イソップ童話集/蚊と牝牛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
一ぴきの蚊が、たくさんとびまわって、すっかりつかれたので、どこかいいやすみ場所はないかとみまわすと、牝牛がすぐそばで草をたべていたので、さっそくその角の上へとまりました。
しばらくやすんで、さて牝牛にむかい「牝牛さん、もうすこしやすませてもらいたいが、どうでしょう。あまりごめいわくならすぐたちのきますが。」
と、申しますと、牝牛は口をもぐもぐさせながら、
「ごめいわくだって?いったいおまえさんは、わたしのどこにとまっているんだね。わたしにとっては、おまえさんの一ぴきや二ひき、とまっていたっていなくたって、おんなじことなんだよ。」
と、申しました。