コロサイ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

コロサイ書

第1章[編集]

1かみおぼしめしによりてイエズス、キリストのしとたるパウロ、およきやうだいチモテオ、 2コロサイにおいてキリスト(イエズス)にせいとおよちゆうしんなるきやうだいたちに[しよかんおくる]。 3ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、なんぢおんちようへいあんとをたまはらんことを。 4われキリスト、イエズスにおけなんぢしんかうすべてのせいとたいするあいじやうとをきて、つねなんぢためいのりて、わがしゆイエズス、キリストのちちにてましまかみかんしやたてまつる。 5これてんおいなんぢためそなへられ、かつなんぢふくいんしんりことばうちきしきぼうゆゑなり。 6なんぢいたれるふくいんは、せかいむすびてでんぱしつつあることなほなんぢしんりしたがひてかみおんちようかつりしよりなんぢうちおいりしがごとし。 7なんぢこれしあいなるわれどうはいエパフラよりまなびたるが、かれなんぢためにキリスト、イエズスのちゆうしんなるえきしやにして、 8[せい]れいによれるなんぢあいじやうわれげたり。 9ゆゑわれまたこれきしそのより、なんぢためいのりてまず、もつなんぢが[せい]れいによれるすべてのちゑさとりとによりて、かみみむねる[のちしき]にたされんこともとたてまつる。 10これなんぢしゆふさはしくあゆみ、ばんじにつけてみこころかなひ、すべてのぜんげふおいむすび、かみ[をる]のちしきし、 11そのくわうえいあるぜんのうしたがひてすべてのちからくはへられ、よろこびもつすべてのことしんぼうかんにんし、 12かみにてましまちちかんしやたてまつることをためなり。かたじけなくもわれもつて、せいとたちともえいくわうかうむるにるべきものたまひ、 13くらやみけんゐよりすくひいだしてさいあいなるおんこくにうつたまひ、 14われそのおんこりて、おんちもつあがなはれ、つみゆるしをればなり。 15おんこすなはたまはざるかみみすがたにして、いつさいざうぶつさきだちてうまたまひしものなり。 16けだしばんぶつかれおいつくられ、てんにもにもゆるもの、えざるもの、あるひぎよくざあるひしゆけんあるひけんせいあるひのうりよくみなかれもつかつかれためつくられ、 17おんみづからはばんぶつさきだちてましまし、ばんぶつかれためそんす。 18かれまたそのからだなるけうくわいかしらにてまします、けだしげんいんましましてそのししやうちよりさきんじてうまたまひしは、ばんじおいみづかさきんずるものたまはんためなり、 19じゆうまんせるとくまつたかれやどらしめ、 20かれもつばんぶつおのれわぼくせしめ、そのじふじかもつるものをもてんるものをもわがふせしむることの、みこころかなひたればなり。 21なんぢかつあくげふによりてかみとほざかり、こころよりそのあだとなりしを、 22かみいまおんこにくたいおいそのによりておのれわぼくせしめ、せいにしてけがれなくつみなきものたらしめ、もつみまへそなへんとしたまへり。 23なんぢもしかくことしてしんかうもとづき、ふくいんおけきぼうよりうごかされずば、まさしかあるべし。このふくいんは、なんぢこれき、あまねてんかいつさいひとべられしが、われパウロはそのえきしやられたるなり。 24われいまなんぢためくるしむをよろこぶ、またキリストのおんくるしみけたるところを、おんからだなるけうくわいためにくたいおいおぎなふなり。 25けうくわいえきしやられたるは、なんぢためかみよりたまはりたるつとめれり、これかみおんことばすなはよよだいだいかくきたりて、 26いまそのせいとたちあらはれたるおくぎを、つぶさつたへんためなり。 27このおくぎとはくわうえいきぼうにして、なんぢましますキリストこれなり、このおくぎいはうじんおよぼしたるくわうえいとみいかんらしむるはかみみこころなり。 28われこれつたへ、すべてのちしきしたがひて、すべてのひといましすべてのひとをしふ、これすべてのひとをしてキリスト、イエズスにおいくわんぜんにならしめんがためなり。 29げんらうくして、われおいつよはたらけるかれせいりよくおうじてたたかひつつあるはこれためなり。

第2章[編集]

1われなんぢとラオジケアにひとびとと、またいまわがにくしんかほざるいつさいひととのために、たたかこといかばかりなるかを、なんぢらんことほつす。 2これそのこころなぐさめられ、あいもつつながれ、まつたちしきもろもろとみたされて、ちちにてましまかみおよびキリスト、イエズスのおくぎるにいたらんためにして、 3ちしきおよがくしきもろもろたからかれかくれてそんすればなり。 4これふは、たれたくみなるものがたりもつなんぢあざむことなからんためなり。 5けだしわがにくたいにてはふざいなれども、せいしんにてはなんぢともり、なんぢちつじよとキリストにおけしんかうけんごなるとをこれよろこぶ。 6ればなんぢしゆイエズス、キリストをけしがごとこれりてあゆみ、 7これざしこれうへてられて、まなびしがごとしんかうかたまり、これせいちやうしてかんしやたてまつれ。 8むなしききよげんなるてつがくもつたれにもあざむかれざるやうちゆういせよ、にんげんつたへせうがくとにるものにして、キリストにるものにあらず。 9けだししんせいのこりなくじつたいてきにキリストのうちみちみちてやどれるなり。 10かれもろもろけんせいおよのうりよくかしらにてまします、なんぢこれりてじゆうまんし、 11またこれおいかつれいけたり。そのかつれいにてせるものにあらずして、にくしんとりのぞところのキリストのかつれいなり。 12なんぢせんれいもつかれともはうむられ、またかれししやうちよりふくくわつせしめたまひしかみたいのうしんかうせるをもつて、かれによりてふくくわつしたるなり。 13かくなんぢつみにくしんかつれいとによりてしたるものなりしに、かみなんぢことごとつみゆるして、キリストとともさらかしたまひ、 14われせまりてわれはんせるいましめしよとりけし、これちゆうかんよりとりさりてじふじかけ、 15[だらくの]けんせいおよのうりよくとうぎてあへこれとりこにし、キリストのおんみおいこうぜんこれうちかたまへり。 16ればくひものあるひのみものあるひさいじつあるひついたちあるひあんそくじつくわんしては、たれにもあれなんぢとがむべからず、 17これことのちるべきことかげにして、ほんたいはキリストなり。 18たれにもあれ、ことさらけんそん[をよそひ]、てんしすうはいもつなんぢはうびるべからず。かかひとざることたちいりていたづらにくてきしねんほこり、 19かしらたるものぞくせざるなり。ぜんたいこのかしらよりしてこそ、くわんせつおよせんゐもつくみてられかつつらなりて、かみによりてせいちやうするなれ。 20なんぢもしキリストとともこのせうがくきてしたるものならば、なんなほるがごとおきてふくせしむるや。 21いはゆるるるなかれ、あじはなかれ、あつかなかれのるゐは、 22みなもちふるにしたがひてくるものにして、にんげんいましめをしへとによれり。 23すうはいけんそんをしまざるてんおいては、だうりめきたるものなれども、そのじつたふとことなく、ただにくよくかしむるのみ。

第3章[編集]

1ればなんぢもしキリストとともふくくわつしたるならば、うへことすなはかみおんみぎにキリストのたまところこともとめよ。 2ちじやうことならで、うへことおもんぱかれ、 3けだしなんぢしたるものにして、そのせいめいは、キリストとともかみおいかくれたるなり。 4われせいめいにてましますキリストのあらはたまときには、なんぢまたかれともくわうえいうちあらはるべし。 5ゆゑなんぢちじやうおけししごたいすなはしつういんらんじやうよくじやよくおよぐうざうすうはいなるどんよくころすべし、 6かみのおんいかりは、これことためふしんうへきたる。 7なんぢかれらうちせいくわつせしときは、かかことうちあゆみたれど、 8いまなんぢこれいつさいと、いかりいきどほりあくしんののしりとをて、わいせつなるものがたりそのくちよりてよ。 9たがひいにいつはなかれ。ふるひとそのげふとをぎて、 10あたらしきひとすなはこれつくたまひしもののみすがたかたどりてちしきすすやうあらたになるひとるべし。 11ここいたりては、いはうじんもユデアじんも、かつれいかつれいも、えびすもシタじんも、どれいじいうもあることなく、ただばんみんうちばんじたまへるキリストのましませるのみ。 12ればなんぢかみえらまれたてまつりたるせいにしてかつしあいなるものごとく、じひはらわたくわんじんけんそんにうわかんにんとうまとひて、 13たがひにんたいし、もしひとたいしてくじやうあらばたがひいうじよし、しゆなんぢゆるたまひしごとく、なんぢまたしかせよ。 14なほこのいつさいことくはへてあいいうせよ、あいくわんとくむすびなればなり。 15しかしてなんぢいつたいとしてキリストのへいわされたれば、そのへいわをしてなんぢこころつかさどらしむべし、なんぢまたかんしやたてまつれ。 16キリストのおんことばなんぢうちゆたかやどりて、すべてのちしきおいあひをしあひすすめ、おんちようによりてれいてきさんびかうたもつて、こころうちかみうたふべし。 17なにごとすも、あるひことばあるひおこなひことごとしゆイエズス、キリストのみなにより、これもつちちにてましまかみかんしやたてまつりつつすべし。 18つまたるものよ、すべきごとしゆおいをつとしたがへ。 19をつとたるものよ、そのつまあいしてかれらにがかることなかれ。 20たるものよ、ばんじおいおやしたがへ、これしゆみこころかなふがゆゑなり。 21ちちたるものよ、なんぢそのこどもいかりことなかれ、おそらくはらくたんせん。 22どれいたるものよ、ばんじおいにくしんじやうしゆじんしたがへ、ひとよろこばれんとするがごとくに、めのまへのみにてつかへず、じゆんぼくなるこころもつしゆおそれてつかへよ。 23なんぢなにごとすも、ひとためにすとおもはず、しゆためにすとおもひ、 24しゆよりよつぎむくいべしとさとりてこれこころよりおこなへ。しゆキリストにつかたてまつれ、 25けだしふぎひとそのふぎむくいべし、かつかみおいてはひとかたよたまことあらざるなり。

第4章[編集]

1しゆじんたるものよ、なんぢてんしゆたてまつれることをりて、せいたうこうせいなることどれいせ。 2なんぢきたうじゆうじし、かんしやもつてこれにちゆういせよ。 3はたまたわれためいのりて、これためなはめへるキリストのおくぎかたやうかみせんけうもんわれひらたまはんことをねがへ、 4これかたるべきごとくにこれあらはすことをためなり。 5そとなるひとびとまじはるにちしきもつてしてきくわいもとめよ。 6なんぢものがたりは、しほもつあんばいしてつねうるはしかるべし、これいかひとびとこたふべきかをらんためなり。 7ちゆうしんなるえきしやしゆおけどうはいにしてわがしあいきやうだいたるチキコは、わがみのうへいつさいなんぢつげらするならん。 8ことさらこれつかはししは、かれをしてなんぢくわんすることり、かつなんぢこころなぐさめしめんためなり。 9またなんぢひとりにしてちゆうしんなるわがしあいきやうだいオネジモをこれともなはしめたれば、かれらここすべてのことなんぢらするならん。 10われともごくちゆうるアリスタルコ、およびバルナバのいとこマルコ、なんぢよろしくとへり。このマルコにきては、なんぢめいけたることあり、もしなんぢいたらばこれいうたいせよ。 11ユストとよばるるイエズスもよろしくとへり。かれらかつれいけしひとびとなるが、かみくにためわれじよりよくしたるはこのにんにして、わがなぐさめりしものなり。 12なんぢひとりなるエパフラ、なんぢよろしくとへり。かれはキリスト、イエズスのしもべにして、つねなんぢためたたかひ、いのりうちに、なんぢかみもろもろおぼしめしおいくわんぜんかつかくしんしてたんこともとむ。 13かれなんぢために、またラオジケアおよびイェラポリスのひとびとために、いたこころらうせることは、われかれためこれしようす。 14しあいなるいしやルカなんぢよろしくとへり。デマスもまたしかり。 15ラオヂケアにきやうだいたちおよびニムファとそのいへけうくわいとによろしくつたへよ。 16このしよかんなんぢうちまれなば、またラオヂケアのけうくわいにもまるるやうはからひ、なんぢまたラオヂケアじんしよかんめ。 17またアルキッポにつたへて、なんぢしゆおいけしせいえきかへりみてこれまつたうすべし、とへ。 18われパウロづからよろしくとふ。わがなはめきおくせよ。ねがはくはおんちようなんぢともらんことを。アメン。