「女性のためのアジア平和国民基金」に関する中川内閣官房長官記者会見要旨

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
「女性のためのアジア平和国民基金」に関する中川内閣官房長官記者会見要旨
平成12年9月1日

 「女性のためのアジア平和国民基金」は、95(平成7)年7月の設立後、本年で5周年を迎え、本日は村山元総理が理事長に就任された。政府としては、村山新理事長の就任を心から歓迎し、この機会に同「基金」を設立し、支援してきた我が国政府の基本認識を改めて次の通り明らかにしておきたい。

我が国政府としては、いわゆる従軍慰安婦問題に関して道義的な責任を痛感しており、同「基金」を通じて、この問題に対し誠実に対応してきている。

本日、「女性のためのアジア平和国民基金」新理事長に村山元総理が就任され、先程森総理に就任挨拶をされた。本年、同「基金」は95年の設立から5周年を迎えたが、いわゆる従軍慰安婦問題について国民的な償いの気持ちを表すための同「基金」事業はおおむね順調に進んできている。そのうち、政府は同「基金」に対し政府予算を拠出し、同「基金」を通じて元慰安婦の方々に対する医療・福祉支援事業を実施してきている。また、広く国民の皆様から同「基金」に寄せられた募金は、約4億5千万円に上り、同「基金」ではこれを原資としてこれまで170名の元慰安婦の方々に「償い金」をお届けしていると承知している。

同「基金」が村山新理事長の下でいわゆる従軍慰安婦問題に係る事業をはじめ、「慰安婦」関連資料の収集・整理等の活動や、今日的な女性問題に関する事業に全力で取り組まれ、そうした事業が順調に進展することを願うとともに、政府としても、同「基金」の事業に対し引き続き出来る限りの協力を行っていく考えである。

この著作物は 政府標準利用規約(第2.0版)に準拠したウェブサイトの規約に定める条件下で利用することができます。 政府標準利用規約(第 2.0 版)が適用されるコンテンツでは「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際」と互換性がある旨明記されています。

 

この文書は、クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際ライセンスの下で利用を許諾されています。

 

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。