗黒くらやみ権威けんゐより救出すくひいだして最愛さいあいなる御子おんこくにうつたまひ、 14われその御子おんこりて、御血おんちもつあがなはれ、つみゆるしをればなり。 15御子おんこすなはたまはざるかみ御姿みすがたにして、一切いつさい造物ざうぶつさきだちてうまたまひしものなり。 16けだし萬物ばんぶつかれおいつくられ、てんにもにもゆるもの、えざるもの、あるひ玉座ぎよくざあるひ主権しゆけんあるひ権勢けんせいあるひ能力のうりよくみなかれもつかつかれためつくられ、 17おんみづからは萬物ばんぶつさきだちてましまし、萬物ばんぶつかれためそんす。 18かれまたそのからだなる教會けうくわいかしらにてまします、けだし原因げんいんましましてその死者ししやうちよりさきんじてうまたまひしは、萬事ばんじおいみづかさきんずるものたまはんためなり、 19充満じゆうまんせるとくまつたかれ宿やどらしめ、 20かれもつ萬物ばんぶつおのれ和睦わぼくせしめ、その十字架じふじかもつるものをもてんるものをも和合わがふせしむることの、御意みこころかなひたればなり。 21なんぢかつ惡業あくげふによりてかみとほざかり、こころよりそのあだとなりしを、 22かみいま御子おんこ肉體にくたいおいそのによりておのれ和睦わぼくせしめ、せいにしてけがれなくつみなきものたらしめ、もつ御前みまへそなへんとしたまへり。 23なんぢもし確乎かくことして信仰しんかうもとづき、福音ふくいんおけ希望きぼうよりうごかされずば、まさしかあるべし。この福音ふくいんは、なんぢこれき、あまね天下てんか一切いつさいひとべられしが、われパウロはその役者えきしやられたるなり。 24われいまなんぢためくるしむをよろこぶ、またキリストのおんくるしみけたるところを、おんからだなる教會けうくわいため肉體にくたいおいおぎなふなり。 25教會けうくわい役者えきしやられたるは、なんぢためかみよりたまはりたるつとめれり、これかみ御言おんことばすなは世々よよ代々だいだいかくきたりて、 26いまその聖徒せいとたちあらはれたる奥義おくぎを、つぶさつたへんためなり。 27この奥義おくぎとは光榮くわうえい希望きぼうにして、なんぢましますキリストこれなり、この奥義おくぎ異邦いはうじんおよぼしたる光榮くわうえいとみ如何いかんらしむるはかみ御意みこころなり。 28われこれつたへ、すべての知識ちしきしたがひて、すべてのひといましすべてのひとをしふ、これすべてのひとをしてキリスト、イエズスにおい完全くわんぜんにならしめんがためなり。 29げん勞苦らうくして、われおいつよはたらけるかれ勢力せいりよくおうじてたたかひつつあるはこれためなり。

第2章[編集]

1われなんぢとラオジケアに人々ひとびとと、またいまわが肉身にくしんかほざる一切いつさいひととのために、たたかこと如何いかばかりなるかを、なんぢらんことほつす。 2これそのこころなぐさめられ、あいもつつながれ、まつた智識ちしきもろもろとみたされて、ちちにてましまかみおよびキリスト、イエズスの奥義おくぎるにいたらんためにして、 3智識ちしきおよ學識がくしきもろもろたからかれかくれてそんすればなり。 4これふは、たれたくみなる談話ものがたりもつなんぢあざむことなからんためなり。 5けだしわが肉體にくたいにては不在ふざいなれども、精神せいしんにてはなんぢともり、なんぢ秩序ちつじよとキリストにおけ信仰しんかう堅固けんごなるとをこれよろこぶ。 6ればなんぢしゆイエズス、キリストをけしがごとこれりてあゆみ、 7これざしこれうへてられて、まなびしがごと信仰しんかうかたまり、これ成長せいちやうして感謝かんしやたてまつれ。 8むなしき虚言きよげんなる哲學てつがくもつたれにもあざむかれざるやう注意ちゆういせよ、人間にんげんつたへ小學せうがくとにるものにして、キリストにるものにあらず。 9けだし神性しんせいのこりなく實體じつたいてきにキリストのうち充満みちみちて宿やどれるなり。 10かれもろもろ権勢けんせいおよ能力のうりよくかしらにてまします、なんぢこれりて充満じゆうまんし、 11またこれおい割禮かつれいけたり。その割禮かつれいにてせるものにあらずして、肉身にくしんとりのぞところのキリストの割禮かつれいなり。 12なんぢ洗禮せんれいもつかれともはうむられ、またかれ死者ししやうちより復活ふくくわつせしめたまひしかみ大能たいのう信仰しんかうせるをもつて、かれによりて復活ふくくわつしたるなり。 13かくなんぢつみ肉身にくしん割禮かつれいとによりてしたるものなりしに、かみなんぢことごとつみゆるして、キリストとともさらかしたまひ、 14われせまりてわれはんせるいましめしよ取消とりけし、これ中間ちゆうかんより取去とりさりて十字架じふじかけ、 15[堕落だらくの]権勢けんせいおよ能力のうりよくとうぎてあへこれとりこにし、キリストの御身おんみおい公然こうぜんこれ打勝うちかたまへり。 16れば食物くひものあるひ飲物のみものあるひ祭日さいじつあるひ朔日ついたちあるひ安息日あんそくじつくわんしては、たれにもあれなんぢとがむべからず、 17これことのちるべきことかげにして、本體ほんたいはキリストなり。 18たれにもあれ、ことさら謙遜けんそん[をよそひ]、天使てんし崇拝すうはいもつなんぢ褒美はうびるべからず。かかひとざること立入たちいりていたづら肉的にくてき思念しねんほこり、 19かしらたるものぞくせざるなり。全體ぜんたいこのかしらよりしてこそ、関節くわんせつおよ繊維せんゐもつくみてられかつつらなりて、かみによりて成長せいちやうするなれ。 20なんぢもしキリストとともこの小學せうがくきてしたるものならば、なんなほるがごとおきてふくせしむるや。 21いはゆるるるなかれ、あじはなかれ、あつかなかれのるゐは、 22みなもちふるにしたがひてくるものにして、人間にんげんいましめをしへとによれり。 23崇拝すうはい謙遜けんそんをしまざるてんおいては、道理だうりめきたるものなれども、そのじつたふとことなく、ただ肉慾にくよくかしむるのみ。

第3章[編集]

1ればなんぢもしキリストととも復活ふくくわつしたるならば、うへことすなはかみおんみぎにキリストのたまところこともとめよ。 2地上ちじやうことならで、うへことおもんぱかれ、 3けだしなんぢしたるものにして、その生命せいめいは、キリストとともかみおいかくれたるなり。 4われ生命せいめいにてましますキリストのあらはたまときには、なんぢまたかれとも光榮くわうえいうちあらはるべし。 5ゆゑなんぢ地上ちじやうおけ四肢しし五體ごたいすなは私通しつう淫亂いんらん情慾じやうよく邪慾じやよくおよ偶像ぐうざう崇拝すうはいなる貪欲どんよくころすべし、 6かみのおんいかりは、これことため不信ふしんうへきたる。 7なんぢ彼等かれらうち生活せいくわつせしときは、かかことうちあゆみたれど、 8いまなんぢこれ一切いつさいと、いかりいきどほり惡心あくしん罵*ののしりとをて、猥褻わいせつなる談話ものがたりそのくちよりてよ。 9たがひいにいつはなかれ。ふるひとそのげふとをぎて、 10あたらしきひとすなはこれつくたまひしものの御像みすがたかたどりて知識ちしきすすやうあらたになるひとるべし。 11ここいたりては、異邦いはうじんもユデアじんも、割禮かつれい割禮かつれいも、えびすもシタじんも、奴隷どれい自由じいうもあることなく、ただ萬民ばんみんうち萬事ばんじたまへるキリストのましませるのみ。 12ればなんぢかみえらまれたてまつりたるせいにしてかつ至愛しあいなるものごとく、慈悲じひはらわた寛仁くわんじん謙遜けんそん柔和にうわ堪忍かんにんとうまとひて、 13たがひ忍耐にんたいし、もしひとたいして苦情くじやうあらばたがひ宥恕いうじよし、しゆなんぢゆるたまひしごとく、なんぢまたしかせよ。 14なほこの一切いつさいことくはへてあいいうせよ、あいくわんとくむすびなればなり。 15しかしてなんぢ一體いつたいとしてキリストの平和へいわされたれば、その平和へいわをしてなんぢこころつかさどらしむべし、なんぢまた感謝かんしやたてまつれ。 16キリストの御言おんことばなんぢうちゆたか宿やどりて、すべての知識ちしきおいあひをしあひすすめ、恩寵おんちようによりて霊的れいてき讃美歌さんびかうたもつて、こころうちかみうたふべし。 17何事なにごとすも、あるひことばあるひおこなひことごとしゆイエズス、キリストの御名みなにより、これもつちちにてましまかみ感謝かんしやたてまつりつつすべし。 18つまたるものよ、すべきごとしゆおいをつとしたがへ。 19をつとたるものよ、そのつまあいして彼等かれらにがかることなかれ。 20たるものよ、萬事ばんじおいおやしたがへ、これしゆ御意みこころかなふがゆゑなり。 21ちちたるものよ、なんぢその子等こどもいかりことなかれ、おそらくは落胆らくたんせん。 22奴隷どれいたるものよ、萬事ばんじおい肉身上にくしんじやう主人しゆじんしたがへ、ひとよろこばれんとするがごとくに、目前めのまへのみにてつかへず、純朴じゆんぼくなるこころもつしゆおそれてつかへよ。 23なんぢ何事なにごとすも、ひとためにすとおもはず、しゆためにすとおもひ、 24しゆより世嗣よつぎむくいべしとさとりてこれこころよりおこなへ。しゆキリストにつかたてまつれ、 25けだし不義ふぎひとその不義ふぎむくいべし、かつかみおいてはひとかたよたまことあらざるなり。

第4章[編集]

1主人しゆじんたるものよ、なんぢてんしゆたてまつれることをりて、正當せいたう公正こうせいなること奴隷どれいせ。 2なんぢ祈祷きたう從事じゆうじし、感謝かんしやもつてこれに注意ちゆういせよ。 3はたまたわれためいのりて、これため縲絏なはめへるキリストの奥義おくぎかたやうかみ宣教せんけうもんわれひらたまはんことをねがへ、 4これかたるべきごとくにこれあらはすことをためなり。 5そとなる人々ひとびとまじはるに知識ちしきもつてして機會きくわいもとめよ。 6なんぢ談話ものがたりは、しほもつ塩梅あんばいしてつねうるはしかるべし、これ如何いか人々ひとびとこたふべきかをらんためなり。 7忠信ちゆうしんなる役者えきしやしゆおけ同輩どうはいにしてわが至愛しあい兄弟きやうだいたるチキコは、わがみのうへ一切いつさいなんぢつげらするならん。 8ことさらこれつかはししは、かれをしてなんぢくわんすることり、かつなんぢこころなぐさめしめんためなり。 9またなんぢ一人ひとりにして忠信ちゆうしんなるわが至愛しあい兄弟きやうだいオネジモをこれともなはしめたれば、彼等かれら此處ここすべてのことなんぢらするならん。 10われとも獄中ごくちゆうるアリスタルコ、およびバルナバの從弟いとこマルコ、なんぢよろしくとへり。このマルコにきては、なんぢめいけたることあり、もしなんぢいたらばこれ優待いうたいせよ。 11ユストとよばるるイエズスもよろしくとへり。彼等かれら割禮かつれいけし人々ひとびとなるが、かみくにためわれ助力じよりよくしたるはこのにんにして、わがなぐさめりしものなり。 12なんぢ一人ひとりなるエパフラ、なんぢよろしくとへり。かれはキリスト、イエズスのしもべにして、つねなんぢためたたかひ、いのりうちに、なんぢかみもろもろ思召おぼしめしおい完全くわんぜんかつ確信かくしんしてたんこともとむ。 13かれなんぢために、またラオジケアおよびイェラポリスの人々ひとびとために、いたこころらうせることは、われかれためこれしようす。 14至愛しあいなる醫者いしやルカなんぢよろしくとへり。デマスもまたしかり。 15ラオヂケアに兄弟等きやうだいたちおよびニムファとそのいへ教會けうくわいとによろしくつたへよ。 16この書簡しよかんなんぢうちまれなば、またラオヂケアの教會けうくわいにもまるるやうはからひ、なんぢまたラオヂケアじん書簡しよかんめ。 17またアルキッポにつたへて、なんぢしゆおいけしせいえきかへりみてこれまつたうすべし、とへ。 18われパウロづからよろしくとふ。わが縲絏なはめ記憶きおくせよ。ねがはくは恩寵おんちようなんぢともらんことを。アメン。