「いき」の構造/4

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

四 「いき」の自然的表現[編集]

 今迄は意識󠄂現象としての「いき」を考察して來た。今度は客觀的表現の形を取つた「いき」を、理解さるべき存在樣態と見て行かねばならぬ。意味としての「いき」の把握は、後者󠄃を前󠄃者󠄃の上に基礎附け、同時に全󠄃體の構󠄃造󠄃を會得する可能性に懸つてゐる。さて「いき」の客觀的表現は、自然形式としての表現、卽ち自然的表現と、藝術󠄃形式としての表現、卽ち藝術󠄃的表現との二つに區別することが出來る。この兩表現形式が果して截然たる區別を許すかの問題(一〇)、卽ち自然形式とは畢竟藝術󠄃形式に外ならないのではないかといふ問題は極めて興味ある問題であるが、今はその問題には觸れずに、單に便宜上、通󠄃俗の考へ方に從つて自然形式と藝術󠄃形式との二つに分󠄃けて見る。先づ自然形式としての表現に就て考へて見よう。自然形式と云へば、いはゆる「象徵󠄃的感情󠄃移入」の形で自然界に自然象徵󠄃を見る場合、例へば柳や小雨を「いき」と感ずる如き場合をも意味し得るが、茲では特に「本來的感情󠄃移入」の範圍に屬する身體的發表を自然形式と考へて置く。

 身體的發表としての「いき」の自然形式は、聽覺としては先づ言葉づかひ、卽ちものの言振りに表はれる。『男へ對しそのものいひは、あまえずして色氣あり』とか『言の葉草も野暮ならぬ』とかいふ場合がそれであるが、この種の「いき」は普通󠄃は一語の發音󠄃の仕方、語尾の抑揚などに特色をもつて來る。卽ち、一語を普通󠄃よりも稍長く引いて發音󠄃し、然る後、急󠄃に抑揚を附けて言ひ切ることは言葉󠄃遣としての「いき」の基礎をなしてゐる。この際、長く引いて發音󠄃した部分󠄃と、急󠄃に言ひ切つた部分󠄃とに、言葉󠄃のリズムの上の二元的對立が存在し、且つ、この二元的對立が「いき」のうちの媚態の二元性の客觀的表現と解される。音󠄃聲としては、甲走つた最高音󠄃よりも、稍さびの加はつた次󠄄高音󠄃の方が「いき」である。さうして、言葉󠄃のリズムの二元的對立が次󠄄高音󠄃によつて構󠄃成された場合に、「いき」の質料因と形相因とが完全に客觀化󠄃されるのである。しかし、身體的發表としての「いき」の表現の自然形式は視󠄃覺に於て最も明瞭な且つ多樣な形で見られる(一一)

 視󠄃覺に關する自然形式としての表現とは、姿󠄄勢、身振その他を含めた廣義の表情󠄃と、その表情󠄃の支持者󠄃たる基體とを指して云ふのである。先づ、全󠄃身に關しては、姿󠄄勢を輕く崩すことが「いき」の表現である。鳥居淸長の繪には、男姿󠄄、女姿󠄄、立姿󠄄、居姿󠄄、後姿󠄄、前󠄃向、横向などあらゆる意味に於て、またあらゆるニユアンスに於て、この表情󠄃が驚くべき感受性をもつて捉へてある。「いき」の質料因たる二元性としての媚態は、姿󠄄體の一元的平󠄃衡を破ることによつて、異性へ向ふ能動性および異性を迎󠄃ふる受動性を表現する。しかし「いき」の形相因たる非現實的理想性は、一元的平󠄃衡の破却に抑制と節󠄄度とを加へて、放縱なる二元性の措定を妨止する。『白楊の枝の上で體をゆすぶる』セイレネスの妖態や『サチロス仲間に氣に入る』バツクス祭尼の狂態、卽ち腰部を左右に振つて現實の露骨のうちに演ずる西洋流の媚態は、「いき」とは極めて緣遠󠄃い。「いき」は異性への方向をほのかに暗󠄃示するものである。姿󠄄勢の相稱性が打破せらるる場合に、中央の垂直線が、曲線への推移に於て、非現實的理想主義を自覺することが、「いき」の表現としては重要󠄃なことである。

 なほ、全󠄃身に關して「いき」の表現と見られるのはうすものを身に纏ふことである。『明石からほのぼのとすく緋縮緬』といふ句があるが、明石縮を着た女の緋の襦袢が透󠄃いて見えることを云つてゐる。うすもののモテイーフは屢々浮󠄃世繪にも見られる。さうしてこの場合、「いき」の質料因と形相因との關係が、うすものの透󠄃かしによる異性への通󠄃路開放と、うすものの覆ひによる通󠄃路封鎖として表現されてゐる。メデイチのヴエヌスは裸體に加へた兩手の位置によつて特に媚態を言表してゐるが、言表の仕方が餘りにあからさまに過󠄃ぎて「いき」とは云へない。また、巴里のルヴューに見る裸體が「いき」に對して何らの關心をももつてゐないことは云ふ迄もない。

 「いき」な姿󠄄としては湯上り姿󠄄もある。裸體を囘想として近󠄃接の過󠄃去にもち、あつさりした浴衣を無造󠄃作に着てゐるところに、媚態とその形相因とが表現を完うしてゐる。『いつも立寄る湯歸りの、姿󠄄も粹な』とは「春色辰巳園」の米八だけに限つたことではない。「垢拔」した湯上り姿󠄄は浮󠄃世繪にも多い畫面である。春信も湯上り姿󠄄を描いた。それのみならず旣󠄁に紅繪時代に於てさへ奧村政信や鳥居淸滿などによつて畫かれてゐることを思へば、いかに特殊の價値をもつてゐるかがわかる。歌麿󠄃も「婦󠄃女相學十躰」の一つとして浴後の女を描くことを忘れなかつた。然るに西洋の繪畫では、湯に入つてゐる女の裸體姿󠄄は往々あるに拘らず、湯上り姿󠄄は殆んど見出すことが出來ない。


 表情󠄃の支持者󠄃たる基體に就ていへば、姿󠄄が細つそりして柳腰であることが、「いき」の客觀的表現の一と考へ得る。この點󠄀に就て殆んど狂信的な信念を聲明してゐるのは歌麿󠄃である。また、文󠄃化󠄃文󠄃政の美人の典型も元祿美人に對して特にこの點を主張した。「浮世風呂」に『細くて、お綺麗で、意氣で』といふ形容詞の一聯がある。「いき」の形相因は非現實的理想性である。一般に非現實性、理想性を客觀的に表現しようとすれば、勢ひ細長い形を取つて來る。細長い形狀は肉の衰󠄄へを示すと共に靈の力を語る。精󠄃神自體を表現しようとしたグレコは細長い繪ばかり描いた。ゴシツクの彫󠄃刻󠄂も細長いことを特徵としてゐる。我々の想像する幽靈も常に細長い形をもつてゐる。「いき」が靈化󠄃された媚態である限り、「いき」な姿󠄄は細つそりしてゐなくてはならぬ。

 以上は全󠄃身に關する「いき」であつたが、なほ顏面に關しても基體としての顏面と、顏面の表情󠄃との二方面に「いき」が表現される。基體としての顏面、卽ち顏面の構造󠄃の上からは、一般的に云へば丸顏よりも細おもての方が「いき」に適󠄃合してゐる。『當世顏は少し丸く』と西鶴が言つた元祿󠄁の理想の豐麗な丸顏に對して、文󠄃化󠄃文󠄃政が細面の瀟洒を善しとしたことはそれを證してゐる。さうして、その理由が、姿󠄄全󠄃體の場合と同樣の根據に立つてゐるのは云ふ迄もない。

 顏面の表情󠄃が「いき」なるためには、眼と口と頰とに弛緩󠄃と緊張とを要󠄃する。これも全󠄃身の姿󠄄勢に輕微󠄄な平󠄃衡破却が必要󠄃であつたのと同じ理由から理解出來る。に就ては、流眄が媚態の普通󠄃の表現である。流眄、卽ち、流し目とは瞳の運󠄃動によつて、媚を異性にむかつて流し遣󠄃ることである。その樣態化󠄃としては橫目、上目、伏目がある。側面に異性を置いて橫目を送󠄃るのも媚であり、下を向いて上目ごしに正面の異性を見るのも媚である。伏目もまた異性に對して色気ある恥しさを暗󠄃示する點で媚の手段に用ひられる。これらのすべてに共通󠄃するところは、異性への運󠄃動を示すために、眼の平󠄃衡を破つて常態を崩すことである。しかし、單に「色目」だけでは未だ「いき」ではない。「いき」であるためには、なほ眼が過󠄃去の潤ひを想起󠄃させるだけの一種の光澤を帶び、瞳󠄂はかろらかな諦󠄂めと凛乎とした張りとを無言のうちに有力に語つてゐなければならぬ。は、異性間の通󠄃路としての現實性を具󠄄備してゐることと、運󠄃動に就て大なる可能性をもつてゐることとに基いて、「いき」の表現たる弛緩と緊張とを極めて明瞭な形で示し得るものである。「いき」の無目的な目的は唇の微󠄄動のリズムに客觀化󠄃される。さうして口紅は唇の重要󠄃性に印を押してゐる。は、微󠄄笑の音󠄃階を司つてゐる點で、表情󠄃上重要󠄃なものである。微󠄄笑としての「いき」は快活な長音󠄃階よりは寧󠄃ろ稍悲󠄃調を帶びた短音󠄃階を擇ぶのが普通󠄃である。西鶴は頰の色の『薄花󠄄櫻』であることを重要󠄃視してゐるが、「いき」な頰は吉井勇が『うつくしき女なれども小夜子はも凄艶なれば秋にたとへむ』と云つてゐるやうな秋の色を帶びる傾向をもつてゐる。要󠄃するに顏面に於ける「いき」の表現は、片目を塞いだり、口部を突󠄃出させたり、『雙頰でジャズを演奏する』などの西洋流の野暮さと絕緣することを豫件としてゐる。

 なほ一般に顏の粧ひに關しては、薄󠄄化󠄃粧が「いき」の表現と考へられる。江戶時代には京阪の女は濃艷な厚化󠄃粧を施したが、江戶ではそれを野暮と卑しんだ。江戶の遊󠄃女や藝者が「婀娜」と云つて貴んだのも薄󠄄化󠄃粧のことである。『あらひ粉にて磨󠄃きあげたる貌へ、仙女香をすりこみし薄󠄄化󠄃粧は、ことさらに奧ゆかし』と春水も云つてゐる。また西澤李叟は江戶の化󠄃粧に關して『かみがたの如く白粉べたべたと塗る事なく、至つて薄󠄄く目立たぬをよしとす、元來女は男めきたる氣性ある所󠄃の故なるべし』と云つてゐる。「いき」の質料因と形相因とが、化󠄃粧を施すという媚態の言表と、その化󠄃粧を暗󠄃示に止めるといふ理想性の措定とに表はれてゐる。

 髮は略式のものが「いき」を表現する。文󠄃化󠄃文󠄃政には正式な髮は丸髷と島田髷とであつた。且つ島田髷としては殆んど文󠄃金高髷に限られた。これに反して、「いき」と見られた結振りは銀杏髷、樂屋結など略式の髮か、さもなくば島田でも潰し島田、投げ島田など正形の崩れたものであつた。また特に粹を標榜してゐた深川の辰巳風俗としては、油を用ひない水髮が喜ばれた。『後ろを引詰め、たぼは上の方へあげて水髮にふつくりと少し出し』た姿󠄄は、『他所󠄃へ出してもあたま許りで辰巳仕入と見えたり』と「船󠄄頭深話」は云つてゐる。正式な平󠄃衡を破つて、髮の形を崩すところに異性へ向つて動く二元的「媚態」が表はれて來る。またその崩し方が輕妙である點に「垢拔」が表現される。『結ひそそくれしおくれ髮』や『ゆふべほつるる鬢の毛』がもつ「いき」も同じ理由から來てゐる。然るにメリサンドが長い髮を窓外のペレアスに投げかける所󠄃作には「いき」なところは少しもない。また一般にブロンドの髮のけばけばしい黃金色よりは、黑髮のみどりの方が「いき」の表現に適󠄃合性をもつてゐる。

 なほ「いき」なものとしては拔き衣紋が江戶時代から屋敷方以外で一般に流行した。襟足を見せるところに媚態がある。喜田川守貞の「近󠄃世風俗志」に「首筋に白粉󠄃ぬること一本足と號つて、際立たす」といひ、また特に遊󠄃女、町藝者󠄃の白粉󠄃に就て『頸は極て濃粧す』と云つてゐる。さうして首筋の濃粧は主として拔き衣紋󠄃の媚態を强調するためであつた。この拔き衣紋󠄃が「いき」の表現となる理由は、衣紋󠄃の平󠄃衡を輕く崩し、異性に對して肌への通󠄃路をほのかに暗󠄃示する點に存してゐる。また、西洋のデコルテのやうに、肩から胸部と背部との一帶を露出する野暮に陷らないところに、拔き衣紋󠄃の「いき」としての味があるのである。

 左褄を取ることも「いき」の表現である。『步く拍子に紅のはつちと淺黃縮緬の下帶がひらりひらりと見へ』とか『肌の雪󠄃と白き浴衣の間にちらつく緋縮緬の湯もじを蹴出すうつくしさ』とかは確かに「いき」の條件に適󠄃つてゐるに相違󠄄ない。「春吿鳥」の中で『入り來る婀娜者』は『褄をとつて白き足を見せ』てゐる。浮󠄃世繪師も種々の方法によつて脛を露出させてゐる。さうして、およそ裾さばきのもつ媚態をほのかな形で象徵化󠄃したものが卽󠄁ち左褄である。西洋近󠄃來の流行が、一方には裾を短くして殆んど膝まで出し、他方には肉色の靴󠄃下をはいて錯覺の效果を豫期してゐるのに比して、『ちよいと手がるく褄をとり』といふのは遙かに媚態としての纖巧を示してゐる。

 素足もまた「いき」の表現となる場合がある。『素足も、野暮な足袋ほしき、寒󠄃さもつらや』と云ひながら、江戶藝者󠄃は冬󠄃も素足を習󠄃とした。粹者󠄃の間にはそれを眞󠄃似て足袋を履かない者󠄃も多かつたといふ。着物に包󠄃んだ全󠄃身に對して足だけを露出させるのは確かに媚態の二元性を表はしてゐる。しかし、この着物と素足との關係は、全󠄃身を裸にして足だけに靴󠄃下または靴󠄃を履く西洋風の露骨さと反對の方向を採󠄃つてゐる。そこにまた素足の「いき」たる所󠄃以がある。

 手は媚態と深い關係をもつてゐる。「いき」の無關心な遊󠄃戲が男を魅惑する「手管」は單に「手附」に存する場合も決して少なくない。「いき」な手附は手を輕く反らせることや曲げることのニユアンスのうちに見られる。歌麿󠄃の繪のうちには全󠄃體の重心が手一つに置かれてゐるのがある。しかし、更󠄃に一步を進󠄃めて、手は顏に次󠄄いで、個人の性格を表はし、過󠄃去の體驗を語るものである。我々はロダンが何故に屢々手だけを作つたかを考へて見なければならぬ。手判󠄄斷は決して無意味なものではない。指先まで響󠄃いてゐる餘韻󠄃によつて魂そのものを判󠄄斷するのは不可能ではない。さうして、手が「いき」の表現となり得る可能性も畢竟󠄂この一點に懸つてゐる。

 以上、「いき」の身體的發表(一二)を、特にその視󠄃覺的發表を、全󠄃身、顏面、頭部、頸、脛、足、手に就て考察した。およそ意識󠄂現象としての「いき」は、異性に對する二元的措定としての媚態が、理想主義的非現實性によつて完成されたものであつた。その客觀的表現である自然形式の要󠄃點は、一元的平󠄃衡を輕妙に打破して二元性を暗󠄃示するといふ形を採󠄃るものとして闡明された。さうして、平󠄃衡を打破して二元性を措定する點に「いき」の質料因たる媚態が表現され、打破の仕方のもつ性格に形相因たる理想主義的非現實性が認󠄃められた。


註(一〇)この問題に關しては Utitz, Grundlegung der allgemeinen Kunstwissenschaft, 1914, I, S. 74ff. および Volkelt, System der Aesthetik, 1925, III, S. 3f. 參照。

(一一)味覺、嗅覺、觸覺に關する「いき」は、「いき」の構󠄃造󠄄を理解するために相當の重要󠄃性をもつてゐる。味覺としての「いき」に就ては次󠄄のことが云へる。第一に、「いき」な味とは、味覺が味覺だけで獨立したやうな單純なものではない。米八が「春色惠の花」のうちで『そんな色氣のないものをたべて』と貶した「附燒團子」は味覺の效果を殆んど味覺だけに限つてゐる。「いき」な味とは、味覺の上に、例へば「きのめ」や柚の嗅覺や、山椒や山葵の觸覺のやうなものの加はつた、刺戟の强い、複雜なものである。第二の點として、「いき」な味は、濃厚なものではない。淡白なものである。味覺としての「いき」は「けものたなの山鯨」よりも「永代の白魚」の方向に、「あなごの天麩󠄂羅」よりも「目川の田樂」の方向に索めて行かなければならない。要󠄃するに「いき」な味とは、味覺のほかに嗅覺や觸覺も共に働いて有機體に强い刺戟を與へるもの、しかも、あつさりした淡白なものである。しかしながら、味覺、嗅覺、觸覺などは身體的發表として「いき」の表現となるのではない。「象徵的感情󠄃移入」によつて一種の自然象徵が現出されるに過󠄃ぎない。身體的發表としての「いき」の自然形式は、聽覺と視󠄃覺に關するものと考へて差支ないであらう。さうして視󠄃覺に關してはアリストテレスが「形而上學」の卷󠄁頭に云つてゐる言葉がここにも妥󠄃當する。曰く『この感覺は他の感覺よりも我々にものを最もよく認識させ、また多くの差異を示す』(Aristoteles, Metaphysica A 1, 980a)。

(一二)「いき」の身體的發表はおのづから舞踊へ移つて行く。その推移には何等の作爲も無理もない。舞踊となつたときに初めて藝術󠄃と名付けて、身振と舞踊との間に境界を立てることに却つて作爲と無理とがある。アルベール・メーボンはその著󠄄「日本の演劇」のうちで、日本の藝者󠄃が『裝飾󠄃的および敍述󠄃的身振に巧妙である』ことを語つた後に、日本の舞踊に關して次󠄄のやうに云つてゐる。『身振によつて思想および感情󠄃を飜譯することに就ては日本派󠄄のもつてゐる知識は無盡藏である。……足と脛とは拍子の主󠄃調を明かにし且つ保つ役をする。軀幹、肩、頸、首、腕、手、指は心的表現の道󠄃具󠄄である』(Albert Maybon, Le théâtre japonais, 1925, pp. 75-76)。我々はいま便󠄃宜上、「いき」の身體的發表を自然形式と見て、舞踊から離して取扱つた。しかし、なほこの上に舞踊のうちにあらはれてゐる「いき」の藝術󠄃形式を考察することは、恐らく「いき」の自然形式の考察を繰返󠄄へすことに終󠄃るか、またはそれに些少の變更󠄃を加へるに止まるであらう。