ガラチヤの書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

ガラチヤの書

第1章[編集]

1ひとよりにあらず、ひとによるにもあらず、イエズス、キリストと、これししやうちよりふくくわつせしめたまひしちちにてましまかみとによりてしとたるパウロ、 2ならびわれともきやうだいいちどう、ガラチアのしよけうくわいに[しよかんおくる]。 3ねがはくはちちにてましまかみおよわがしゆイエズス、キリストより、おんちようへいあんとをなんじたまはらんことを。 4このキリストはすなはわがちちにてましまかみおぼしめしによりて、われこのあしよりすくひいださんとて、われつみためおのれささたまひしものなれば、 5これよよくわうえいあれかし、アメン。 6われなんじがキリストのおんちようもつおのれたまひしものとほざかりて、かくすみやかことなるふくいんうつれるをあやしむ。 7これことなるふくいんあるにあらず、ただあるひとびとなんじみだして、キリストのふくいんひるがへさんとするなり。 8れどわれにまれ、てんよりのつかひにまれ、われなんじべしところはんしてふくいんぶるならば、のろはれよかし。 9われさきひしがいままたかさねてふ、なんじけしところはんしてふくいんぶるものあらばのろはれよかし。 10けだしいまわれひとこころんとするか、はたかみみこころんとするか、ひとこころかなはんとつとむるか、われなほひとこころかなはばキリストのしもべあらざるべし。 11けだしきやうだいたちよ、なんじつげらせん、べしふくいんひとによれるものにあらず、 12すなはわれひとよりこれこれまなびたるにあらず、イエズス、キリストのもくしによれるなり。 13けだしユデアけうおけさきわがぎやうじよういかんは、なんじきしところなり。すなはわれかみけうくわいはなはだしくはくがいしてこれあらし、 14わがぞくちゆうなるどうねんぱいひとびとまさりてユデアけうすすみ、わがせんぞつたへためいつそうねつちゆうしてふんぱつたりしなり。 15しかるにははたいないよりえらみて、そのおんちようもつわれたまへるものは、 16われをしてそのふくいんいはうじんうちべしめんとて、おんこわがこころあらははしたまふことのみこころかなひしかば、そのときわれただちけつにくはからず、 17またエルザレムすなはわがせんぱいなるしとたちもとにもかず、アラビアにいたり、またダマスコにかへれり。 18て三ねんてペトロをはうもんせんとてエルザレムにいたり、十五にちあひだかれいへとどまりしも、 19しとたちには、しゆきやうだいヤコボのほかたれにもはざりき。 20なんじかきおくことかみみまへにていつはりなし。 21そののちわれシリアおよびシリシアちはういたりしが、 22キリストにるユデアのしよけうくわいわがかほらず、 23ただかつわれはくがいしつつありしひといまおのさきほろぼさんとしたりししんかうのべつたふとき、 24われきてくわうえいかみたてまつりつつありき。

第2章[編集]

1そののち十四ねんて、バルナバとともにチトをもたづさへて、ふたたびエルザレムにのぼりしが、 2これしんたくによりてのぼりしなり。かくいはうじんうちぶるふくいんかれらこといちじるしきひとびとつげらせたり、これまんいちにもはしことまたかつはしりしことむなしくならざらんためなりき。 3しかるに、われともりしチトすら、もといはうじんなるもかつれいくることひられず、 4ただくぐりりたるきやうだいありて、われがキリスト、イエズスにおいてるじいうさぐり、われどれいたらしめんとしていりきたりたれど、 5われかたときゆずらず、かれらふくせざりき、これふくいんしんりなんじうちそんせしめんためなり。 6ことさらいちじるしきひとびといたりては、――そのかつなにものたりしかはわれくわんせず、かみひとにつきてかたよたまことなし、――そのいちじるしきひとびとなにごとをもわれくはへざりき。 7かえつかつれいあるひとびとふくいんぶることのペトロにゆだねられたるごとく、かつれいなきひとびとぶることわれゆだねられたるをしかば、 8――はペトロにかつれいあるひとびとしととなるちからたまひしものは、われにもいはうじんうちおいちからたまひたればなり、―― 9はしらともえたるヤコボとケファとヨハネとは、われたまはりたるおんちようわきまへて、いつちしるしとしてみぎわれとバルナバとにあたへたり。これわれいはうじんいたり、かれらかつれいあるひとびといたらんためなり。 10ただかれらねがところは、われひんしやかへりみんことなりしが、われこころがけてこれおこなへり。 11しかれどもケファアンチオキアにきたりしときとがむべきことありしかば、われまのあたりこれはんたいせり。 12は、あるひとびとのヤコボのもとよりきたまでは、かれいはうじんともしよくたれど、かれらきたりしかばケファはかつれいあるひとびとはばかり、ひかへていはうじんはなたればなり。 13のユデアじんこのかくしだてどういせしかば、バルナバもまたかれらよりそのかくしだてさそはるるにいたれり。 14かくかれらふくいんしんりしたがひてただしくあゆまざるをて、われいちどうまへにてケファにへらく、なんじユデアじんにてありながら、ユデアじんごとくにせず、いはうじんごとおこなへるに、なんいはうじんひてユデアじんしうかんしたがはせんとはする。 15われせいらいユデアじんにして、いはうじんよりでしつみびとにはあらず、 16りながらひととせらるるは、りつぱふわざらずして、ただイエズス、キリストにおけしんかうるをるがゆゑに、われりつぱふわざらず、キリストにおけしんかうりてとせられんために、キリスト、イエズスをしんずるなり、なにびとりつぱふわざりてとせられざればなり。 17もしキリストにおいとせられんことつとめて、なほつみびととせられなばキリストはつみえきしやなるか、いないな18もしわれすでこぼちたるものをふたたつれば、みづかいつはりものとなるなり。 19ればわれかみきんためりつぱふもつりつぱふし、 20キリストとともじふじかけられたるなり。それわれくといへども、もはやわれあらず、キリストこそわれおいたまふなれ。われにくたいくといへども、われあいしてわがためおのれわたたまひしかみおんこしんかうおいくるなり。 21わがかみおんちようつるにあらず、もしとせらるることりつぱふらば、キリストはいたづらたまひしなり。

第3章[編集]

1おろかなるかなガラチアじんよ、じふじかけられたまひしイエズス、キリスト、なんじもくぜんえがかれたまひたるに、たれなんじとらかしてしんりそむかしめしぞ、 2われただこのことかんとほつす、なんじせいれいかうむりしはりつぱふわざによるか、しんかうしたがひしによるか。 3なんじせいれいもつはじまりしものを、いまにくもつをはまでおろかなるか。 4おびただしくくるしみしはむえきとならんか、いなむえきあらざれかし。 5ればなんじに[せい]れいたまひて、なんじうちきせきおこなたまへるものたまふはりつぱふわざによるか、しんかうしたがひしによるか、 6かきしるして、「アブラハムかみしんぜり、しかしてこのこととしてこれせられたり」とあるがごとし。 7ゆゑしんかうひとびとは、これアブラハムのこどもなりとれ。 8かくせいしよは、かみしんかうりていはうじんとしたまことあらかじりて、かつてアブラハムにふくいんげていはく、「ばんみんなんじおいしゆくせられん」と。 9ればしんかうひとびとは、ちゆうじつなるアブラハムとともしゆくせらるべきなり。 10おほよそりつぱふわざひとびとのろひしたり、かきしるして、「すべりつぱふしよかきしるされたることことごとまもらんとして、これとどまらざるひとのろはるべし」、とあればなり。 11そもそもひとりつぱふによりてかみみまへとせられざることは、「ぎじんしんかうによりてく」、とあるをもつあきらかなり。 12りつぱふしんかうによるにあらずして、「おきておこなひとこれによりてきん」、とあり。 13かきしるして、「すべつるさるるひとのろはれたるなり」、とあれば、キリストはわれためのろはれたるものとなりて、りつぱふのろひよりわれあがなたまひしなり。 14これアブラハムのしゆくふくがキリスト、イエズスによりていはうじんおよぼされ、やくそくせられたまひしせいれいしんかうによりてわれけんためなり。 15きやうだいたちよ、われひとふがごとくにへば、ひとくわうせいなるゐしよはいするひとなくかきくはふるひとなし。 16アブラハムとそのすゑとにやくそくせられしときおほくのひとすがごとすゑ[]とはのたまはずして、ひとりしてなんじすゑのたまへり、これすなはちキリストなり。 17われはん、かみすでかたたまひしけいやくをば、それより四百三十ねんのちあたへられしりつぱふが、やくそくむなしからしめんとてはいしたるにあらず。 18けだしよつぎもしりつぱふらば、これすでやくそくらざるなり。れどかみやくそくもつて、これをアブラハムにたまひたるなり。 19しからばりつぱふなんぞや、これやくそくせられしすゑきたまであひだはんそくためかれしものにして、ちゆうさいしやてんしたちによりてふこくせられたるものなり。 20ちゆうさいしやいつぽうのものにあらざるに、かみゆゐいつにてまします。 21ればりつぱふかみやくそくはんするか、いないなけだしもしひとかすべきりつぱふあたへられたらんには、じつりつぱふによりづべし 22いへども、せいしよばんぶつつみもととぢこめたり。これやくそくはイエズス、キリストにおけしんかうりて、しんずるひとあたへられんためなり。 23しんかうきたまへには、われりつぱふもととぢこめめられて、あらはれんとするしんかうきたるまでまもられつつありき。 24ればわれしんかうりてとせられんために、りつぱふわれをキリストにみちびしどうしやとなれり。 25れどしんかうすできたりては、われもはやしどうしやもとらず、 26なんじ、キリスト、イエズスにおけしんかうりて、みなかみこどもなればなり。 27すなはちキリストにりてせんせられたるなんじは、ことごとくキリストをちやくせるなり。 28かくてユデアじんもなくギリシアじんもなく、どれいじいうもなく、をとこをんなもなし、なんじキリスト、イエズスにおいみなひとりなればなり。 29なんじもしキリストのものならば、これアブラハムのすゑなり、やくそくままなるよつぎなり。

第4章[編集]

1われはん、よつぎかとくしゆなりといへども、せうにあひだどれいことなることなく、 2ちちさだめたるときまでは、こうけんにんおよちさんしやもとり。 3かくごとく、われせうにうちせうがくもとつかへつつありき。 4れどまんきときいたりて、かみおんこをんなよりりたるもの、りつぱふもとりたるものとしてつかはしたまへり。 5これりつぱふもとりしひとびとあがなひ、われをしてとせらるることをしめたまはんためなり。 6かくなんじたるによりて、かみは、アバ、ちちよ、とさけたまへるおんこれいを、なんじこころつかはしたまへり。 7ればもはやどれいあらずしてたるなり、たるうへまたかみによりてよつぎたるなり。 8かのときにはなんじかみらず、せいらいかみたらざるものにつかへてどれいたりき。 9れどいますでかみり、しかまたかみられたるに、いかんふたたよわとぼしきせうがくかへりて、さらこれつかへんとはする。 10なんじつききせつとしとをまもる。 11われなんじためづかひ、あるひなんじうちはたらきしことむえきとならんことをおそる。 12きやうだいたちよ、われなんじごとくにれば、こひねがはくはなんじごとくにれ。なんじかつわれがいせしことなし、 13かえつれるごとく、はじふくいんなんじべしときしんたいきよじやくもつてし、そのしんたいなんじこころみとなれるを、 14いやしむことなくきらこともなくして、われかみつかひごとく、キリスト、イエズスのごとくにさへけたりき。 15なんじしゆちようせしさいはひいづこにかある、われなんじためしようめいす、べくんばなんじおのをもえぐりてわれあたへしならん。 16ればわれなんじまことかたりてなんじてきとなりたるか、 17かのひとびとなんじためじんりよくすれども、これかういあらず、おのためじんりよくせしめんとて、なんじをしてはなれしめんとほつせるなり。 18えずぜんじきてじんりよくせらるるはきことながら、なんじうちときのみにてはらざるなり。 19せうしよ、なんじうちにキリストのかたちづくられたままでは、われなんじためぢんつうへり。 20のぞむらくはなんじうちりてこわねへんことを、なんじきてたうわくすればなり。 21りつぱふもとらんとほつするものよ、われかたれ、なんじりつぱふきしことなきか、 22けだしかきしるして、アブラハムにふたりありしに、ひとりどれいをんなよりし、ひとりじいうなるをんなよりせり、とあり。 23どれいをんなにくしたがひてうまれしに、じいうなるをんなやくそくによりてうまれたり。 24これことはれしはぜんぺうにして、かのをんなりやうやくす、いつはシナイざんよりしてどれいむ、これすなはちアガルなり。 25けだしシナイざんはアラビアにりて、いまのエルザレムにあたり、そのこどもともどれいなり。 26れどうへなるエルザレムはじいうにして、これわれははなる。 27けだしかきしるして、「うまずめにしてまざるものよ、よろこべ、さんせざるものよ、こゑげてよばはれ、ひとのこされたるをんなは、をつとあるものよりもおほければなり」、とあり。 28きやうだいたちよ、われはイザアクのごとやくそくなり、 29かのときにくによりてうまれたりしものが、れいによれるものはくがいしたりしごとく、いまなほしかるなり。 30れどせいしよなんとかへる、「どれいをんなそのとをおひはらへ、どれいをんなじいうなるをんなともよつぎたるべからざればなり」、とあり。 31ればきやうだいたちよ、われどれいをんなあらず、じいうなるをんななり、キリストのわれあがなたまへるはじいうためなり。

第5章[編集]

1きぜんとしてふたたどれいくびきせいせらるることなかれ。 2われパウロなんじだんげんす、もしかつれいけなば、キリストはいささかなんじえきあらざるべし。 3われまたさらに、すべかつれいくるひとしようめいす、かれことごとりつぱふまもるべきふさいあり。 4りつぱふによりてとせられんとするひとびとよ、なんじはキリストをはなれたるなり、おんちようよりだらくせるなり。 5われすなはち[せい]れいもつしんかうりてこそきぼう[するところ]をてるなれ。 6けだしキリスト、イエズスにおいかちあるはかつれいあらかつれいあらず、あいもつはたらところしんかうこれなり。 7なんじはしたりしものを、たれしんりしたがはせじとてさまたげしぞ、 8かかすすめなんじたまふものよりでず、 9すこしのたねぱんぜんたいふはいせしむ、 10なんじしゆによりてきぼうするところは、なんじべつなからんことこれなり。れどたれにもあれなんじみだひとは、そのつみふべし。 11きやうだいたちよ、われもしなほかつれいことのべつたふるならば、なんはくがいけつつあらんや。はたしてしからば、じふじかつまづことみたるならん。 12ねがはくはなんじまどはすひとびととりのぞかれんことを。 13けだしきやうだいたちよ、なんじすでされてじいうたれば、そのじいうにくきくわいとしてあたふることなく、(れいの)あいもつたがひつかへよ。 14は、「なんじちかものおのれごとあいすべし」、とのいちごんおいて、りつぱふことごとまつたうせらるればなり。 15れどなんじもしたがひあひあひまば、たがひほろぼされざるやうようじんせよ。 16われはん、れいしたがひてあゆめ、しからばにくよくおこなふまじ。 17けだしにくのぞところれいはんし、れいのぞところにくはんす、そのあひもどるはなんじほつするところことごとさざらんためなり。 18なんじもしれいみちびかるれば、りつぱふもとらず。 19にくわざあらはなり、すなはしつうふけつわいせつじやいん20ぐうざうすうはいまじゆつうらみあらそひねたみはらだちけんくわそうらんいせつ21そねみひとごろしめいていたうしょくなどこれなり。すであらかじなんじげしごといまく、かかことひとかみくにざるべし。 22しかるにれいかうくわは、(あい)、よろこびへいあんかんにんじけいぜんりやう、(にんたい)、 23をんりやうしんじつきんしんせつせいていさうなり、かかるものにむかひてはりつぱふあることなし。 24それキリストのものたるひとびとは、おのにくしんそのあくとくおよしよよくともじふじかけたるなり。 25われもしれいによりてきなば、またれいによりてあゆむべし。 26きよえいこのみてあひいどあひそねものることなかれ。

第6章[編集]

1きやうだいたちよ、ひともしいざなはれてあやまことありとも、なんじれいみちびかるるものなれば、おのれまたいざなはるることあるべきをかへりみて、にうわなるせいしんもつこれかいぜんせしめよ。 2なんじたがひへ、しからばキリストのりつぱふまつたうすべし。 3けだしひとなにものにもあらざるに、なにものかなりとおもふはみづかあざむくなり。 4おのおのおのぎやうじようためよ、しからばたにんたいしてほこらず、おのれのみによりてほこるならん、 5ひとおのおのおのふべければなり。 6をしへまなひとは、まなばしむるひといつさいもちものうちわけあたへよ。 7みづかあざむなかれ、かみあなどられたまふものにあらず、 8ひとそのきしところかりとらん、すなはおのにくためひとは、またにくよりふはいかりとり、れいためひとは、またれいよりえいえんせいめいかりとらん。 9われぜんすにむべからず、じきいたらば、まずしてかりとるべければなり。 10ればいとまあるあひだは、われしゆうじんことしんかうかじんぜんすべし。 11よ、われづからいかなるたいじにてなんじかきおくれるかを。 12およそにくおいじんしんんとほつするひとは、ひてなんじかつれいけしむ、これただキリストのじふじかによりてはくがいけざらんためのみ。 13かつれいくるひとびとが、みづかりつぱふまもらずしてなんじかつれいけしめんとするは、なんじにくしんきてほこらんためなり。 14われわがしゆイエズス、キリストのじふじかおいてのほかけつしてほこことなかるべし。かれもつわれりてじふじかけられたるものにして、おけるもまたしかり。 15けだしキリスト、イエズスにおいかちあるは、かつれいあらかつれいあらず、あらたなるざうぶつなり。 16たれにもあれ、このはふしたがへるひとびとうへに、こひねがはくはへいあんじひとあれかし、かみのイスラエルのうへにもまたしかあれかし。 17いまよりのちたれわれわづらはすべからず、われしゆイエズスのきづあとへばなり。 18きやうだいたちよ、ねがはくはわがしゆイエズス、キリストのおんちようなんじれいともらんことを、アメン。