約翰傳第十一章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 約翰傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第十一章[編集]

[1] さてマリアとそのあねマルタのむらなるベタニアラザロといふやめるものあり
2 そのやみしラザロしゆ没藥もつやくをぬり おのれのかみのけをもつてしゆのあしをぬぐひしマリア兄弟きやうだいなり
3 ゆゑにかれの姊妹あねいもと耶穌にしゆのいつくしむものやめるなりといひつかはしける
4 耶穌これをきゝていひけるは このやまひはするにあらず かみのちからをあらはし かみの子をあか[が]むるためなり
5 それ耶穌はマルタとそのいもとラザロをいつくしめり
6 さればかれやめるときゝて そのところに二日ふつかとゞまれり
7 そのゝち門徒でしにいひけるは われらまたユウダヤにゆくべし
8 門徒でしいひけるは ラビ ユウダヤ人はちかごろいしをもつてしゆをうたんとせしに またかしこにゆきたまふか
9 耶穌こたへけるは 一日のうちに十二時あらずや 人もしひるにあるかばつまづかじ そはこのよのひかりをみるによつてなり
10 また人もしよるにあるかばつまづくべし そはかれにひかりなきゆゑなり
11 耶穌これをいひてのち門徒でしにいひけるは われらのともラザロいねたり われかれをさまさんためにゆくべし
12 門徒でしいひけるは しゆよ かれもしいぬるならばいえん
13 耶穌はかれのについていへり でしはいねてやすむことをいはれたりとおもへり
14 こゝにおいて耶穌あきらかに ラザロせしといへり
15 なんぢらがしんずるためにわれかしこにあらざりしをよろこぶ しかしながらわれらかれにゆくべし
16 ふたといへるトマスそのあひでしに われらもまたゆきてかれとともにすべしといへり
17 耶穌いたりて ラザロはかにはふむられてすでに四日なるをしれり
18 ベタニアヱロソルマにつかきことおよそ一里なり
19 ユウダヤ人すでにおほくその兄弟きやうだいのことによりてかれらをなぐさむるためにマルタマリアにきたれり
20 マルタは耶穌いたるときゝ すぐにゆきてこれをむかへり マリアいへせり
21 マルタ耶穌にいひけるは しゆや こゝにいませしならば わが兄弟きやうだいせざりしものを
22 しかしながらいまでもしゆかみにもとむるところのものをかみしゆにあたへたまふことをしりぬ
23 耶穌いひけるは なんぢの兄弟きやうだいはよみがへるべし
24 マルタ耶穌にいひけるは かれはおはりの日のよみがへるべきときによみがへることをしる
25 耶穌かれにいひけるは よみがへらすといかすとはわれなり われをしんずるものはするともいくべし
26 みないきてわれをしんずるものはいつまて[で]もすることなし なんぢこれをしんずるや
27 かれ耶穌にいひけるは しゆや さなり われはしゆにきたるべきキリストかみなりとしん
28 かくいひ ゆきてひそかにそのいもとマリアをよび きたりてなんぢをよびたまへりといへり
29 マリアきゝ とくたちてしゆのところにゆけり
30 ときに耶穌いまた[だ]むらにいらず なほマルタのむかへしところにをれり
31 マリアをなぐさめてともにいへにをりしユダヤ人はマリアがとくたちていづるをみて かれはなげくためにはかばにゆくといひてかれにしたがへり
32 マリア耶穌のところにきたり これをみて耶穌のあしもとにふしていひけるは しゆよ もしこゝにいませしならば わが兄弟きやうだいせざりしものを
33 耶穌マリアなき またかれとともにきたりしユウダヤ人のなくをみて こゝろにうれひおもひやりて
[34] いひけるは なんぢいづこにこれをおきしや 耶穌にいひけるは しゆや きたりてみたまへ
35 耶穌なみだをながしぬ
36 ユウダヤ人いひけるは みよ いかにもかれをいつくしむものかな
37 そのうちにある人いひけるは この人はしひのめをひらきたるに かれをまたせざらしむることあたはざりしか
38 耶穌またこゝろにうれひてはかにいたる はかはほらにしてそのうへにいしをすえられたり
39 耶穌いひけるは いしをのけよ せしものゝ兄弟きやうだいマルタいひけるは しゆや かれはもはやくさし してより四日なればなり
40 耶穌かれにいひけるは もしなんぢしんじなばかみ威光いくわうをみんと われなんぢにいひしにあらずや
41 さてせしものをおきしところよりいしをのけし 耶穌めをあげていひけるは ちゝや われにきゝたまひしはありがたきなり
42 つねにわれにきゝたまひしことをしれども かくいひしはそばにたつ人のために かみわれをつかはしたまひしことをしんぜさせんがためなり
43 かくいひて おほひなるこゑにて ラザロよ いでよとよびしに
44 せしものぬのにてあしをまかれ またかほはぬぐひにてつゝまれていづ 耶穌かれらにいひけるは かれをといてゆかしめよ
45 マリアとともにきたりしユウダヤ人耶穌のせしことをみておほくはかれをしんぜり
46 されどもそのうちにパリサイの人にゆきて耶穌のせしことをつげしものあり
47 祭司さいしのおさたちとパリサイの人と評議へうぎやくをよびあつめていひけるは この人おほくのしるしをなすゆゑに われらいかにすべきや
48 もしわれらかれをこのまゝにすておかば おほくの人かれをしんぜん さすればロウマの人きたりてわれらのところとくにたみとをうばゝん
49 そのうちにこのとしの祭司さいしのおさたるカヤパといふものかれらにいひけるは なんぢらはなにもしらず
50 また國中くにぢうのたみのほろぶるより ひとりたみのかはりにするはわれらのためによかるべきことをおもはず
51 これはみづからいひしにあらず このとしの祭司さいしのおさたるゆゑに耶穌このたみのためにすることをあらかじめいひしなり
52 またこのたみのためのみならず ちりたるかみどもらをひとつにあつめんがためなり
53 この日よりのち かれら耶穌をころさんことをはかるによりて
54 耶穌これよりあらはにユウダヤ人のうちにゆかずそこをさり にちかきところなるイフライムといふむらにゆきて 門徒でしとともにとゞまれり
55 ユウダヤびとのすぎこしのまつりちかづきぬれば ひと〴〵おのれをいさぎよくせんために すぎこしのまつりのまへにいなかよりヱロソルマにのぼり
[56] 耶穌をたづね みやにたちてあひたがひにいひけるは いかにおもふや かれはまつりにきたらざるや
[57] 祭司さいしのをさたちとパリサイの人とすでにふれをいだせり もし耶穌のありかをしる人あらばつぐべしとなり これはかれをとらへんがためなり