刑法講義:総論(小野清一郎)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



目次[編集]

緖論

第一章 基礎的理論 NDL

第一節 國家的法律體系としての刑法 NDL
第二節 刑法の基本觀念 NDL

第二章 刑法の歷史的及び形式的淵源 NDL

第一節 歷史的淵源 NDL
第二節 形式的淵源 NDL

總論

第一編 刑罰法規と其の適用範圍' NDL

第一章 刑罰法規 NDL

第一節 刑罰法規の性質 NDL
第二節 刑罰法規と刑法總則との關係 NDL
第三節 固有の刑罰法規と行政的刑罰法規 NDL

第二章 刑罰法規の適用範圍 NDL

第一節 時に關する適用範圍 NDL
第二節 場所に關する適用範圍 NDL

第二編 刑罰權發生の一般的條件 NDL

第一章 構成要件の充足 NDL

第一節 構成要件及び其の充足 NDL
第二節 構成要件の一般的要素 NDL
第三節 構成要件該當なる行爲(不作爲犯論を含む) NDL
第四節 構成要件該當なる結果(因果關係論を含む) NDL

第二章 行爲の違法性 NDL

第一節 違法性の本質及び意義 NDL
第二節 正當防衞及び緊急避難 NDL
第三節 其の他の違法性阻却原由(第三五條) NDL

第三章 行爲者の道義的責任 NDL

第一節 道義的責任の本質及び意義 NDL
第二節 責任能力 NDL
第三節 故意 NDL
第四節 道義的責任の阻却(錯誤論を含む) NDL
第五節 過失 NDL

第四章 未遂犯(構成要件の修正形式、其の一) NDL

第一節 未遂犯 NDL
第二節 中止犯 NDL
第三節 謂ゆる不能犯及び事實の欠缺 NDL

第五章 共犯(構成要件の修正形式、其の二) NDL

第一節 共犯一般 NDL
第二節 共同正犯 NDL
第三節 敎唆犯 NDL
第四節 幇助犯(從犯) NDL
第五節 共犯と身分 NDL

第六章 狹義の處罰條件及び處罰阻却原由 NDL

第三編 刑罰權の實現に關する一般的法則 NDL

第一章 刑罰體系 NDL

第一節 刑の槪念及び其の種類 NDL
第二節 死刑 NDL
第三節 懲役、禁錮及び拘留 NDL
第四節 罰金及び科料 NDL
第五節 沒収 NDL

第二章 法定刑、其の修正及び刑の言渡 NDL

第一節 法定刑の形式及び輕重 NDL
第二節 法定刑の修正(加重、減輕) NDL
第三節 刑の言渡、附・刑の免除及び酌量減輕 NDL

第三章 犯罪の競合(併合罪) NDL

第一節 一罪及び數罪 NDL
第二節 實在的競合(第四五條の併合罪) NDL
第三節 觀念的競合(想像上數罪) NDL
第四節 牽連犯 NDL
第五節 連續犯 NDL

第四章 刑の加重減免に關する一般的原由 NDL

第一節 累犯及び常習者 NDL
第二節 自首 NDL
第三節 少年 NDL

第五章 刑の執行、執行猶豫及び假出獄(刑罰權消滅の原由) NDL

第一節 刑の執行 NDL
第二節 刑の執行猶豫 NDL
第三節 假出獄 NDL

第六章 其の他の刑罰權消滅原由、附・復權 NDL

第一節 犯人の死亡 NDL
第二節 恩赦 NDL
第三節 時效 NDL
第四節 復權 NDL