イソップ童話集/ろばとこおろぎ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
こおろぎが、ころころとかわいいこえで、ないていますと、それをきいていたろばは、すっかりかんしんしてしまいました。
そして、
「よし、私もひとつあんないいこえをだすようになって、みんなをおどろかしてやろう。」
と、がらにもない考をだして、こおろぎのところへ、やって来ました。
「ねえ、こおろぎさん、あなたたちは、そんないいこえをだしているが、いったいまいにちどんなものをたべているんです。」
と、ききました。
こおろぎは、
「私たちは、ただくさばにたまるつゆを、すっているだけです。」
と、こたえました。
ろばは、それをきいて、
「さあ、しめた。もうすぐいいこえになって見せるぞ。」
と、おもいながら、それからは、まいにち、まいにち、くさばのつゆばかりすっていましたが、いいこえが、でるどころか、だんだんからだが、やせて来て、とうとう、ほねとかわばかりになって、しんでしまいましたとさ。