コリンフ人に達する前書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書<我主イイススハリストスの新約

聖使徒パワェルがコリンフ人に逹する前書

第一章[編集]

1 パワェル、かみむねりてされたるイイススハリストスのしとおよけいていソスフェンは

2 しょして、コリンフにかみけうくわいすなはちハリストスイイススにおいせいせいせられしされたるせいとおよことごとくのひといづれところりても、われらしゅイイススハリストス、たゞわれらのみならず、またかれらしゅものたつす。

3 ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれらちゝおよしゅイイススハリストスよりなんぢたまはらんことを。

4 われつねなんぢためかみかんしゃす、ハリストスイイススにおいなんぢあたへられたるかみおんちょうりてなり。

5 けだしなんぢかれおいおよそことすなはちおよそことばおよそちしきめるものりたり、

6 ハリストスのしょうなんぢうちかためられしにる。

7 ゆゑなんぢいつたまものにもくるなくして、われらしゅイイススハリストスのあらはれつ。

8 かれなんぢおはりいたるまでかためん、なんぢわれらしゅイイススハリストスのおいせめなからんためなり。

9 なんぢして、そのこイイススハリストスわれらしゅきょうよせしめたるかみしんなり。

10 けいていよ、われらしゅイイススハリストスのりて、われなんぢもとむ、なんぢみなところおなじくし、かつなんぢうちわかれなく、すなはちなんぢこゝろいつにし、おもひいつにしてあひあふべし。

11 けだしけいていよ、なんぢきて、ハロヤのかじんより、われなんぢうちあらそひのあることをげられたり。

12 ところは、すなはちなんぢおのおのへるあり、われはパワェルにぞくす、われはアポルロスにぞくす、われはキファにぞくす、われはハリストスにぞくすと。

13 あにハリストスはわかれしか、あにパワェルはなんぢためじふじかていせられしか、そもそもなんぢはパワェルのりてせんけしか。

14 かみかんしゃす、われはクリスプおよびガイのほかなんぢうちたれにもせんさづけしことなし、

15 ひとあるひは、われりてせんさづけたりと、はざらんためなり。

16 われまたステファンのいへせんさづけたり、このほかなんびとさづけたりやいなやをらず。

17 けだしハリストスのわれつかはしゝは、せんさづけんためあらず、すなはちふくいんつたへんためなり、またことばちゑもちゐしめず、ハリストスのじふじかむなしくならざらんためなり。

18 けだしじふじかことばほろぶるものためにはなり、われらすくはるゝものためにはかみちからなり。