第十四「カフィズマ」

提供: Wikisource
移動: 案内検索

<聖詠経

第百一聖詠

困苦の人の祈祷、其の憂いて主の前に己の哀情を傾くる所。
主よ、我が祷を聴き給へ、願はくは我が呼ぶ聲は爾に至らん。
爾の顔を我に匿す毋れ、我が憂いの日に爾の耳を我に傾け給え、我が爾に呼ばん日に速やかに我に聴き給え、
蓋我が日は煙の如く消え、我が骨は燃え杭の如く焚かれたり、
我が心は撃たれて、草の如くに枯れ、我我が餅を食らうを忘るるに至る、
我が呻吟の聲に依りて我が骨は我が肉に貼けり。
我は野に在る鵜の如く、荒舎に在る木菟の如くなれり、
我が眠らずして坐するは、屋根に在る離れ鳥の如し。
我が敵は日々に我を謗り、我を恨む者は我を指して誓う。
我は灰を餅の如くに食らい、我が飲み物に涙を和う、
爾の怒りと爾の憤りに因りてなり、蓋爾嘗て我を挙げ、復我を墜せり。
我が日は傾ける日陰の如く、我が枯れしこと草の如し。
唯主よ、爾は永く存す、爾の記憶するは世々に在り。
爾起きて憐れみをシオンに垂れん、蓋此を憐れむ時至れり。蓋時来れり、
爾の諸僕は其の石をも愛し、其の塵をも惜しめばなり。
諸民は主の名を畏れ、地上の諸王は爾の光榮を畏れん。
蓋主はシオンを建てて、己が光榮の中に顕れん、
頼り無き者の祷を顧みて、其の願いを軽んぜざらん。
是れ後の世の爲に記されん、未来の民は主を崇め讃めん、
蓋彼は其の聖なる高き所より俯し臨み、主は天より地を鑑みたり、
俘の呻吟を聞きて、死の子を解かん爲、
彼等が主の名をシオンに伝へ、其の誉れをイエルサリムに伝へん爲なり、
是れ諸民諸国が均しく集まりて、主に事えん時に在り。
彼は途中に於いて我が力を弱くし、我が日を短くせり。
我謂えり、我が神よ、我が日の半ばに於いて我を取り上ぐる毋れ。爾の年は世々に在り。
主よ、爾初めに地を基づけたり、天も爾が手の造工なり。
此等は亡びん、然れども爾は永く存す、此等は皆衣の如く古び、爾衣服の如く之を更え、此等は易らん、
然れども爾は易らず、爾の年は終わらざらん。
爾の諸僕の子は生き存らえ、其の裔は爾が顔の前に堅く立たん。

第百二聖詠

ダワィドの詠。
我が霊よ、主を讃め揚げよ、我が中心よ、其の聖なる名を讃め揚げよ。
我が霊よ、主を讃め揚げよ、彼が悉くの恩を忘るる毋れ。
彼は爾が諸々の不法を赦し、爾が諸々の疾を癒す、
爾の生命を墓より救い、憐れみと恵みとを爾に冠むらせ、
幸福を爾の望みに飽かしむ、爾が若返えさるること鷲の如し。
主は凡そ迫害せらるる者の爲に義と審判とを行う。
彼は己の途をモイセイに示し、己の作爲をイズライリの諸子に示せり。
主は宏慈にして矜恤、寛忍にして鴻恩なり、
怒りて終わりあり、憤りを永く懐かず。
我が不法に因りて我等に行わず、我が罪に因りて我等に報いず、
蓋天の地より高きが如く、斯く主を畏るる者に於ける其の憐れみは大いなり、
東の西より遠きが如く、斯く主は我が不法を我等より遠ざけたり、
父の其の子を憐れむが如く、斯く主は彼を畏るる者を憐れむ。
蓋彼は我が何より造られしを知り、我等の塵なるを記念す。
人の日は草の如く、其の榮ゆること田の華の如し。
風之を過ぐれば無きに帰し、其の有りし處も亦之を識らず。
唯主の憐れみは彼を畏るる者に世より世に至り、
彼の義は其の約を守り、其の誡めを懐いて、之を行う子々孫々に及ばん。
主は其の寶座を天に建て、其の国は萬物を統べ治む。
主の諸々の天使、能力を具え、其の聲に遵いて其の言葉を行う者よ、主を讃め揚げよ。
主の悉くの軍、其の旨を行う役者よ、主を讃め揚げよ。
凡そ主の悉くの造工よ、其の一切治むる處に於いて主を讃め揚げよ。我が霊よ、主を讃め揚げよ。

光榮讃詞
第百三聖詠

(ダワィドの詠。世界創造の事なり。)
我が霊よ、主を讃め揚げよ、主我が神よ、爾は至りて大いなり、爾は光榮と威厳とを被れり。
爾は光りを衣の如くに衣、天を幔の如くに張る、
水の上に爾の宮を建て、雲を爾の車と爲し、風の翼にて行く。
爾は風を以て爾の使者と爲し、焔を以て爾の役者と爲す。
爾は地を固き基に建てたり、此れ世々に動かざらん。
爾は淵を以て衣服の如くに之を覆えり、山の頂に水立つ。
爾の恐嚇に依りて此れは奔り、爾の雷の聲に由りて速やかに去る。
山に升り、谷に降り、爾の此れが爲に定めし處に至る。
爾界を立てて之を踰えざらしむ、反りて地を覆わざらん。
爾は泉を谷に遣わせり、山の間に水は流れ、
野の諸々の獣に飲ましむ、野の驢馬は其の渇きを止む。
空の鳥は其の傍らに棲み、枝の間より聲を出す。
爾は上なる宮より山を潤し、地は爾の造工の果にて飽き足れり。
爾は草を獣の爲に生ぜしめ、野菜を人の需めの爲に生ぜしめて、地より食物を出さしむ。
酒は人の心を楽しませ、膏は其の面を潤し、餅は人の心を養う。
主の樹、其の植えたるリワンの栢香木は飽き足れり、
鳥は其の上に巣を造る、松は鶴の棲處たり、
高き山は鹿の爲、磐石は兎の避所たり。
主は月を造りて時を定め、日は其の入る處を知る。
爾暗闇を布けば、則夜あり、其の時林の獣皆出で廻る、
獅子は獲物の爲に吼えて、其の食を神に乞う。
日出づれば、彼等集まりて己の穴に伏す。
人は其の工作の爲に出で、労きて暮れに至る。
主よ、爾の工業は何ぞ多き、皆智慧を以て作れり、地は爾の造物にて満ちたり。
夫の大にして広き海、彼處には無数の動物、大小の生物あり、
彼處には舟通い、彼處には彼の大魚あり、爾造りて其の中に遊ばしむ。
彼等は皆爾が時に随いて食を与うるを待つ。
之に与うれば受け、爾の手を開けば賜に飽かさる、
爾の顔を隠せば惶れ惑い、其の気を取り上ぐれば死して塵に帰る。
爾の気を施せば造られ、爾は又地の面を新たにす。
願わくは光榮は世々に主に在らん、願わくは主は己の造工の爲に楽しまん。
彼地を観れば、地震い、山に触るれば、煙起つ。
我生ける中主に歌い、世を終わるまで我が主に歌わん。
願わくは我が歌は彼に悦ばれん、我主の爲に楽しまん。
願わくは罪人等は地より消え、不法の者は存するなけん。我が霊よ、主を讃め揚げよ。

光榮讃詞
第百四聖詠

主を讃榮せよ、其の名を呼べ、諸民の中に其の作爲を宣べよ。
彼に謳い、彼に歌えよ、其の悉くの奇迹を伝えよ。
其の聖なる名を以て誇れ、主を尋ぬる者の心は楽しむべし。
主と其の力とを尋ね、常に其の顔を尋ねよ。
其の行いし奇迹と其の休徴と、其の口の裁定とを記憶せよ。
爾等アウラアムの裔は其の僕なり、イアコフの子は其の選びし者なり。
彼は主、我等の神なり、其の裁定は全地にあり。
彼永く其の約を記憶す、即千代に戒め、
アウラアムに命ぜし言葉、イサアクに与えし誓いなり。
彼亦之を立てて、イアコフの爲に法となし、イズライリの爲に永遠の約となして云えり、
我爾にハナアンの地を与えて、爾が業の分となさんと。
彼等の数は尚少なく、甚だ少なくして、彼等が其の地に旅をなし、
此の民より彼の民に移り、此の国より他の族に移りし時、
主は誰にも彼等を侵すことを許さざりき、彼等の爲に諸王に禁じて云えり、
我が膏つけられし者に触るる毋れ、我が預言者に悪をなす毋れと。
彼又飢饉を地に召して、穀類の茎を悉く絶やせり。
彼等の前に人を遣わし、イオシフ売られて僕となれり。
枷を以て其の足を締め。其の霊は鉄に入りて、
主の言葉の験を得るに及べり、主の言葉彼を試みたり。
王は人を遣わして彼を釈き、諸民の宰は彼を自由にせり、
彼を立てて其の家の宰となし、其の悉くの領地を治むる者となして、
彼に己の意に随いて王の臣を導き、其の長老に智慧を誨えしめたり。
其の時イズライリはエギペトに来たり、イアコフはハムの地に移れり。
神は甚だ其の民を殖やし、彼を其の敵より強からしめたり。
敵の心に其の民を疾ましめ、悪謀を以て其の諸僕を待たしめたり。
其の僕モイセイ、其の選びしアアロンを遣わせり。
斯の二人はハムの地に於いて、其の休徴の言葉と其の奇迹とを彼等の中に示せり。
主は闇冥を遣わして晦くせり、彼等其の言葉に背かざりき。
彼等の水を血に変じ、其の魚を滅ぼせり。
其の地は多くの蛙を生じたり、其の王の室にも之あり。
主言葉を発したれば、諸々の虫来たり、虻は悉くの境に至れり。
雨に代えて彼等に霰を降らし、灼く火を其の地に遣わせり。
其の葡萄と無花果とを撃ち、樹を其の境に折れり。
言葉を発したれば、蝗と蒼虫とは数え難く来たりて、
其の地の草を蝕み盡し、其の田の実を蝕み盡せり。
主は其の地の悉くの首生の者、即其の力の始めを撃てり。
イズライリ人を導き、金銀を携えて出でしめたり、支派の中に病む者なかりき。
エギペトは彼等の出ずるを喜べり、蓋彼等を懼るる懼れは之に及べり。
主は雲を布きて彼等の蓋いとなし、火を施して彼等の爲に夜間の光りとなせり。
彼等求めたれば、主は鶉を遣わし、且つ天の糧を以て彼等を飫かしめたり。
石を裂きたれば、水は流れ、乾ける處に河の如く流れたり。
蓋彼は其の僕アウラアムに与えし其の聖なる言葉を記憶して、
其の民を引きて歓びて出でしめ、其の選びし者を引きて楽しみて出でしめ、
彼等に諸民の地を賜えり。彼等は異邦の労を嗣ぎたり、
主の律に遵い、其の法を守らん爲なり。

光榮讃詞