イソップ童話集/狐と樵夫

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
一ぴきの狐が、狩人に追われて、一生けんめい、にげて来ると、樵夫が木を伐っているところへ出ました。狐はあえぎながら、
「おねがいですから、たすけて下さい。」
と、たのみますと、樵夫は、
「よしよし、あの中にかくれるがいい。」
と、云って、すぐそばの小舎をおしえてくれたので、狐は大いそぎで、その中へとびこみました。
間もなく狩人が追いついて来て、
「樵夫さん、ここへ狐がにげて来なかったかね。」
と、たずねますと、樵夫は、
「いいや、来なかったよ。」
と、口では云いながら、そっと指を出して、小舎を示しました。
けれども、狩人はいそいでいたので、樵夫のその合図には気がつかずに、そのまま先へ走っていきました。
狩人が見えなくなると、狐はそっと小舎から出て来て、だまって立ち去ろうとしました。樵夫はおこって、
「この恩知らずめ、おまえは、おれのおかげで、命びろいをしたんじゃないか。それだのに一言のれいも云わずに立ち去るということがあるか。」
と、なじりますと、狐は
「なるほど、あなたの言葉は私をたすけました。しかし、あなたの指は、もうすこしで私を殺すところでしたからね。」
と、こたえて、すたすた行ってしまいましたとさ。