贈汪倫

提供: Wikisource
移動: 案内検索

『贈汪倫』
作者:李白

白文 書き下し文 訳文
李白乗舟将欲行 李白、舟に乗って将に行かんと欲す 私李白が舟に乗って出発しようとした時
忽聞岸上踏歌声 忽ち聞く岸上踏歌の声 ふと岸の上で足を踏み鳴らしながら私を見送っている歌声が聞こえる
桃花潭水深千尺 桃花潭水、深さ千尺 この地方にある桃花潭の水の深さは千尺もあろうか
不及汪倫送我情 及ばず汪倫の我を送る情に 汪倫さん、(桃花潭の水の深さでも)あなたの私を見送ってくれる情の深さには到底及ばぬよ