都の西北

提供: Wikisource
早稲田大学校歌から転送)
移動: 案内検索
  • 正式な名称は「早稲田大学校歌」。「都の西北」は曲名ではないが、通称として広く認められている。早稲田大学関係者の愛唱歌である。
作詞
相馬御風
作曲
東儀鉄笛
  1. 都の西北 早稲田の森に
    そびゆるいらかは われらが母校
    われらが日ごろの 抱負を知るや
    進取の精神 学の独立
    現世を忘れぬ 久遠の理想
    かがやくわれらが 行手を見よや
    わせだ わせだ わせだ わせだ
    わせだ わせだ わせだ
  2. 東西古今の 文化のうしほ
    一つに渦巻く 大島国の
    大なる使命を 担ひて立てる
    われらが行手は 窮り知らず
    やがても久遠の 理想の影は
    あまねく天下に 輝き布かん
    わせだ わせだ わせだ わせだ
    わせだ わせだ わせだ
  3. あれ見よかしこの[1] 常磐の森は
    心のふるさと われらが母校
    集り散じて 人は変れど
    仰ぐは同じき 理想の光
    いざ声そろへて 空もとどろに
    われらが母校の 名をばたたへん
    わせだ わせだ わせだ わせだ
    わせだ わせだ わせだ

注釈[編集]

  1. 作詞当初は「あしこの」

関連項目[編集]