エドワード8世の退位演説

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ようやく、自ら皆様にお話しできる事になりました。 これまで、私は何かを隠し立てたいと思った事はありませんが、今まで、憲政上の理由から私からお話しする事がかないませんでした。

数時間前、私は王と皇帝としての最後の職務を果たしました。そして、わが弟であるヨーク公に継承された今、私のはじめての言葉は、彼への忠誠を表明する事でなければなりません。私はこれを心を込めて行います。

皆様は、私が王位から退かなければならない理由をご存知の事と思います。しかし、私がこの事を決心した時、プリンス・オブ・ウェールズとして、そして最近では国王として、25年間奉仕しようとしてきた国家や帝国を忘れた訳ではない事をご理解いただきたいと思います。

しかし、皆様、私が愛する女性の助けと支援なしに重責を背負い、国王としての自らの義務を果たす事は不可能であるという私の言葉を信じてください。

そして、私が下した決断は、私個人の物である事をご承知いただきたいと思います。すべては私自身が判断しなければなりませんでした。一番親しい関係者は、私に別の道を歩むよう、最後まで説得してくれました。

私はわが人生で最も重大なこの決断を、最終的にはすべての人にとって最善となるように考えて下しました。

私にとってこの決断が困難な物ではない理由は、弟がこの国の公務で長い間研鑽を積み、優れた資質を持っているため、帝国の生活と発展に支障をきたす事なく、すぐに私の跡を継ぐ事ができるという確信があるからです。彼には、皆様の多くが享受しており、私にはない、妻と子供たちに囲まれた幸福な家庭という、この上ない祝福があります。

この厳しい日々の間、私は母后陛下と家族に慰められてきました。国王の大臣たち、特に首相のボールドウィン氏は、常に私への十分な配慮をもって接してくださいました。私と彼ら、そして私と議会の間に、憲政上の見解の相違があった事はありません。父から憲政の伝統によって育てられた私は、そのような問題が起こる事を決して許せませんでした。

私がプリンス・オブ・ウェールズであった頃、そして後に王位に就いてからも、私が帝国内のどこに住み、旅をしても、すべての階級の人々から大変親切にもてなされました。その事に大変感謝しています。

今、私は、一切の公務を終えて、重荷を下ろします。祖国に戻るのはまだ先の事になるかも知れませんが、私は常にイギリス人と帝国の運命に深い関心を持って見守っていきたいと思います。もし将来、個人的に陛下のお役に立てる事がありましたら、私は必ずお手伝いさせていただきます。

そして今、私たちには新国王がいます。私は彼と彼の国民である皆様の幸福と繁栄を心より願っています。皆様に神のご加護がありますように! 神よ、国王をお守りください!

この作品は 英国政府により作成され、1971年より前に商業的に発行されたため、パブリックドメインの状態にあります。

詳細についてはCrown copyright artistic worksCrown copyright non-artistic works、及びList of Public Bodies with Crown Statusを参照してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。