創造主なる神に到達するために、導き手および教師として聖書が必要である

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<キリスト教綱要

第六章 創造主なる神に到達するために、導き手および教師として聖書が必要である

目次

1[編集]

これをもって、神は、人類に同一の罪責を負わさんとて、各のものに、例外なく、被造物のうちに描写されている神の権威を呈示し給うが故に、天にあり又地にありて、すべてのものの眼に注がるる光輝は、人間の忘恩に対して、一切の弁護を十分に奪い去って余りあるとはいえ、なおかつ、我々を正当にこの世界の創造主へ導くところの他のいっそう卓れたる援助に近づくことが必要である。

2[編集]

しかし、やがて父祖たちが手づから子孫に伝うべかりしことを、神が、託宣と幻とによって彼らに告示し給うたにもせよ、あるいは人間の働きと服仕とによって暗示し給うたにもせよ、彼らの心情が教理の堅き確実さに印銘され、かくして彼らの学びしことが神より出でしものであることを納得し且つ知るに至ったことだけは疑いない。

3[編集]

けだし、もしも我々にして、いかに滑らかに人間の精神が神についての忘却へ陥りやすく、いかばかりかあらゆる種類の迷誤に傾き、いかばかり新しくかつ虚構の宗教を頼りに案出することに渇望しているかを考慮せんか、忘却されて亡び、あるいは迷誤のうちに消失し、あるいは人間の僭冒によって腐敗せしめざらんがために、天よりの教理の斯く裁定されることの必要であったことが理解されるであろう。

4[編集]

それゆえに、同じ預言者は、もろもろの天は神の栄光をあらわし、蒼穹はその御手のわざを示し、昼と夜との秩序づけられた連続は、神の威厳を告げ知らすと述べたところ(詩篇17:1)にて、やがて進んで、「ことば」について示している。