ハガイ書(文語訳)

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

<聖書<文語訳旧約聖書

w:舊新約聖書 [文語]』w:日本聖書協会、1953年

w:明治元訳聖書

w:ハガイ書

第1章[編集]

1:1[編集]

ダリヨス王の二年六月其月の一日にヱホバの言預言者ハガイによりてシヤルテルの子ユダの方伯ゼルバベルおよびヨザダクの子 祭司の長ヨシユアに臨めりいはく

1:2[編集]

萬軍のヱホバかくいひたまふ是民はヱホバの殿を建べき時期未だ來らずといへり

1:3[編集]

ヱホバの言また預言者ハガイによりて臨めり曰く

1:4[編集]

此殿かく毀壞をれば汝等板をもてはれる家に居るべき時ならんや

1:5[編集]

されば今萬軍のヱホバかく曰たまふ 汝等おのれの行爲を省察べし

1:6[編集]

汝らは多く播ども収入るところは少く食へども飽ことを得ず 飮ども滿足ことを得ず 衣れども暖きことを得ず 又工價を得るものは之を破れたる袋に入る

1:7[編集]

萬軍のヱホバまた曰たまふ 汝等おのれの行爲を省察べし

1:8[編集]

山に上り木を携へ來て殿を建てよ さすれば我これを悦び又榮光を受ん ヱホバこれを言ふ

1:9[編集]

なんぢら多く得んと望みたりしに反て少かりき 又汝等これを家に携へ歸りしとき我これを吹はらへり 萬軍のヱホバいひたまふ 是何故ぞや 是は我が殿破壞をるに汝等おのおの己の室に走り至ればなり

1:10[編集]

この故になんぢらの上の天は雨露を止め地はその産物を止めたり

1:11[編集]

且われ地にも山にも穀物にも新酒にも油にも地の生ずる物にも人にも家畜にも手のもろもろの工にもすべて毀壞を召きかうむらしめたり

1:12[編集]

シヤルテルの子ゼルバベルとヨザダクの子祭司の長ヨシユアおよびその殘れるすべての民ともに其神ヱホバの聲と預言者ハガイの言に聽したがへり 是は其神ヱホバかれを遣したまひしに因る 民みなヱホバの前に敬畏たり

1:13[編集]

時にヱホバの使者ハガイ、ヱホバの命により民に告て曰けるは我なんぢらと偕に在りとヱホバ曰たまふと

1:14[編集]

ヱホバ、シヤルテルの子ユダの方伯ゼルバベルの心とヨザダクの子 祭司の長ヨシユアの心およびその殘れるすべての民の心をふりおこしたまひければ彼等來りて其神萬軍のヱホバの殿にて工作を爲り

1:15[編集]

これダリヨス王の二年六月二十四日なりき

第2章[編集]

2:1[編集]

七月其月の二十一日ヱホバの言預言者ハガイによりて臨めり曰く

2:2[編集]

シヤルテルの子ユダの方伯ゼルバベルとヨザダクの子祭司の長ヨシユアおよびその殘れる一切の民に告よ

2:3[編集]

なんぢら遺れる者の中この殿の從前の榮光を見しものは誰ぞや 今これを如何に見るや かの殿にくらぶれば是は汝らの目に何もなきが如く見ゆるにあらずや

2:4[編集]

ヱホバ曰たまふゼルバベルよ自ら強くせよ ヨザダクの子祭司の長ヨシユアよ自ら強くせよ ヱホバ言たまふ この地の民よ自らつよくしてはたらけ 我なんぢらとともに在り 萬軍のヱホバこれを言ふ

2:5[編集]

汝らがエジプトよりいでし時わがなんぢらに約せし言およびわが靈なほなんぢらの中に留れり 懼るるなかれ

2:6[編集]

萬軍のヱホバかくいひたまふ いま一度しばらくありてわれ天と地と海と陸とを震動はん

2:7[編集]

又われ萬國を震動はん また萬國の願ふところのもの來らん 又われ榮光をもてこの殿に充滿さん 萬軍のヱホバこれを言ふ

2:8[編集]

銀も我ものなり 金もわが物なりと萬軍のヱホバいひたまふ

2:9[編集]

この殿の後の榮光は從前の榮光より大ならんと萬軍のヱホバいひたまふ この處においてわれ平康をあたへんと萬軍のヱホバいひたまふ

2:10[編集]

ダリヨスの二年九月二十四日ヱホバのことば預言者ハガイによりて臨めり曰く

2:11[編集]

萬軍のヱホバかく曰たまふ 律法につきて祭司に問ふて曰ふべし

2:12[編集]

人衣の裾にて聖肉を携へたらんにその裾もしパン或は羮あるひは酒あるひは油あるひは他の食物に捫らばそれらは聖ものとなるや 祭司たち答へて曰けるはしからず

2:13[編集]

ハガイまたいひけるは屍體に捫りて汚れしもの若これらの物にさはらば其ものはけがるべきや 祭司等こたへて曰けるは汚れん

2:14[編集]

ここに於てハガイ答へて曰けるはヱホバ曰たまふ 我前此民もかくの如くまた此國もかくの如し 又其手の一切のわざもかくのごとく彼等がその處に獻ぐるものもけがれたるものなり

2:15[編集]

また今われ汝らに乞 この日より以前すなはちヱホバの殿にて石の上に石の置れざりし時を憶念べし

2:16[編集]

かの時には二十舛もあるべき麥束につきてわづかに十を得 また酒榨につきて五十桶汲んとせしにただ二十を得たるのみ

2:17[編集]

汝が手をもて爲せる一切の事に於てわれ不實穗と朽腐穗と雹を以てなんぢらを撃り されど汝ら我にかへらざりき ヱホバこれを言ふ

2:18[編集]

なんぢらこの日より以前を憶念みよ 即ち九月二十四日よりヱホバの殿の基を置し日までをおもひ見よ

2:19[編集]

種子なほ倉にあるや 葡萄の樹 無花果の樹 石榴の樹 橄欖の樹もいまだ實を結ばざりき 此日よりのちわれ汝らを惠まん

2:20[編集]

此月の二十四日にヱホバのことば再びハガイに臨めり曰く

2:21[編集]

ユダの方伯ゼルバベルに告よ われ天地を震動ん

2:22[編集]

列國の位を倒さん また異邦の諸國の權勢を滅さん 又車および之に駕る者を倒さん 馬および之に騎る者もおのおの其伴侶の劍によりてたふれん

2:23[編集]

萬軍のヱホバ曰たまはくシヤルテルの子わが僕ゼルバベルよヱホバいふその日に我なんぢを取りなんぢを印の如くにせん そはわれ汝をえらびたればなり 萬軍のヱホバこれを言ふ