論語 (漢文叢書)/上論上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


學而第一[編集]

卷之一

がくじ第一


一之一

子曰:「學而時習之,不亦說乎?有朋自遠方來,不亦樂乎?人不知而不慍,不亦君子乎?」

曰く、まなびてときに之をならふ、またよろこばしからずや。ともえんぱうよりきたり、亦たのしからずや。ひとらずしてうらみず、亦くんしならずや。〉


一之二

有子曰:「其爲人也孝弟,而好犯上者,鮮矣;不好犯上,而好作亂者,未之有也!君子務本,本立而道生;孝弟也者,其爲仁之本歟?」

いうし曰く、其のひとりやかうていにして、而してかみおかすをこのものすくなし。上を犯すを好まずして、而してらんすを好む者は、いまだ之れらざるなり。くんしもとつとむ、本ちて而してみちしやうず、かうていなる者はじんもとたるか。〉


一之三

子曰:「巧言令色,鮮矣仁!」

〈子曰く、かうげんれいしよくすくなじん。〉


一之四

曾子曰:「吾日三省吾身:爲人謀,而不忠乎?與朋友交,而不信乎?傳,不習乎?」

そうし曰く、に吾がさんせいす、人のめにはかりてちうならざるか、ほういうまじわりてしんならざるか、でんならはざるか。〉


一之五

子曰:「道千乘之國,敬事而信,節用而愛人,使民以時。」

〈子曰く、せんじようくにをさむるには、ことつゝしみてしんようせつしてひとあいし、たみつかふにときもつてす。〉


一之六

子曰:「弟子入則孝,出則弟;謹而信,汎愛衆;而親仁,行有餘力,則以學文。」

〈子曰く、ていしりてはすなはかうでてはすなはていつゝしんで而してしんひろしうあいしてじんしたしむ。おこなひてよりよくれば、すなはもつぶんまなべ。〉


一之七

子夏曰:「賢賢易色;事父母能竭其力,事君能致其身,與朋友交,言而有信,雖曰未學,吾必謂之學矣。」

しか曰く、けんけんとしていろへ、ふぼつかへてそのちからつくし、きみつかへてそのみいたし、ほういうまじはり、ひてしんらば、いままなばずとふといへども、われかならこれまなびたりとはん。〉


一之八

子曰:「君子不重則不威,學則不固。主忠信,無友不如己者,過則勿憚改。」

〈子曰く、くんしおもからざれば則ちあらず、まなべば則ちならず、ちうしんしゆとし、おのれかざるものをともとするなかれ。あやまたば則ちあらたむるにはゞかなかれ。〉


一之九

曾子曰:「愼終追遠,民德歸厚矣。」

〈曾子曰く、をはりつゝしとほきをへば、たみとくあつきにす。〉


一之十

子禽問於子貢曰:「夫子至於是邦也,必聞其政,求之與?抑與之與?」子貢曰:「夫子溫、良、恭、儉、讓以得之。夫子之求之也,其諸異乎人之求之與!」

しきんしこううて曰く、ふうしこのくにいたるや、かならそのまつりごとけり、れをもとめたるか、そもそも之れをあたへたるか。子貢曰く、夫子はをんりやうきようけんじやう以て之れをたり、夫子の之れを求むるや、れ人の之れを求むるにことなるか。〉


一之十一

子曰:「父在觀其志,父沒觀其行。三年無改於父之道,可謂孝矣。」

〈子曰く、父いませば其こゝろざし、父ぼつすれば其おこなひる、三年父のみちあらたむるきは、かうし。〉


一之十二

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」

いうし曰く、れいつてたふとしとる、せんわうみちれをす。せうだいれにれば、おこなはれざるところあり、りてすれども、れいもつて之れをせつせざれば、またおこなからざるなり。〉


一之十三

有子曰:「信近於義,言可復也;恭近於禮,遠恥辱也。因不失其親,亦可宗也。」

いうし曰く、しんちかければ、げんむべきなり、きようれいに近ければ、ちじよくに遠ざかる、いんそのしんうしなはざれば、またたつとぶべきなり。〉


一之十四

子曰:「君子食無求飽,居無求安,敏於事而愼於言,就有道而正焉:可謂好學也已。」

〈子曰く、くんししよくくことをもとむるく、きよやすきことを求むる無し、ことびんにして、而してげんつゝしみ、いうだうきてたださば、がくこのむときのみ。〉


一之十五

子貢曰:「貧而無諂,富而無驕,何如?」子曰:「可也。未若貧而樂,富而好禮者也」。子貢曰:「詩云『如切如磋,如琢如磨。』其斯之謂與?」子曰:「賜也,始可與言詩已矣!吿諸往而知來者。」

しこう曰く、ひんにしてへつらふことく、んでおごきはいかん。子曰く、なり、未だひんにしてたのしみ、みてれいこのものかざるなり。子貢曰く、ふ、せつするがごとするがごとく、たくするがごとするがごとしとは、れのひか。子曰く、や、はじめてともきのみ、これわうげて、しかうしてらいる者なり。〉


一之十六

子曰:「不患人之不己知,患不知人也。」

〈子曰く、人のおのれを知らざるをうれへず、人を知らざるを患ふるなり。〉


爲政第二[編集]

ゐせい第二


二之一

子曰:「爲政以德,譬如北辰,居其所,而衆星共之。」

〈子曰く、まつりごとすにとくもつてせば、たとへばほくしんそのところしうせい之にむかふがごときなり。〉


二之二

子曰:「詩三百,一言以蔽之,曰思無邪。」

〈子曰く、さんびやくいちげんもつれをおほへば、曰くおもよこしまし。〉


二之三

子曰:「道之以政,齊之以刑,民免而無恥;道之以德,齊之以禮,有恥且格。」

〈子曰く、れをみちびくにまつりごともつてし、れをひとしくするにけいを以てすれば、民まぬかれてづるし。之れをみちびくにとくを以てし、之れを齊しくするにれいを以てすれば、づるりてただす。〉


二之四

子曰:「吾十有五而志於學;三十而立;四十而不惑;五十而知天命;六十而耳順;七十而從心所欲,不踰矩。」

〈子曰く、じふいうごにしてがくこゝろざし、三十にしてち、四十にしてまどはず、五十にしててんめいを知り、六十にしてみゝしたがふ、七十にしてこゝろほつするところしたがへども、のりえず。〉


二之五

孟懿子問孝。子曰:「無違。」樊遲御,子吿之曰:「孟孫問孝於我,我對曰:『無違。』」樊遲曰:「何謂也?」子曰:「生,事之以禮;死,葬之以禮,祭之以禮。」

まういしかうふ、子曰く、たがなかれ。はんちぎよたり、れにげて曰く、まうそんかうわれふ、われこたへて曰くたがなかれと。樊遲曰く、なんいひぞや。子曰く、いけるには之れにつかふるにれいもつてし、せるには之れをほうむるにれいを以てし、之れをまつるに禮を以てす。〉


二之六

孟武伯問孝。子曰:「父母,唯其疾之憂。」

まうぶはくかうふ、子曰く、父母はたゞやまひを之れうれふ。〉


二之七

子游問孝。子曰:「今之孝者,是謂能養。至於犬馬,皆能有養。不敬,何以別乎?」

しいうかうふ、子曰く、いまの孝はれをやしなふとふ、けんばいたるまでみなやしなう有り、けいせずんば、何を以てわかたん。〉


二之八

子夏問孝。子曰:「色難。有事,弟子服其勞;有酒食,先生饌。曾是以爲孝乎?」

しかかうふ、子曰く、いろかたし、ことればていしらうふくし、しゆしあればせんせいせんす、かつこゝもつかうるか。〉


二之九

子曰:「吾與回言終日,不違如愚。退而省其私,亦足以發。回也不愚。」

〈子曰く、吾れくわいふ、しゆうじつたがはざることなるがごとし、しりぞいてそのわたくしかへりみれば、またもつはつするにれり、くわいならず。〉


二之十

子曰:「視其所以,觀其所由,察其所安,人焉廋哉!人焉廋哉!」

〈子曰く、ところところやすんずるところれば、ひといづくんぞかくさんや、人焉んぞ廋さんや。〉


二之十一

子曰:「溫故而知新,可以爲師矣。」

〈子曰く、ふるきをたづねてあたらしきをる、もつし。〉


二之十二

子曰:「君子不器。」

〈子曰く、くんしならず。〉


二之十三

子貢問君子。子曰:「先行其言,而後從之。」

しこうくんしふ。子曰く、おこなひをさきにし、げんしかしてのちれにしたがふ。〉


二之十四

子曰:「君子周而不比,小人比而不周。」

〈子曰く、くんししうしてせず、せうじんは比して周せず。〉


二之十五

子曰:「學而不思則罔,思而不學則殆。」

〈子曰く、まなびておもはざれば、すなはくらし、おもひてまなばざればすなはあやふし。〉


二之十六

子曰:「攻乎異端,斯害也已。」

〈子曰く、いたんをさむるは、がいあるのみ。〉


二之十七

子曰:「由,誨女知之乎!知之爲知之,不知爲不知,是知也。」

〈子曰く、ゆうなんぢれをるををしへんか、之れをるはれをるとし、らざるはらずとせ、るなり。〉


二之十八

子張學干祿。子曰:「多聞闕疑,慎言其餘,則寡尤;多見闕殆,慎行其餘,則寡悔。言寡尤,行寡悔,祿在其中矣。」

しちやうろくもとむるをまなぶ。子曰く、おほきてうたがはしきをき、つゝしんでそのよへば、則ちとがすくなし、おほうたがはしきをき、つゝしんでそのよおこなへば、すなはすくなし、げんとがすくなく、おこなひすくなければろくそのうちり。〉


二之十九

哀公問曰:「何爲則民服?」孔子對曰:「擧直錯諸枉,則民服;擧枉錯諸直,則民不服。」

あいこううていはく、なにさばすなはたみふくせん。こうしこたへていはく、なほきをげてこれまがれるにけばすなはたみふくす、まがれるを擧げてこれなほきにけば、すなはたみふくせず。〉


二之二十

季康子問:「使民敬忠以勸,如之何?」子曰:「臨之以莊,則敬;孝慈,則忠;擧善而敎不能,則勸。」

きかうしふ、たみをしてけいちうもつすゝましむるにはれをいかん。子曰く、之れにのぞむにさうもつてすれば、すなはけいす、かうじなればすなはちうぜんげてふのうをしふれば則ちすゝまん。〉


二之二一

或謂孔子曰:「子奚不爲政?」子曰:「《書》云『孝乎惟孝,友於兄弟。』施於有政,是亦爲政,奚其爲爲政?」

あるひと孔子につて曰く、なんまつりごとさざると。曰く、しよふ、かうかうけいていいうに、いうせいくと、また政をすなり、なんぞ其れ政をすをん。〉


二之二二

子曰:「人而無信,不知其可也。大車無輗,小車無軏,其何以行之哉?」

〈子曰く、人にしてしんくんば、なるをらず、たいしやげいなく、せうしやげつくんば、なにもつれをやらん。〉


二之二三

子張問:「十世可知也?」子曰:「殷因於夏禮,所損益可知也;周因於殷禮,所損益可知也;其或繼周者,雖百世可知也。」

しちやうふ、じつせいきや、子曰く、いんれいれり、そんえきするところし、しういんれいれり、損益する所知る可し、れ周にものらば、ひやくせいいへどきなり。〉


二之二四

子曰:「非其鬼而祭之,諂也。見義不爲,無勇也。」

〈子曰く、そのきらずしてれをまつるは、へつらふなり、を見てざるは、ゆう無きなり。〉


八佾第三[編集]

卷之二

はちいつ第三


三之一

孔子謂季氏:「八佾舞於庭。是可忍也,孰不可忍也!」

〈孔子季氏を謂ふ。八いつして庭に舞はす、是れを忍ぶ可んば、孰れか忍ぶ可からざらん。〉


三之二

三家者,以雍徹。子曰:「『相維辟公,天子穆穆。』奚取於三家之堂?」

さんかしやようを以て徹す。子曰く、たすくるはへきこうあり、てんしぼくぼくたりと。なんさんかだうらん。〉


三之三

子曰:「人而不仁,如禮何?人而不仁,如樂何?」

〈子曰く、ひとにしてふじんならば、れいいかんせん、人にして不仁ならば、がくいかんせん。〉


三之四

林放問禮之本。子曰:「大哉問!禮,與其奢也,寧儉;喪,與其易也,寧戚。」

りんぱうれいもとふ。子曰く、おほいなるかなとひや。れいおごらんりはむしけんせよ、そなはらんりはむしいためよ。〉


三之五

子曰:「夷狄之有君,不如諸夏之亡也。」

〈子曰く、いてききみあるは、しよかきにかず。〉


三之六

季氏旅於泰山。子謂冉有曰:「女弗能救與?」對曰:「不能。」子曰:「嗚呼!曾謂泰山不如林放乎?」

きしたいざんりよす。ぜんいうつて曰く、なんぢすくあたはざるかと。こたへて曰く、能はずと。子曰く、あゝかつたいざんりんぱうかずとおもへるか。〉


三之七

子曰:「君子無所爭,必也射乎!揖讓而升,下而飮,其爭也君子。」

〈子曰く、くんしあらそところし、かならずやしやか、いうじやうしてしようかし、しかうしてましむ。其のあらそひや君子なり。〉


三之八

子夏問曰:「『巧笑倩兮,美目盼兮,素以爲絢兮。』何謂也?」子曰:「繪事後素。」曰:「禮後乎?」子曰:「起予者商也,始可與言《詩》已矣。」

〈子夏問うて曰く、かうせうせんたり、びもくへんたり、もつけんすとは、なんいひぞや。子曰く、ことしろきをのちにす。曰く、禮は後か。子曰く、おこものなり。しやうはじめてともきのみ。〉


三之九

子曰:「夏禮,吾能言之,杞不足徵也;殷禮,吾能言之,宋不足徵也。文獻不足故也,足,則吾能徵之矣。」

〈子曰く、れいれをへども、ちようするにらざるなり。いんの禮は吾れ能く之れを言へども、そう徵するに足らざるなり。ぶんけんらざるが故なり。足らば則吾能く之れを徵せん。〉


三之十

子曰:「禘自既灌而往者,吾不欲觀之矣。」

〈子曰く、ていは既にくわんしてのち、吾れ之れをるをほつせず。〉


三之十一

或問「禘」之說。子曰:「不知也。知其說者之於天下也,其如示諸斯乎?」指其掌。

あるひとていせつを問ふ。子曰く、知らざるなり。其のせつる者のてんかけるや、これこゝくがごときかとて、たなごころす。〉


三之十二

祭如在,祭神如神在。子曰:「吾不與祭,如不祭。」

まつればいますがごとく、かみまつれば神在すが如し。子曰く、吾れ祭にあづからざれば祭らざるが如し。〉


三之十三

王孫賈問曰:「『與其媚於奧,寧媚於竈。』何謂也?」子曰:「不然。獲罪於天,無所禱也。」

わうそんかうて曰く、其のあうびんりは、むしかまどびよとは、なんいひぞや。子曰く、然らず、つみてんれば、いのところし。〉


三之十四

子曰:「周監於二代,郁郁乎文哉!吾從周。」

〈子曰く、しうは二代をかんすれば、いくいくことしてぶんなるかな、われしうしたがはん。〉


三之十五

子入太廟,每事問。或曰:「孰謂鄹人之子知禮乎?入太廟,每事問。」子聞之曰:「是禮也!」

たいべうつて、ことごとふ、あるひと曰く、たれすうひとれいを知るとへる、太廟に入つて事每に問ふと。子之れをきて曰く、れ禮なり。〉


三之十六

子曰:「射不主皮,爲力不同科,古之道也。」

〈子曰く、しやしゆひせず、ちからしなおなじうせざるが爲なり、いにしへみちなり。〉


三之十七

子貢欲去吿朔之餼羊。子曰:「賜也!爾愛其羊,我愛其禮。」

しこうこくさくきやうらんとほつす。子曰く、や、なんぢそのひつじあいす、われは其れいを愛す。〉


三之十八

子曰:「事君盡禮,人以爲諂也。」

〈子曰く、きみつかふるにれいくせば、ひともつへつらふとすなり。〉


三之十九

定公問:「君使臣,臣事君,如之何?」孔子對曰:「君使臣以禮,臣事君以忠。」

ていこうふ、きみしんつかひ、しんきみつかふるは、之れをいかにすべき。こうしこたへて曰く、きみしんを使ふに禮を以てし、しんきみつかふるに忠を以てす。〉


三之二十

子曰:「《關雎》,樂而不淫,哀而不傷。」

〈子曰く、くわんしよたのしんでいんせず、かなしんでしやうせず。〉


三之二一

哀公問社於宰我。宰我對曰:「夏后氏以松,殷人以柏,周人以栗。曰:『使民戰栗。』子聞之,曰:「成事不說,遂事不諫,既往不咎。」

あいこうしやさいがふ。さいがこたへて曰く、かこうしまつもつてし、いんひとはくを以てし、しうひとりつを以てし、曰く、たみをしてせんりつせしむと。子之れをきて曰く、せいじかず、すゐじいさめず、きわうとがめず。〉


三之二二

子曰:「管仲之器小哉!」或曰:「管仲儉乎?」曰:「管氏有三歸,官事不攝,焉得儉?」「然則管仲知禮乎?」曰:「邦君樹塞門,管氏亦樹塞門。邦君爲兩君之好,有反坫,管氏亦有反坫。管氏而知禮,孰不知禮?」

〈子曰く、くわんちうせうなるかな。あるひと曰く、管仲はけんか。曰く、くわんしさんきり、くわんじねず、いづくんぞけんん。しからばすなはくわんちうれいれるか。曰く、はうくんじゆしてもんふさぐ、菅氏も亦樹して門を塞ぐ、邦君りやうくんよしみすにはんてんり、くわんしまたはんてん有り、菅氏にして禮を知らば、たれれいらざらん。〉


三之二三

子語魯大師樂,曰:「樂其可知也。始作,翕如也。從之,純如也,皦如也,繹如也。以成。」

たいしがくかたりて曰く、がくきなり。はじおこきふじよたり。之れをはなじゆんじよたり、けふじよたり、えきじよたり、以てる。〉


三之二四

儀封人請見,曰:「君子之至於斯也,吾未嘗不得見也。」從者見之。出曰:「二三子,何患於喪乎?天下之無道也久矣,天將以夫子爲木鐸。」

はうじんまみえんとふ。曰く、君子のこゝいたるや、いまかつまみゆるをずんばあらずと。じゆうしやれに見えしむ。いでて曰く、二三子何ぞさううれへん、てんかみちなきやひさし、てんまさふうしを以てぼくたくさんとすと。〉


三之二五

子謂韶:「盡美矣,又盡善也。」謂武:「盡美矣,未盡善也。」

せうふ。つくし、またぜんつくせり。ふ、つくし、いまぜんを盡さざるなり。〉


三之二六

子曰:「居上不寬,爲禮不敬,臨喪不哀,吾何以觀之哉!」

〈子曰く、かみくわんならず、れいしてけいせず、のぞんでかなしまずんば、吾れ何を以て之れをんや。〉


里仁第四[編集]

りじん第四


四之一

子曰:「里仁爲美。擇不處仁,焉得知?」

〈子曰く、じんるをす、えらんでじんらざれば、いづくんぞたるをん。〉


四之二

子曰:「不仁者,不可以久處約,不可以長處樂。仁者安仁;知者利仁。」

〈子曰く、ふじんしやもつひさしくやくからず、もつながらくからず、じんしやは仁にやすんじ、ちしやは仁をす。〉


四之三

子曰:「惟仁者能好人,能惡人。」

〈子曰く、たゞじんしやひとこのみ、ひとにくむ。〉


四之四

子曰:「苟志於仁矣,無惡也。」

〈子曰く、いやしくじんこゝろざさばあくなきなり。〉


四之五

子曰:「富與貴,是人之所欲也,不以其道得之,不處也。貧與賤,是人之所惡也;不以其道得之,不去也。君子去仁,惡乎成名?君子無終食之閒違仁,造次必於是,顚沛必於是。」

曰く、とみたふときとは、ひとほつするところなり、みちもつれをざれば、らざるなり。まづしきいやしきとは、ひとにくところなり、みちもつれをざれば、らざるなり。くんしじんを去りていづくにかさん、君子はしよくふるのあひだじんたがふことなし、ざうじにもかならこゝおいてし、てんぱいにもかならこゝおいてす。〉


四之六

子曰:「我未見好仁者,惡不仁者。好仁者,無以尙之;惡不仁者,其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎?我未見力不足者!蓋有之矣,我未之見也。」

〈子曰く、われいまじんこのものふじんにくものず、じんこのものもつれにくはふるなし、ふじんにくものも、れ仁たり、不仁者をしてそのみくはへしめざればなり、いちじつそのちからじんもちふるらんか、われ未だちかららざるものず、けだらん、われいまれをざるなり。〉


四之七

子曰:「人之過也,各於其黨。觀過,斯知仁矣。」

〈子曰く、ひとあやまちや、おのそのたうおいてす、あやまちればこゝじんる。〉


四之八

子曰:「朝聞道,夕死可矣!」

〈子曰く、あしたみちかば、ゆふべすともなり。〉


四之九

子曰:「士志於道,而恥惡衣惡食者,未足與議也!」

〈子曰く、みちこゝろざして、あくいあくしよくづるものは、いまともはかるにらざるなり。〉


四之十

子曰:「君子之於天下也,無適也,無莫也,義之與比。」

〈子曰く、くんしてんかけるや、てきなきなり、ばくなきなり、れとともしたがふ。〉


四之十一

子曰:「君子懷德,小人懷土;君子懷刑,小人懷惠。」

〈子曰く、くんしとくおもへば、せうじんおもひ、君子はけいおもへば、せうじんけいおもふ。〉


四之十二

子曰:「放於利而行,多怨。」

〈子曰く、りておこなへば、うらおほし。〉


四之十三

子曰:「能以禮讓爲國乎,何有?不能以禮讓爲國,如禮何?」

〈子曰く、れいじやうもつくにをさめんか、なにらん、れいじやうもつくにをさむることあたはざれば、れいいかにせん。〉


四之十四

子曰:「不患無位,患所以立。不患莫己知,求爲可知也。」

〈子曰く、くらゐなきをうれへず、ゆゑんうれふ、おのれきをうれへず、らるきをすをもとむるなり。〉


四之十五

子曰:「參乎!吾道一以貫之。」曾子曰:「唯。」子出,門人問曰:「何謂也?」曾子曰:「夫子之道,忠恕而已矣!」

〈子曰く、しんか、みちいつもつれをつらぬく。そうし曰く、づ。もんじんふ、いはなんひぞや。そうしいはく、ふうしの道は、ちうじよのみ。〉


四之十六

子曰:「君子喻於義,小人喻於利。」

〈子曰く、くんしさとり、せうじんさとる。〉


四之十七

子曰:「見賢思齊焉,見不賢而內自省也。」

〈子曰く、けんてはひとしからんことをおもひ、ふけんてはうちみづかかへりみるなり。〉


四之十八

子曰:「事父母幾諫;見志不從,又敬而不違,勞而不怨。」

〈子曰く、ふぼつかふるにはきかんす、こゝろざししたがはざるをては、またけいしてたがはず、らうしてうらみず。〉


四之十九

子曰:「父母在,不遠遊;遊必有方。」

〈子曰く、ふぼいませば、とほあそばず、あそべばかならはうり。〉


四之二十

子曰:「三年無改於父之道,可謂孝矣。」

〈子曰く、さんねんちゝみちあらたむるなき、かうふ可し。〉


四之二一

子曰:「父母之年,不可不知也。一則以喜,一則以懼。」

〈子曰く、ふぼとしは、らざるからざるなり、いつすなはもつよろこび、いつすなはもつおそる。〉


四之二二

子曰:「古者言之不出,恥躬之不逮也。」

〈子曰く、こしやげんいださざるは、およばざるをづればなり。〉


四之二三

子曰:「以約失之者,鮮矣。」

〈子曰く、やくもつれをうしなものすくなし。〉


四之二四

子曰:「君子欲訥於言而敏於行。」

〈子曰く、くんしげんとつにしておこなひびんならんことをほつす。〉


四之二五

子曰:「德不孤,必有鄰。」

〈子曰く、とくならず、かならとなりり。〉


四之二六

子游曰:「事君數,斯辱矣。朋友數,斯疏矣。」

しいういはく、きみつかへてしばしばすれば、こゝはづかしめらる、ほういうしばしばすれば、こゝうとんぜらる。〉


公冶長第五[編集]

卷之三

こうやちやう第五


五之一

子謂公冶長,「可妻也;雖在縲絏之中,非其罪也。」以其子妻之。

こうやちやうふ。めあはすきなり、るゐせつうちりといへども、其つみあらざるなりと。其もつて之れにめあはす。〉


五之二

子謂南容,「邦有道,不廢;邦無道,免於刑戮。」以其兄之子妻之。

なんようふ。くにみちあればてられず、くにみちきもけいりくまぬがると。其あにもつて之れにめあはす。〉


五之三

子謂子賤:「君子哉若人!魯無君子者,斯焉取斯?」

しせんふ、くんしなるかな、かくのごとひとくんしなる者くば、斯れいづくんぞれをらんと。〉


五之四

子貢問曰:「賜也何如?」子曰:「女器也」。曰:「何器也?」曰:「瑚璉也。」

しこううていはく、いかん。子曰く、なんぢなり。曰く、なんぞ。曰く、これんなり。〉


五之五

或曰:「雍也,仁而不佞。」子曰:「焉用佞?禦人以口給,屢憎於人。不知其仁;焉用佞?」

あるひと曰く、ようじんなれどもねいならずと。子曰く、いづくんぞねいもちひん、ひとあたるにこうきふもつてすれば、しばしばひとにくまる。其じんらず、いづくんぞねいもちひん。〉


五之六

子使漆雕開仕。對曰:「吾斯之未能信。」子說。

しつてうかいをしてつかへしむ。こたへて曰く、れを之れいましんずるあたはずと。よろこぶ。〉


五之七

子曰:「道不行,乘桴浮於海,從我者,其由與?」子路聞之喜。子曰:「由也,好勇過我,無所取材。」

〈子曰く、みちおこなわれず、いかだりてうみうかばん、われしたがものいうなるか。しろれをきてよろこぶ。子曰く、いうゆうこのむことわれぎたり、ざいところなしと。〉


五之八

孟武伯問:「子路仁乎?」子曰:「不知也。」又問,子曰:「由也,千乘之國,可使治其賦也;不知其仁也。」「求也何如?」子曰:「求也,千室之邑,百乘之家,可使爲之宰也;不知其仁也。」「赤也何如?」子曰:「赤也,束帶立於朝,可使與賓客言也;不知其仁也。」

まうぶはくふ、しろじんなるか。子曰く、知らざるなり。またふ。子曰く、いうせんじようくにそのふをさめしむべきなり、其じんらざるなりと。きういかん。子曰く、きうせんしついふひやくじよういへ、之れがさいたらしむべきなり。其じんらざるなり。せきいかん。子曰く、せきそくたいしててうち、ひんかくと言はしむべきなり、其じんらざるなり。〉


五之九

子謂子貢曰:「女與回也孰愈?」對曰:「賜也何敢望回!回也聞一以知十,賜也聞一以知二。」子曰:「弗如也。吾與女,弗如也。」

しこうつて曰く、なんぢくわいいづれかまされる。こたへて曰く、や、なんあへくわいのぞまん。くわいや、一をきて以て十を知り、や一をきてもつて二を知る。子曰く、しかざるなり、なんぢしかざるなり。〉


五之十

宰予晝寢。子曰:「朽木不可雕也,糞土之牆,不可杇也;於予與何誅!」子曰:「始吾於人也,聽其言而信其行;今吾於人也,聽其言而觀其行;於予與改是。」

さいよひるしんす。子曰く、きうぼくからざるなり、ふんどかきからざるなり、おいなんめん。子曰く、はじひとけるや、そのげんきて、其おこなひしんぜり、いまひとおいてや、其げんきて、其おこなひる、おいてか是れをあらたむ。〉


五之十一

子曰:「吾未見剛者。」或對曰:「申棖。」子曰:「棖也慾!焉得剛?」

〈子曰く、いまがうしやを見ず、あるひとこたへて曰く、しんたうと。子曰く、たうよくあり、いづくんぞがうん。〉


五之十二

子貢曰:「我不欲人之加諸我也,吾亦欲無加諸人。」子曰:「賜也,非爾所及也!」

しこう曰く、我れ人のこれれにくはふるをほつせざるや、またこれひとくはふるからんをほつす。曰く、や、なんぢおよところにあらざるなり。〉


五之十三

子貢曰:「夫子之文章,可得而聞也;夫子之言性與天道,不可得而聞也。」

しこういはく、ふうしぶんしやうは、きなり、ふうしせいてんだうとを言ふは、くべからず。〉


五之十四

子路有聞,未之能行,唯恐有聞。

しろくことありて、いまだ之れをおこなあたはずんば、たゞくことあるをおそる。〉


五之十五

子貢問曰:「孔文子,何以謂之文也?」子曰:「敏而好學,不恥下問,是以謂之文也。」

しこうふ、曰く、こうぶんしなにもつて之れをぶんふ、子曰く、びんにしてがくこのかもんぢず、れをもつて之れをぶんふなり。〉


五之十六

子謂子產:「有君子之道四焉:其行己也恭,其事上也敬,其養民也惠,其使民也義。」

しさんふ、くんしみち四有り、其のおのれおこなふやきよう、其のかみつかふるやけい、其のたみやしなふやけいたみつかふやと。〉


五之十七

子曰:「晏平仲善與人交,久而敬之。」

〈子曰く、あんぺいちうひとまじはる、ひさしくして之れをけいす。〉


五之十八

子曰:「臧文仲居蔡,山節藻梲。何如其知也?」

〈子曰く、ぞうぶんちうさいく、せつやまにしせつにす、いかんならん。〉


五之十九

子張問曰:「令尹子文,三仕爲令尹,無喜色;三已之,無慍色。舊令尹之政,必以吿新令尹。何如?」子曰:「忠矣。」曰:「仁矣乎?」曰:「未知,焉得仁?」「崔子弒齊君,陳文子有馬十乘,棄而違之,至於他邦,則曰:『猶吾大夫崔子也!』違之,之一邦,則又曰:『猶吾大夫崔子也!』違之。何如?」子曰:「淸矣。」曰:「仁矣乎?」曰:「未知,焉得仁?」

しちやうふ。曰く、れいいんしぶんたびつかへてれいいんり、きしよくなし、三たび之れをめられてうらめいろなし、きうれいいんまつりごとは、かならず以てしんれいいんぐ、いかん曰く、ちうなり。曰く、じんなるか。曰く、いまらず。いづくんぞじんん。さいしせいくんしいす。ちんぶんしうまじようあり、てて之れをる。たはういたればすなはいはく、われたいふさいしのごときなりと。之れをる。一はうきてはすなはまた曰く、たいふさいしごときなりと。之をる。いかん曰く、きよし。曰く、じんなるか。曰く、いまだ知らず。いづくんぞじんなるをん。〉


五之二十

季文子三思而後行。子聞之曰:「再,斯可矣!」

きぶんしさんししてしかる後におこなふ。之れをきて曰く、ふたたびせばこゝなり。〉


五之二一

子曰:「甯武子,邦有道則知;邦無道則愚。其知可及也,其愚不可及也。」

〈子曰く、ねいぶしくにみちればすなはち知、くにみちければすなは、其およぶ可きなり、其およからざるなり。〉


五之二二

子在陳,曰:「歸與!歸與!吾黨之小子狂簡,斐然成章,不知所以裁之。」

ちんり、曰く、かへらんかかへらんか、わがたうせうしきやうかんひぜんとしてしやうす、之れをさいするゆゑんらず。〉


五之二三

子曰:「伯夷、叔齊,不念舊惡,怨是用希。」

〈子曰く、はくいしゆくせいは、きうあくおもはず、うらみここつてまれなり。〉


五之二四

子曰:「孰謂微生高直?或乞醯焉,乞諸其鄰而與之。」

〈子曰く、れかびせいかうなほしとふ。あるひとふ、これを其のとなりひて之れを與ふ。〉


五之二五

子曰:「巧言、令色、足恭,左丘明恥之,丘亦恥之。匿怨而友其人,左丘明恥之,丘亦恥之。」

〈子曰く、こうげんれいしよくすうきようする、さきうめい之れをづ、きうまたれをづ、うらみかくして其ひとともとするはさきうめい之れをづ、きうまた之れをづ。〉


五之二六

顏淵、季路侍。子曰:「盍各言爾志?」子路曰:「願車馬、衣、輕裘,與朋友共,敝之而無憾。」顏淵曰:「願無伐善,無施勞。」子路曰:「願聞子之志。」子曰:「老者安之,朋友信之,少者懷之。」

がんゑんきろす。子曰く、なんおのおのなんぢこゝろざしはざる。しろいはく、ねがはくはしやばけいきうほういうともに之れをやぶりて、うらけん。がんゑん曰く、ねがはくはぜんほこる無く、らうほどこけん。しろ曰く、ねがはくはこゝろざしかん。子曰く、らうしや之れをやすんじ、ほういう之れをしんじ、せうしやは之れをなつかしめん。〉


五之二七

子曰:「已矣乎!吾未見能見其過,而內自訟者也。」

〈子曰く、やんぬるかな、われいまく其あやまちうちみづかむるものを見ざるなり。〉


五之二八

子曰:「十室之邑,必有忠信如丘者焉,不如丘之好學也。」

〈子曰く、じつしついふかならちうしんきうごとき者あらん、きうがくこのむにかざるなり。〉