第十三「カフィズマ」

提供: Wikisource
移動: 案内検索

<聖詠経

第九十一聖詠

詠。「スボタ」の日に用いる歌。
至上者よ、主を讃詠し、爾の名に歌い、
爾の憐れみを朝に宣べ、爾の真を夜に宣べ、
之を宣ぶるに十絃の楽器と琴とを以てし、歌と瑟とを以てするは美なる哉。
蓋主よ、爾は爾の作爲を以て我を楽しませたり、我爾が手の工作を歓び楽しむ。
主よ、爾の工作は何ぞ大いなる、爾の思念は極めて深し。
不知なる人は之を知らず、愚なる者は之を悟らず。
悪者は草の如く生じ、不法を行う者は花さけども永く亡ぶ、
唯爾主よ、永遠に高し。
蓋視よ、主よ、爾の敵、視よ、爾の敵は滅び、凡そ不法を行う者は散ず、
然れども我が角は、爾之を野牛の角の如くに挙ぐ、我新たなる膏を傅けられたり、
我が目は我が敵を見、我が耳は起ちて我を攻むる悪者の事を聞く。
義人は繁ること棕櫚の如く、高くなることリワンの栢香木の如し。
彼等は主の宮に植えられて、我が神の庭に榮ゆ、
彼等は老いても実を結び、潤いあり、且つ新たにして、
主吾が防固の義にして、其の中に不義なきを表すを致す。

第九十二聖詠

(ダワィドの讃歌。「スボタ」の前日、即地の生殖せられし日に用いる所。)
主は王たり、彼は威厳を衣たり、主は能力を衣、又之を帯にせり、故に世界は堅固にして動かざらん。
爾の寶座は古より堅く立ち、爾は世々の前より在せり。
諸川聲を騰げ、主よ、諸川其の聲を騰げ、諸川其の波を騰ぐ。
然れども主が最高きに於いて強きは、多くの水の聲に勝り、海の強き浪に勝れり。
爾の啓示は誠に正し。主よ、聖徳は爾の家に属して永遠に至らん。

第九十三聖詠

(ダワィドの詠。七日の第四日に用いる所。)
仇を報ゆる神よ、主、仇を報ゆる神よ、己を顕わし給え、
地の審判者よ、起ちて驕慢の者に報い給え。
主よ、悪者は何れの時に至らんとするか、悪者は勝鬨を挙ぐること何れの時に至らんとするか。
彼等は軽蔑の言葉を吐き、凡そ不法を行う者は自らを誇る、
主よ、彼等は爾の民を践み、爾の業を害い、
寡婦と旅客とを殺し、孤子を滅ぼして
謂う、主は視ざらん、イアコフの神は知らざらん。
不智なる人々よ、悟れ、愚なる者よ、爾等は何れの時にか智ならんとする。
耳を植えし者豈に聞かざらんや、目を造りし者豈に視ざらんや、
諸民を諭し、人の智を開く者、豈に譴めざらんや。
主は人の思念の虚しきを知る。
主よ、爾が諭しし、爾の法を以て誨えて、
艱難の日、即悪者の爲に陥穽の掘り出さるるに至るまで、平安を得しむる人は福なり。
蓋主は其の民を棄てず、其の業を離れざらん。
蓋審判は義に帰し、心の正しき者は皆之に従わん。
誰か我が爲に起ちて悪者を攻めん、誰か我が爲に起ちて不法を行う者を攻めん。
若し主我を助けざりしならば、我が霊速やかに緘黙の地に移り住まいしならん。
我足を失うと謂いし時、主よ、爾の憐れみは我を扶けたり。
我が心に我が憂いの増す時、爾の慰めは我が霊を悦ばしむ。
残害者、法に背きて暴虐を謀る者の座は、豈に爾の傍らに設けられんや。
彼等は群がりて義人の霊を攻め、辜なき血を罪に定む。
然れども主は我が守護なり、我の神は我が避所の固めなり、
彼等の不法を彼等に反し、彼等の悪業を以て彼等を滅ぼさん、主我が神は彼等を滅ぼさん。

光榮讃詞
第九十四聖詠

(ダワィドの讃歌)
来りて主に歌い、神我が救いの防固に呼ばん、
讃揚を以て其の顔の前に進み、歌を以て彼に呼ばん、
蓋主は大いなる神、大いなる王にして諸神に勝る。
地の深き處は其の手に在り、山の頂も彼に属す、
海は彼に属す、彼之を造れり、陸も亦其の手の造りし所なり。
来たれ叩拝俯伏して、主我が造物主の顔の前に膝を屈めん、
蓋彼は我が神なり、我等は其の草苑の民、其の手の羊なり。今日爾等彼の聲を聞かば、
嘗て野に在りて、試みの日に、メリワに於けるが如く、爾等の心を頑なにする毋れ。
彼處に在りて、爾等の先祖は我を試み、我を験し、我が作爲を見たり。
四十年間我其の代に縁りて憤れり、彼等は常に心迷い、我が道を識らざりき。
故に我は我が怒りに於いて誓えり、彼等は我が安息に入らざらんと。

第九十五聖詠

(ダワィドの讃歌。宮室の造営に用いる所。)
新たなる歌を主に歌え、全地よ、主に歌え、
主に歌いて其の名を崇め讃め、其の救いを日々に福音せよ、
其の光榮を諸民の中に伝え、其の奇跡を萬族の中に伝えよ。
蓋主は大いにして讃美せらるべく、彼は悉くの神より畏るべし。
蓋諸民の悉くの神は偶像なり、惟主は諸天を造れり。
光榮と威厳とは其の顔の前に在り、能力と美好とは其の聖所に在り。
諸民の諸族よ、主に帰せよ、光榮と尊貴とを主に帰せよ、
其の名の光榮を以て主に帰せよ、禮物を携えて其の院に入れ、
美しき聖所に於いて主を拝め。全地よ、其の顔の前に戦け。
諸民に言うべし、主は王たり、故に世界は堅固にして揺かざらん。彼は義を以て諸民を審判せん。
諸天は楽しむべし、地は祝うべし、海と其の中に盈つる者とは鳴るべし、
田と其の中に在る者とは喜ぶべし、林の諸木は主の顔の前に舞うべし。
蓋来たりて地を審判せん、彼は義を以て世界を審判し、真実を以て諸民を審判せん。

第九十六聖詠

(ダワィドの詠。其の国の治まる時に此を作れり。)
主は王たり、地は歓ぶべし、多数の島は楽しむべし。
雲と闇冥とは彼を環る、公義と審判とは其の寶座の基なり。
火は其の前に行き、四周に其の敵を焚く。  
其の電は世界を照らし、地は見て震う。
山は蝋の如く主の顔に縁りて融け、全地の主の顔に縁りて融く。
諸天は其の義を伝え、萬民は其の榮光を観る。
凡そ刻める像に事うる者、偶像を以て自ら誇る者は羞を蒙るべし。彼の悉くの天使は彼を拝すべし。
主よ、シオンは聞きて悦び、イウダの女は皆爾の審判に因りて楽しむ。
蓋主よ、爾は全地より高く、諸神に愈りて貴し。
主を愛する者よ、悪を悪め。彼は其の聖人の霊を護り、之を悪者の手より脱れしむ。
光は義人を照らし、楽しみは心の正しき者に注がる。
義人よ、主の爲に悦べ、其の聖を思いて讃美せよ。

光榮讃詞
第九十七聖詠

(ダワィドの)詠。
新たなる歌を主に歌え、蓋彼は奇迹を行えり。其の右の手、其の聖なる臂は彼の爲に勝を獲たり。
主は其の救いを顕わし、諸民の目の前に其の義を示せり。
彼は其のイアコフに於ける憐れみと、イズライリの家に於ける誠とを記憶せり。凡そ地の極は我が神の救いを見たり。
全地よ、主に呼べ、祝い、楽しみ、歌え、
琴を以て主に歌え、琴と聖詠の聲とを以てせよ、
喇叭と角との聲を以て主、王の前に祝え。
海と其の中に満つる者、世界と其の中に居る者は聲を揚ぐべし、
河は掌を拍つべし、山は之と共に主の顔の前に歓ぶべし、
蓋彼来たりて地を審判せん。彼は義を以て世界を審判し、誠を以て諸民を審判せん。

第九十八聖詠

(ダワィドの詠)
主は王たり、諸民戦くべし、彼はヘルワィムに坐す、地は震うべし。
主はシオンに在りて大いなり、彼は萬民の上に高し。
願わくは彼等爾の大いにして畏るべき名を讃榮せん、是れ聖なり。
王の能力は審判を好む、爾は正理を堅く立てたり、爾はイアコフの中に審判と公義とを行えり。
主我が神を崇め讃め、其の足台に伏し拝めよ、是れ聖なり。
司祭の中にモイセイ及びアアロンあり、彼の名を呼ぶ者の中にサムイルあり、彼等主に呼びしに、主之に聴けり。
彼は雲柱の中に於いて之に謂えり、彼等は其の誡めと其の之に賜いし律とを守れり。
主我が神よ、爾彼等に聴けり、爾は彼等の爲に恕す神、又其の行いを罰する神たりき。
主我が神を崇め讃め、其の聖山に於いて伏し拝めよ、主我が神は聖なればなり。

第九十九聖詠

(ダワィドの)讃詠。
全地よ、主に呼べ。
楽しみを以て主に事えよ、呼び聲を以て其の顔の前に詣れ。
主は神にして、我等を造り、我等彼に属して、其の民、其の草苑の羊なるを知れ。
讃頌を以て其の門に入り、讃美を以て其の院に入れ、彼を讃榮し、其の名を崇め讃めよ。
蓋主は仁慈にして、其の憐れみは永遠に在り、其の真実は世々に至らん。

第百聖詠

ダワィドの詠。
我憐れみと審判とを歌わん、主よ、爾に歌を奉らん。
我瑕なき道を思わん、爾何れの時我に至るか、我瑕なき心を以て我が家の中を行かん。
我が目の前には邪なる物を置かざらん、法に背く行いは我之を疾む、其れ必ず我に附かざらん。
壞れし心は我に遠ざかり、悪しき者は我之を識らざらん。
隠かに己の隣を謗る者は我之を逐い、目傲り、心高ぶる者は我之を容れざらん。
我が目は斯の地の忠信なる者を顧みて、彼等を我が傍らに居らしめん、瑕なき道を行く者は我に事えん。
二心を行う者は我が家に居るを得ず、詭りを言う者は我が目の前に止まらざらん。
晨に我此の地の悉くの不虔者を滅ぼして、凡そ不法を行う者を主の城邑より絶たれしめん。

光榮讃詞