町村の廃置分合 (昭和31年総理府告示第549号)

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア箱根町のページがあります。

町村の廃置分合ちょうそんのはいちぶんごう

  • 昭和31年9月30日総理府告示第549号
  • 施行: 昭和31年9月30日
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

●総理府告示第五百四十九号

町村の廃置分合

 地方自治法第七条第一項の規定により、神奈川県足柄下郡湯本町温泉村宮城野村仙石原村及び箱根町を廃し、その区域をもつて箱根はこね町を置く旨、神奈川県知事から届出があつた。

 右の廃置分合は、昭和三十一年九月三十日からその効力を生ずるものとする。

 昭和三十一年九月三十日

内閣総理大臣  鳩山 一郎


PD-icon.svg この文書は、日本国著作権法13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。
  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
Flag of Japan.svg