會計法

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

朕樞密顧問ノ諮詢ヲ經テ會計法ヲ裁可シ之ヲ公布セシム

御名御璽

明治二十二年二月十一日

內閣總理大臣 伯爵 黑田淸隆
樞密院議長 伯爵 伊藤博文
外務大臣 伯爵 大隈重信
海軍大臣 伯爵 西鄕從道
農商務大臣 伯爵 井上馨
司法大臣 伯爵 山田顯義
大藏大臣兼內務大臣 伯爵 松方正義
陸軍大臣 伯爵 大山巖
文部大臣 子爵 森有禮
遞信大臣 子爵 榎本武揚

法律第四號

會計法

第一章 總則

第一條 政府ノ會計年度ハ每年四月一日ヨリ始マリ翌年三月三十一日ニ終ハル

一會計年度所屬ノ歳入歳出ノ出納ニ關スル事務ハ翌年度十一月三十日マテニ悉皆完結スベシ

第二條 租稅及其ノ他一切ノ收納ヲ歳入トシ一切ノ經費ヲ歳出トシ歳入歳出ハ總豫算ニ編入スヘシ

第三條 各年度ニ於テ決定シタル經費ノ定額ヲ以テ他ノ年度ニ屬スヘキ經費ニ充ツルコトヲ得ス

第四條 各官廳ニ於テハ法律勅令ヲ以テ規定シタルモノヽ外特別ノ資金ヲ有スルコトヲ得ス

第二章 豫算

第五條 歳入歳出ノ總豫算ハ前年ノ帝國議會集會ノ始ニ於テ之ヲ提出スヘシ

第六條 歳入歳出ノ總豫算ハ之ヲ經常臨時ノ二部ニ大別シ各部中ニ於テ之ヲ款項ニ區分シヘシ
總豫算ニハ帝國議會ノ参考ノ爲ニ左ノ文書ヲ添付スヘシ

  • 第一 各省ノ豫定經費要求書但シ各項中各目ノ明細ヲ記入スヘシ
  • 第二 其ノ年三月三十一日ニ終リタル會計年度ノ歳入歳出現計書

第七條 豫算中ニ設クヘキ豫備費ハ左ノ二項ニ分ツ

第一豫備金
第二豫備金
第一豫備金ハ避クヘカラサル豫算ノ不足ヲ補フモノトス
第二豫備金ハ豫算外ニ生シタル必要ノ費用ニ充ツルモノトス

第八條 豫備金ヲ以テ、支辨シタルモノハ年度經過後帝國議會ニ提出シ其ノ承諾ヲ求ムルヲ要ス

第九條 毎年度大蔵省證券發行ノ最髙額ハ帝國議會ノ協賛ヲ經テ之ヲ定ム

第三章 収入

第十條 租税及其ノ他ノ歳入ハ法律命令ノ規定ニ從ヒ之ヲ徴収スヘシ
法律命令ニ依リ當該官吏ノ資格アル者ニ非サレハ租税ヲ徴収シ又ハ其ノ他ノ歳入ヲ収納スルコトヲ得ス

第四章 支出

第十一條 毎會計年度ニ於テ政府ノ經費ニ充ツル所ノ定額ハ其ノ年度ノ歳入ヲ以テ之ヲ支辨スヘシ

第十二條 國務大臣ハ豫算ニ定メタル目的ノ外ニ定額ヲ使用シ又ハ各項ノ金額ヲ彼此流用スルコトヲ得ス
國務大臣ハ其ノ所管ニ屬スル収入ヲ國庫ニ納ムヘシ直ニ之ヲ使用スルコトヲ得ス

第十三條 國務大臣ハ其ノ所管定額ヲ使用スル為ニ國庫ニ向ヒテ支拂命令ヲ發スヘシ但シ別ニ定ムル所ノ規定ニ從ヒ他ノ官吏ニ委任シテ支拂命令ヲ發セシムルコトヲ得

第十四條 國庫ハ法律命令ニ反スル支拂命令ニ對シテ支拂ヲ為スコトヲ得ス

第十五條 國務大臣ハ政府ニ對シ正當ナル債主若ハ其ノ代理人ノ為ニスルニ非サレハ支拂命令ヲ發スルコトヲ得ス
左ノ諸項ノ經費ニ限リ國務大臣ハ主任ノ官吏ニ委任シ又ハ政府ノ命シタル銀行ニ委任シテ現金支拂ヲ為サシムル為ニ現金前渡ノ支拂命令ヲ發スルコトヲ得

第一 國債ノ元利拂
第二 軍隊軍艦及艦舩ニ屬スル經費
第三 在外各廳ノ經費
第四 前項ノ外總テ外國ニ於テ支拂ヲ為ス經費
第五 運輸通信ノ不便ナル内國ノ地方ニ於テ支拂ヲ為ス經費
第六 廳中常用雑費ニシテ一箇年ノ總費五百圓ニ満タサルモノ
第七 場所ノ一定セサル事務所ノ經費
第八 各廳ニ於テ直接ニ從事スル工事ノ經費但シ一主任官ニ付三千圓マテヲ限ル
第五章 決算

第十六條 會計檢査院ノ檢査ヲ經テ政府ヨリ帝國議會ニ提出スル總決算ハ總豫算ト同一ノ様式ヲ用井左ノ事項ノ計算ヲ明記スヘシ

  • 歳入ノ部
    • 歳入豫算額
    • 調定濟歳入額
    • 収入濟歳入額
    • 収入未濟歳入額
  • 歳出ノ部
    • 歳出豫算額
    • 豫算決定後増加歳出額
    • 支拂命令濟歳出額
    • 翌年度繰越額

第十七條 前條ノ總決算ニハ會計檢査院ノ檢査報告ト倶ニ左ノ文書ヲ添附スヘシ

第一 各省決算報告書
第二 國債計算書
第三 特別會計計算書
第六章 期満免除

第十八條 政府ノ負債ニシテ其ノ仕拂フヘキ年度經過後満五箇年内ニ債主ヨリ支拂ノ請求若ハ仕拂ノ請求ヲ為サゝルモノハ期満免除トシテ政府ハ其ノ義務ヲ免ルルモノトス但シ特別ノ法律ヲ以テ期満免除ノ期限ヲ定メタルモノハ各ゝ其ノ定ムル所ニ依ル

第十九條 政府ニ納ムヘキ金額ニシテ其ノ納ムヘキ年度經過後満五箇年内ニ上納ノ告知ヲ受ケサルモノハ其ノ義務ヲ免ルゝモノトス但シ特別ノ法律ヲ以テ期満免除ノ期限ヲ定メタルモノハ各ゝ其ノ定ムル所ニ依ル

第七章 歳計剰餘定額繰越豫算外収入及定額戻入

第二十條 各年度ニ於テ歳計ニ剰餘アルトキハ其ノ翌年度ノ歳入ニ繰入ルヘシ

第二十一條 豫算ニ於テ特ニ明許シタルモノ及一年度内ニ終ルヘキ工事又ハ製造ニシテ避クヘカラサル事故ノ為ニ事業ヲ遅延シ年度内ニ其ノ經費ノ支出ヲ終ラサリシモノハ之ヲ翌年度ニ繰越シ使用スルコトヲ得 

第二十二條 數年ヲ期シテ竣功スヘキ事製造及其ノ他ノ事業ニシテ繼續費トシテ總額ヲ定メタルモノハ毎年度ノ仕拂残額ヲ竣功年度マテ遞次繰越使用スルコトヲ得

第二十三條 誤拂過渡トナリタル金額ノ返納出納ノ完結シタル年度ニ屬スル収入其ノ他一切豫算外ノ収入ハ總テ現年度ノ歳入ニ組入ルヘシ但シ法律勅令ニ依リ前金渡概算渡繰替拂ヲ為シタル場合ニ於ケル返納金ハ各〻之ヲ仕拂ヒタル經費ノ定額ニ戻入ルヽコトヲ得

第八章 政府ノ工事及物件ノ賣買貸借

第二十四條 法律勅令ヲ以テ定メタル場合ノ外政府ノ工事又ハ物件ノ賣買貸借ハ總テ公告シテ競争ニ付スヘシ但シ左ノ場合ニ於テハ競争ニ付セス随意ノ約定ニ依ルコトヲ得ヘシ

第一 一人又ハ一會社ニテ専有スル物品ヲ買入レ又ハ借入ルヽトキ
第二 政府ノ所為ヲ秘密ニスヘキ場合ニ於テ命スル工事又ハ物品ノ賣買貸借ヲ為ストキ
第三 非常急遽ノ際工事又ハ物品ノ買入借入ヲ為スニ競争ニ付スル暇ナキトキ
第四 特種ノ物質又ハ特別使用ノ目的アルニ由リ生産製造ノ場所又ハ生産者製造者ヨリ直接ニ物品ノ買入ヲ要スルトキ
第五 特別ノ技術家ニ命スルニ非サレハ製造シ得ヘカラサル製造品及機械ヲ買入ルヽトキ
第六 土地家屋ノ買入又ハ借入ヲ為スニ當リ其ノ位置又ハ構造等ニ限アル場合
第七 五百圓ヲ超エサル工事又ハ物品ノ買入借入ノ契約ヲ為ストキ
第八 見積價格二百圓ヲ超エサル動産ヲ賣拂フトキ
第九 軍艦ヲ買入ルヽトキ
第十 軍馬ヲ買入ルヽトキ
第十一 試験ノ為ニ工作製造ヲ命シ又ハ物品ヲ買入ルヽトキ
第十二 慈惠ノ為ニ設立セル救育所ノ貧民ヲ傭役シ及其ノ生産又ハ製造物品ヲ直接ニ買入ルヽトキ
第十三 囚徒ヲ傭役シ又ハ囚徒ノ製造物品ヲ直接ニ買入ルヽトキ及政府ノ設立ニ係ル農工業場ヨリ直接ニ其ノ生産又ハ製造物品ヲ直接ニ買入ルヽトキ
第十四 政府ノ設立シタル農工業場又ハ慈惠教育ニ係ル各所ノ生産製造物品及囚徒ノ製造物品ヲ賣拂フトキ

第二十五條 軍艦兵器彈藥ヲ除ク外工事製造又ハ物件買入ノ爲ニ前金拂ヲ爲スコトヲ得ス

第九章 出納官吏

第二十六條 政府ニ屬スル現金若ハ物品ノ出納ヲ掌ル所ノ官吏ハ其ノ現金若ハ物品ニ付一切ノ責任ヲ負ヒ會計檢査院ノ檢査判決ヲ受クヘシ

第二十七條 前條ノ官吏水火盗難又ハ其ノ他ノ他ノ事故ニ由リ其ノ保管スル所ノ現金若ハ物品ヲ紛失毀損シタル場合ニ於テハ其ノ保管上避ケ得ヘカラサリシ事實ヲ會計檢査院ニ證明シ責任解除ノ判決ヲ受クルニ非サレハ其ノ負?ノ責ヲ免ルヽコトヲ得ス

第二十八條 現金又ハ物品ノ出納ヲ掌ルニ付身元保證金ヲ納メシムルコトヲ要スルモノハ勅令ヲ以テ之ヲ定ムヘシ

第二十九條 支拂命令ノ職務ハ現金出納ノ職務ト相兼ヌルコトヲ得ス

第十章 雑則

第三十條 特別ノ須要ニ因リ本法ニ準據シ難キモノアルトキハ特別會計ヲ設置スルコトヲ得

第三十一條 政府ハ國庫金ノ取扱ヲ日本銀行ニ命スルコトヲ得

第十一章 附則

第三十二條 本法ノ條項帝國議會ニ關渉セサルモノハ明治三十三年四月一日ヨリ施行シ其ノ關渉スルモノハ帝國議會開會ノ時ヨリ施行ス
決算ニ係ル條項ハ帝國議會ノ議定ヲ經タル年度ノ歳計ヨリ施行ス

第三十三條 本法ノ條項ト抵觸スル法令ハ各其ノ条項施行ノ日ヨリ廢止ス

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。