インドの核実験に抗議し、直ちに今後の核実験中止を求める決議

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 五月十一日に続き五月十三日、インドは我が国及び国際社会の強い抗議にもかかわらず核実験を強行した。かかる行為は核兵器廃絶に向けた国際的潮流に背を向けた許されざるものである。

 唯一の被爆国たる我が国は、これまで国際平和と安全のため核廃絶に向け不断の外交努力を重ねてきた。

 インドが、一九九五年の核不拡散条約の無期限延長及び一九九六年の包括的核実験禁止条約の採択によって高まっている核軍縮・不拡散の国際的世論を無視し、二度にわたり地下核実験を強行したことは誠に遺憾である。

 今回の一連の実験がいかなる理由によるものであっても、人類の生存をも脅かし、地球環境と生態系を破壊する行為であることは明らかである。さらにインドの核実験は核不拡散条約への信頼を損ない、核廃絶への流れに逆行すると同時にインド周辺諸国に新たな核開発競争を惹起させるおそれがある。

 本院は、核兵器廃絶への不断の努力を行うことを誓い、インドの核実験に厳重に抗議し、インドが直ちに今後の核実験を中止し、無条件に核不拡散条約及び包括的核実験禁止条約に加入することを強く求める。

 政府は、本院の趣旨を体し、インド政府に対し、直ちに必要かつ適切な措置を講ずるとともに、主要国首脳会議・国際連合の場において核実験の即時停止及び核兵器開発の停止を求め、同時に包括的核実験禁止条約の早期発効に一層努力すべきである。

 右決議する。

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。