「朝鮮語新綴字法」一部改正について

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

「朝鮮語新綴字法」一部改正について[編集]

1. 吐「아, 어, 여(았, 었, 였)」の使用法は,次の通りである。

語幹末音節の母音
(1) ㄱ) ㅏ ㅗ 아, 았
ㄴ) ㅡ(前にㅏㅗが来るとき) 아, 았
(2) ㄱ)ㅓ ㅜ Nkchar-y.svg 어, 었
ㄴ) ㅡ(ㅡ音のみであるとき) 어, 었
ㄷ) ㅡ(前にㅓㅜㅡㅣが来るとき) 어,었
(3) ㅣ, ㅐ, ㅔ, ㅚ, ㅟ, ㅢ, (하) 여, 였
(但し,パッチムがあるときは,어, 었)

2. 雌雄の意味を表すとき従来「암, 수」と表記したものは,「아ᇡ, 숳」と表記する。例:

아ᇡ개 아ᇡ닭 아ᇡ놈
숳개 숳닭 숳놈

(付記) 個別的な語彙として現れる「머리카락, 안팎, 휘파람」等は,そのまま表記する。

3. 従来「숟가락, 섣달, 이튿날, 사흗날」と表記した語は,各々「숫가락, 섯달, 이튼날, 사흔날」等と表記する。

4. 従来標準語として認められてきた次の語は,下記の通り改める。

새로 정한 표준어 종래의 표준어
곳(即)
곧(處)
우(上)
도적(盜賊) 도둑
빋(債)
모주리(皆) 모조리
쫑다(喙) 쪼다

5. 固有名詞の後に下線を引かないことを原則とする。

この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。