平民自今必苗字ヲ唱ヘシム

提供: Wikisource
移動: 案内検索

平民自今必苗字ヲ唱ヘシムへいみんじこんかならずみょうじをとなえしむ

  • 明治8年2月13日太政官布告第22号
  • 通称: 平民苗字必唱義務令、苗字必唱令、国民皆苗令
  • 註: 以下のリストに掲載される漢字JIS X 0208外の異体字であり、Unicode表のBMP(基本多言語面、0面)が正しく表示できない環境によっては正しく記されない可能性がある。尚U+FA30からU+FA60の文字は、JIS X 0213対応のフォント(IPAフォント等)による記述を行っている。
    • 凡例
      親字 → 異体字 (Unicode番号) ; 異体字の説明。
    • 告 → 吿 (U+543F) ; 「靠」の「非」を除いた字形
    • 祖 → 祖 (U+FA50) ; 旁が「示」となる字形

平民苗字被差許候旨明治三年九月布吿候處自今必苗字相唱可尤先以來苗字不分明ノ向ハ新タニ苗字ヲ設ケ候樣可致此旨布吿候事