約翰傳第十九章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 約翰傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第十九章[編集]

[1] こゝにピラトは耶穌をとりてむちうち
2 つはものいばらにてかむりものをあみてそのかうべにかむらしめ むらさきのうはぎをかれにきせていひけるは
3 ユウダヤびとわうやすんぜよ またのひらにてこれをうつ
4 ピラトまたそとにいでかれらにいひけるは みよ わがかれについてつみあることを見ざるをなんぢらにしらせんとかれをこゝにひきいだす
5 さて耶穌いばらのかんむりをかむり むらさきのうはぎをきてそとにいづ ピラトかれらにいひけるは このひとをみよ
6 祭司さいしのをさたちとやくにんこれをみて 十字架じうじかにつけよ 十字架につけよとさけびいへり ピラトかれらにいひけるは なんぢらかれをとりて十字架につけよ われかれについてつみあることをみざるなり
7 ユウダヤびとかれにこたへけるは われらにおきてあり そのおきてにしたがへは[ば] かれは死すべきものなり そはかれみづからをかみとなせばなり
8 ピラトこのことばをきゝて ます〳〵おそれたり
9 またやしきにいりて耶穌にいひけるは なんぢはいづこのものか 耶穌かれにこたへず
10 ピラトかれにいひけるは われにいはざるか われなんぢを十字架につくる權威けんいあり またなんぢをゆるすけんいあるをしらざるか
11 耶穌こたへけるは なんぢうへよりけんいをたまはらざれば われについてけんいなし ゆゑにわれをなんぢにわたせしものゝつみもつともおほひなるべし
12 このゝちピラトかれをゆるさんとはかれども ユウダヤさけんでいひけるは もしこれをゆるさばカイザル忠義ちうぎなるものにあらず すべてみづからをわうとなすものはカイザルにそむくものなり
13 ピラトこのことばをきゝて耶穌をひきいだし しきいしといふところをヘブライことばにてとけばガバタといふところにある吟味所ぎんみしよせり
14 その日はすぎこしのまつりのそなへなり やゝ日中こゝのつごろ ピラトユウダヤひとにいひけるは なんぢらのわうをみよ
15 かれらこれをのけよ〳〵 十字架じうじかにつけよとさけびぬ ピラトかれらに われなんぢらのわう十字架じうじかにつけんやといふに 祭司さいしのをさたちこたへけるは カイザルのほかわれらにわうなし
16 つひにかれを十字架につけさせんとかれらにわたせり よつてかれら耶穌をとりてひきゆけり
17 耶穌十字架をおふて髑髏されかうべといふところにいづ これをヘブライのことばにとけばゴルゴダといふなり
18 こゝにかれを十字架につけ またかれとともにほか二人ふたりは耶穌をはさみてつけたり
19 ピラトすてふだをしるして十字架につけり こはユウダヤひとわうたるナザレの耶穌としるされたり
20 耶穌を十字架につけしところはみやこにちかければ このすてふだをよむものおほし こはヘブライヘレネローマとのことばによてしるされたり
21 ユウダヤびと祭司さいしのをさたちピラトにいひけるは ユウダヤびとわうとしるさずして われはユウダヤわうなりとみづからいひしとしるせよ
22 ピラトこたへけるは わがしるせしところをしるせり
23 よつてつはもの耶穌を十字架じうじかにつけしのち そのうはぎをとり よつにわけておの〳〵そのひとつをとり またしたぎをとるに したぎはぬひめなくしてうへ よりまつたくをりしものなり
24 かるがゆゑにたがひにいひけるは これをわけずしてたれのものにせんやくじにすべし こは聖書せいしよに わがうはぎをたがひにわけ わがしたぎについてくじをとりぬといひしことにかなへんとなり ゆゑにつはものこのことをなせり
25 さて耶穌のはゝはゝいもとおよびキロパつまなるマリアマグダレネマリアとその十字架じうじかのかたはらにたてり
26 よつて耶穌はゝといつくしむところの門徒でしとちかくたつをみて そのはゝにいひけるは をんなよ なんぢのをみよ
27
28[27] また門徒でしにいひけるは なんぢのはゝをみよ こののちそのでしは耶穌のはゝをおのれのいへにつれゆけり [28] こののち耶穌すべてことのすでにおこれるをしりて 聖書せいしよにかなふために われかわくなりといへり
29 こゝにのみちたるうつはをおかれしかば つはものども海絨うみわたにひたし えだにつけてその口にあたふ
30 耶穌をうけしのちいひけるは おはりぬ かうべをたれてたまをわたせり
31 この日まつりのそなへ日なり また安息日あんそくにちしかばね十字架じうじかのうへにすておかざるために ユウダヤびとピラトにかれらのあしををりてしかばねをとることをねがへり いかにとなればこのあんそくにち大事だいじなる日なればなり
32 さてつはもの耶穌とともに十字架につけられしものゝあしをさきにをり
33 耶穌にきたりて はやしたるをみてそのあしををらず
34 しかるにつはものゝひとりやりにてそのあばらをつき すぐにみづといでたり
35 これをみしものはあかしをたてたり そのあかしはまことなり なんぢらしんずべきためにこれをみる人はあかしをたて そのあかしもまことなり かれをまことをいふとしれり
36 このことをなすはしるせしところの そのほねのひとつもくだかざるべしといひしにかなへんためなり
37 またほかのしるせしところ かれらはかれらのつきしものをみんといへり
38 このゝちアリマタヤヨセフユウダヤびとをおそれてひそかに耶穌の門徒でしなるものなれば 耶穌のしかばねをとらんとピラトにねがふ ピラトこれをゆるす ゆゑにかれきたりてそのしかばねをとれり
39 またはじめに夜間よる耶穌にきたりしものニコデモというひときんばかりの没藥もつやく蘆薈ろくわいをまぜてたづさへきたれり
40 かれら耶穌のしかばねをとりて ユウダヤ人のはうむりのならはしのごとく これをぬのかうにてつゝめり
41 さて十字架じうじかにつけしところにそのあり そののうちに人のいまだおかざるあたらしきはかあり
42 この日ユウダヤ人のまつりのそなへなり またはかちかければそこに耶穌をおけり