エフェソ書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

エフェゾ書

第1章[編集]

1かみおぼしめしによりてイエズス、キリストのしとたるパウロ、エフェゾにる(すべての)せいとならびにキリスト、イエズスにおけしんとに[しよかんおくる]。 2ねがはくはわがちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、おんちようへいあんとをなんぢたまはらんことを。 3しゆくすべきかなわがしゆイエズス、キリストのかみおよちちはキリストにおいもろもろれいてきしゆくふくもつわれてんよりしゆくたまひ、 4みまへおいせいにしてけがれなきものたらしめんとて、いつくしみもつて、せかいかいびやくいぜんよりキリストによりてえらたまひ、 5おぼしめしのまにまに、イエズス、キリストをもつおのとならしめんことよていたまひたればなり。 6これさいあいなるおんこおいわれたまひしえいくわうあるおんちようほまれためなり。 7われあがなひつみゆるしるは、キリストにりてそのおんちによれり、すなはかみゆたかなるおんちようれるなり。 8そのおんちようわれあふれて、もろもろちゑおよさとりひらけり、 9これみむねしたがひて、キリストをもつよていたまひしおぼしめしおくぎを、われさとたまはんためなり。 10このおぼしめしは、じきつるにおよびていつさいのもの、すなはてんるものをもるものをもことごとくキリストにおいいつかしらもとまとたまふにり。 11われもキリストにおいえらまれ、おぼしめままばんじおこなたまふもののはかりしたがひてよていせられたり、 12これさきんじてキリストをきぼうせしわれが、そのくわうえいほまれとならんためなり。 13なんぢまたキリストにおいて、しんりことばなるなんぢたすかりふくいんき、かつこれしんじてやくそくせられたまひたりしせいれいもつしよういんせられしが、 14これなんぢよつぎほしようとして、られたるひとびとあがなひとなり、そのくわうえいほまれらんためたまはりたるなり。 15ゆゑわれも、しゆイエズスにおけなんぢしんかうと、すべてのせいとたいするあいじやうとをきて、 16たえずなんぢためかんしやし、わがきたううちなんぢきねんす。 17いのところわがしゆイエズス、キリストのかみくわうえいちちが、なんぢちしきもくしとのれいたまひてかみらしめ、 18なんぢこころあきらかにして、そのめしによれるきぼういかんらしめ、せいとたまふべきよつぎくわうえいとみいかんらしめ 19そのぜんのうせいりよくはたらきによりて、しんじたてまつわれおいて、そのせいりよくいかすぐれてゐだいなるかをらしめたまはんことこれなり。 20そのせいりよくをキリストにおいあらはし、これししやうちよりふくくわつせしめ、てんおいこれおのれみぎき、 21いつさいけんせいのうりよくと、せいりよくしゆけんとのうへまたすべこんせいのみならずらいせいにもなづけられて[あるもの]のうへたまひ、 22ばんぶつそのおんあししたふくせしめ、けうくわいばんじうへかしらとなしたまへり。 23すなはけうくわいはキリストのおんからだにして、ばんぶつばんじたしたまへるもののみちみたまところなり。

第2章[編集]

1なんぢもとおのあやまちつみとによりてしたるものなりしが、 2かつこのせけんしたがひ、またくうちゆうけんいうしていまなほふしんうちはたらける、れいきみしたがひてあゆめり。 3われみなかつそのつみうちりて、わがにくしんよくまませいくわつし、にくこころとのほつするところおこなひて、ひとびとごとく、せいらいいかりなりき。 4しかれどもじひたまへるかみは、われあいたまひておんいつくしみあまり、 5つみためせしわれをキリストとともかしたまひ――なんぢすくはれしもすなはおんちようによれり、―― 6またともふくくわつせしめ、キリスト、イエズスにおいともてんせしめたまへり。 7これキリスト、イエズスにおけそのぜんりやうもつて、われうへおけおんちようひじやうなるとみを、しやうらいよよあらはたまはんためなり。 8けだしなんぢしんかうもつすくはれたるは、おんちようるものにしてみづからにるにあらず、すなはかみたまものなり。 9またわざるにもあらず、これほこひとのなからんためなり。 10われかみさくひんにして、かみあらかじそなたまひしぜんげふためこれあゆやう、キリスト、イエズスにおいて[あらたに]つくられたるものなればなり。 11ればもとにくたいおいいはうじんにして、いはゆるかつれいひとによりてけたるひとびとより、いまなほかつれいとなへらるるなんぢつぎこときおくせよ。 12すなはかのときには、なんぢキリストなくして、イスラエルのこくせきぐわいかれ、かのやくそくむすびたるしよけいやくあづからず、きぼうなく、このかみなきものたりしに、 13いまはキリスト、イエズスにりて、さきとほかりしなんぢ、キリストのおんちもつちかものとなれり。 14けだしイエズスはわれへいわにてまします、すなはりやうほうひとつにし、へだてなかがきおようらみを、おのにくたいおいき、 15しゆじゆおきてあるりつぱふを、そのめいずるところともはいたまへり。これへいわしてりやうほうひとびとおのれおけひとりあたらしきひとつくらんため16また[かみ]にたいするうらみじふじかうへころし、そのじふじかもつりやうほうひとびといつたいし、かみやはらがしめたまはんためなり。 17またきたりて、とほかりしなんぢにもさいはひへいわげ、ちかかりしひとびとにもへいわたまへり。 18けだしキリストによりてこそ、われりやうほうひとびとは、どういつれいもつちちちかづきたてまつることをるなれ。 19れば、なんぢもはやよそびときりうじんあらず、せいとたちどうこくみんとなりてかみかじんなり。 20しとよげんしやとのどだいうへてられ、そのすみいしすなはちキリスト、イエズスにましまして、 21ぜんたいたてものこれけんちくせられ、しだいきづきげられて、しゆおいいつせいなるしんでんとなり、 22なんぢこれおいて、せいれいにより、かみすみかとしてともてらるるなり。

第3章[編集]

1このゆゑわれパウロ、なんぢいはうじんためにキリスト、イエズスのしうじんたり。 2ただしなんぢためわれたまはりたるかみおんちようぶんぱいやくをば、なんぢきしならん、 3すなはさきかんたんかきしめしたるごとく、このおくぎもくしもつわれしめされたるなり。 4なんぢこれみて、キリストのおくぎくわんするちしきさとるをべし。 5このおくぎは、いませいれいによりて、せいなるしとたちおよよげんしやたちしめされしがごとくには、ぜんだいおいひとられざりき。 6すなはいはうじんふくいんもつて、キリスト、イエズスにおいて、ともよつぎとなり、ともいつたいとなり、ともかみやくそくあづかものとなることこれなり。 7われそのふくいんえきしやとせられたり、これぜんのうせいりよくによりてわれたまはりたるかみおんちようたまものなり。 8すべてのせいとうちおいて、もつとちひさものよりもちひさわれに、キリストのきわがたとみふくいんを、いはうじんぐるおんちようたまはれり。 9こればんぶつさうざうたまひたるかみおいて、はじめよりかくれたりしおくぎはかりいかんを、しゆうじんときあかおんちようにして、 10かみたはうめんなるちゑが、けうくわいもつて、てんおけけんせいおよのうりよく[しや]とうられんため11わがしゆイエズス、キリストにおいまつたうしたまへる、よよよていおうぜんためなり。 12われかれおけしんかうによりてはばからざることきぼうもつかみちかづきたてまつこと13ればこひねがはくは、なんぢためくるくわんなんきて、なんぢらくたんせざらんことを。このくわんなんこそなんぢくわうえいなれ。 14われこれためわがしゆイエズス、キリストのちち15すなはてんにもにもしよぞくよつもつなづけらるるところちちみまへひざまづき、 16なんぢそのくわうえいとみしたがひ、そのれいにより、のうりよくもつないめんひととしてけんごにせられんこと17またしんかうによりてキリストのなんぢやどたまはんことこひねがたてまつる。これなんぢは、あいざしかつもとづきて、 18すべてのせいとともに、ひろちやうたかふかさのいかんり、 19またいつさいちしきてうぜつせるキリストのいつくしみることをて、すべかみみちみてるものになんぢたされんためなり。 20ねがはくはわれうちはたらけるのうりよくによりて、われねがところまたところえて、なほゆたかばんじたまへるものに、 21けうくわいおよびキリスト、イエズスにおいて、えいゑんいたるまでくわうえいあらんことを、アメン。

第4章[編集]

1ればしゆりてしうじんたるわれなんぢこひねがふ、なんぢされたるところめしふさはしく、 2すべてのけんそんをんりやうとをもつあゆみ、にんたいしてあいもつあひしのび、 3へいわつなぎにてせいしんいつちたもやうちゆういせよ。 4からだいつせいしんいつなほなんぢされたるそのめしきぼういつなるがごとし。 5しゆいつしんかういつせんれいいつ6いちどううへいまいちどうつらぬき、いちどううちたまへるいちどうかみおよちちいつのみ。 7しかるにわれめんめんたまはりたるおんちようは、キリストのたまひたるりやうおうず、 8このゆゑに[せいれいに]いはく、「かみのぼりてとりこともなき、ひとびとたまものあたたまへり」と。 9そもそものぼたまひしは、さきひくところまでくだたまひしゆゑあらずしてなんぞや。 10くだたまひしものは、またばんぶつみちみたんとて、もろもろてんうへのぼたまひしものなり。 11またあるひとびとしととし、あるひとびとよげんしやとし、あるひとびとふくいんしやとし、あるひとびとぼくしおよけうしとしてあたたまへり。 12これせいとたちまつたうせられ、せいえきいとなまれ、キリストのおんからだなりたたんめなり。 13すなはわれことごとく、しんかうかみおんこちしきとのいつちいたりてくわんぜんなるひととなり、キリストのまつたせいちやうりやういたらんためにして、 14われもはやせうにたらず、ただよはさるることなく、ひといつはりごびうたくみなるいうわくとのために、いづれをしへかぜにもふきまはされず、 15しんりりて、あいによりばんじつきかしらましまものすなはちキリストにおいせいちやうせんためなり。 16かれによりてこそからだぜんたいかたまかつととのひ、おのおのししぶんりやうおうずるはたらきしたがひて、すべてのかんせつたすけもつあひつらなり、みづかせいちやうし、あいによりてなりたつにいたるなれ。 17ゆゑわれこれひ、かつしゆおいこひねがふ、なんぢもはやいはうじんごとあゆむことなかれ、かれらおのせいしんむなしきにまかせてあゆみ、 18ちゑくらまされ、てるふちために、そのこころかたくなによりてかみせいめいよりとほざかり、 19かんずることなく、はうたうに、あらゆいんらんわざに、どんよくに、おのれゆだねたるなり。 20れどなんぢがキリストをまなびしはかくごとことあらず、 21もしこれきて、しんりのイエズスにるがままに、かれきてまなびしならば、 22すなはいぜんぎやうじようきては、まよひのぞみしたがひてふはいするふるひとぬぎて、 23せいしんしゆぎいつしんし、 24かみかたどりてしんりよりづるせいとくとにおいつくられたるあたらしきひとことまなびしなり。 25ればなんぢいつはりてて、おのおのちかひとともまことかたれ、われたがひえだなればなり。 26なんぢいかるともつみをかことなかれ、なんぢいかりあひだるべからず。 27あくまきくわいあたふることなかれ、 28ぬすめるひともはやぬすむべからず、むしろこんきうせるひとびとものほどこことために、はたらきててわざせ。 29ふけつなるものがたりいつさいなんぢくちよりいだすべからず、きものならばひとびとおんちようあたへんためえうするひととくつるやうこれせ。 30すくひしてしよういんせられたてまつりたるかみせいれいをしてうれへしむるなかれ、 31すべにがこといかりいきどほりさけびののしりをばいつさいあくしんともなんぢうちよりとりのぞけ。 32たがひじひしんせつにしてあひゆることかみもキリストにおいなんぢゆるたまひしがごとくにせよ。

第5章[編集]

1ればなんぢしあいなるせうにごとかみならものとなり、 2またあいうちあゆみて、キリストもわれあいし、われためおのれかんばしきかをりささげものとし、いけにへとしてかみささたまひしがごとくにせよ。 3しつうおよすべてのいんらんどんよくは、そのすらもなんぢうちとなへらるべからざること、せいとたるものふさはしかるべし。 4あるひをかうおろかなるものがたりあしたはむれごとこれみなふさはしからず、むしろかんしやすべきなり。 5なんぢさとりてらざるべからず、すべてのしつうしやいんらんしやどんよくしやは、ぐうざうすうはいするにひとしきものにして、キリストおよかみくにおいよつぎたらざるなり。 6たれくうげんもつなんぢあざむくべからず、これことために、かみのおんいかりふしんうへくだればなり。 7ゆゑなんぢかれらくみすることなかれ。 8けだしなんぢかつてはくらやみなりしかど、いましゆりてひかりなり、ひかりごとくにあゆめ。 9ひかりむすは、すべてのじあいせいぎしんじつとにり。 10いかなることかみみこころかなふかをためよ。 11かつむすばざるくらやみわざくみすることなく、むしろかえつこれとがめよ。 12けだしかれらひそかおこなところは、これくちにするすらはぢなり。 13すべてのとがむべきことひかりによりてあらはる、すべあらはるるはひかりなればなり。 14このゆゑへることあり、「ねむれるひとて、ししやうちよりたちあがれ、キリストなんぢらしたまはん」と。 15ればきやうだいたちよ、いかつつしみてあゆむべきかにこころせよ。ぐしやごとくにせず、 16ちしやごとくにあゆみて、しければきくわいもとめよ、 17このゆゑかみみむねいかんさとりて、しりよなきものことなかれ。 18またさけことなかれ、そのうちいんらんあるなり。むしろ(せいれいたされて、 19れいてきさんびかうたとをもつかたりひ、またこころうちうたひてしゆさんびたてまつり、 20つねわがしゆイエズス、キリストのみなもつて、ばんじきてちちにてましまかみかんしやし、 21キリストをおそたてまつりつつたがひきふくせよ。 22つまたるものおのをつとしたがことしゆおけるがごとくにすべし、 23をつとつまかしらたること、キリストがけうくわいかしらにして、みづかそのからだすくひぬしましませるがごとくなればなり、 24ればけうくわいのキリストにしたがふがごとく、つままたばんじをつとしたがふべし。 25をつとたるものよ、なんぢつまあいすること、キリストもけうくわいあいして、これためおのれわたたまひしがごとくにせよ、 26おのれわたたまひしは、(せいめいの)ことばにより、みづあらひにてこれきよめてせいとならしめんため27くわうえいあるけうくわいすなはしみなく、しわなく、しかたぐひこともなきけうくわいを、みづかおのためそなへて、これをしてせいなるもの、けがれなきものたらしめんためなり。 28かくごとく、をつとたるものもまたおのつまわがとしてあいすべきなり、つまあいするひとこれおのれあいするものなり。 29けだしかついかなるひとも、おのにくしんきらひしことなく、かえつこれやしなまもことなほキリストがけうくわいたまひしがごとし、 30われそのおんからだえだにして、そのにくよりそのほねよりりたればなり。 31ゆゑひとふぼさしおきておのつまひ、しかしてふたりいつたいるべし、 32これおほいなるおくぎなり、われはキリストおよけうくわいきてこれふ。 33ればなんぢおのおのおのつまおのれとしてあいし、またつまをつとゐけいすべし。

第6章[編集]

1たるものよ、しゆおいなんぢちちははしたがへ、けだしこれせいたうことなり。 2なんぢちちははうやまへ」とは、やくそくしたるだい一のおきてにして、 3すなはち「なんぢさいはひちじやうちやうめいならんため」となり。 4ちちたるものよ、なんぢそのこどもいかりことなくして、しゆきりつくんかいとのうちこれそだてよ。 5どれいたるものよ、キリストにしたがふがごとくにおそおののき、たんじゆんなるこころもつにくしんじやうしゆじんしたがへ。 6ひとびとこころかなはんとするがごとくにめのまへのみにてつかへず、キリストのどれいとしてこころよりかみおぼしめしし、 7つかふることひとおいてせずしゆおいてするがごとくに、こころよくせよ。 8どれいたるとじいうたるとをはず、かくじしたるぜんは、いずれもしゆよりむくいらるべしとればなり。 9しゆじんたるものよ、なんぢまたどれいむかひてことかくごとくにして、かれらおどしくはふることなかれ、かれらなんぢとのしゆてんましまして、ひときてかたよたまことなしとればなり。 10をはりのぞみて、きやうだいたちよ、なんぢしゆおいまたそのたいのうちからおいきりよく11あくまけいりやくつことをために、かみぶぐけよ。 12われたたかふべきはけつにくむかひてにはあらず、けんせいおよのうりよくこのくらやみつかさてんくうあくれいむかひてなればなり。 13ればあしていかうし、ばんじせいこうしてことために、かみぶぐれ。 14ればなんぢこししんじつおびし、せいぎよろひけ、 15あしへいわふくいんたいするふんぱつき、 16すべてのばあいおいあくまひやすべきしんかうたてり、 17たすかりかぶとかみおんことばなる[せい]れいつるぎり、 18なほかつすべきたうおよこんぐわんもつて、いづれのきくわいおいてもせいれいりていのり、にんたいもつせいといちどうためこんぐわんすることちゆういせよ。 19またわがためにもしかなして、われふくいんおくぎためくさりつながれたるしせつなれば、はばからずくちひらきてこれらするやうことばたまはり、 20これきてかたるべきままあへかたやういのれ。 21われくわんすることわがことなんぢらんために、わがしあいなるきやうだいにしてしゆちゆうじつなるえきしやたるチキコは、ばんじなんぢぐるならん。 22かれつかはししはこれためすなはかれわれくわんすることなんぢらせて、なんぢこころなぐさめんためなり。 23ねがはくはちちにてましまかみおよしゆイエズス、キリストより、へいあんあいしんかうとをきやうだいたちたまはらんことを。 24ねがはくはわがしゆイエズス、キリストをかはらずあいたてまつすべてのひとおんちようあらんことを、アメン。