司法警察官吏執務規則 (大韓民国)

提供: Wikisource
移動: 案内検索

一部改正 2005年8月26日 (部令第577号) 法務部

司法警察官吏執務規則

第1章 総則[編集]

第2章 捜査[編集]

第1節 通則[編集]

第2節 捜査事務報告[編集]

第3節 捜査書類[編集]

第4節 出席要求及び調査[編集]

第5節 被疑者の逮捕・拘束等<改正 1996年12月31日>[編集]

第6節 現行犯人[編集]

第7節 変死者の検視[編集]

第8節 告訴事件の処理[編集]

第9節 少年事件に関する特則[編集]

第41条 (少年事件捜査の基本) 少年事件は、保護処分又は刑事処分に対する特別な審理資料を提供することを念頭に置かなければならないし、少年の健全な育成を図る精神で捜査しなければならない。

第42条 (少年の特性の考慮) 少年事件を捜査する際には、少年の特性に照らし、なるべく他人の耳目をひかない場所で温情と理解を持って柔らかい口調で調査しなければならないし、その心情を害しないように留意しなければならない。

第43条 (犯罪の原因等及び環境調査) ① 少年事件を捜査する際には、犯罪の原因及び動因並びにその少年の性格・行状・経歴・教育程度・家庭状況・交友関係その他環境等を詳しく調査して、環境調査書を作成しなければならない。

② 心身に異常があると認めるときは、直ちに、医師をして診断させなければならない。

第44条 (拘束についての注意) 少年に対しては、なるべく拘束を避け、やむを得ず拘束又は同行する場合には、その時期及び方法に関して特に配慮しなければならない。

第45条 (報道上の注意) 少年犯罪は、「少年法」の趣旨により迅速に処理し、少年の住居・姓名・年齢・職業・容貌等によりその者を当該本人であると推知することができるような事実又は写真が報道されないように特に配慮しなければならない。<改正 2005年8月26日>

第46条 (学生犯罪) 少年ではなくとも、学生の犯罪事件については、第41条ないし第45条の規定を準用する。

第47条 (女性犯罪) 被疑者が女であるときは、第42条及び第44条の規定を準用する。

第9節の2 家庭暴力犯罪に関する特則<新設 1998年7月3日>[編集]

第10節 証拠[編集]

第11節 事件送致[編集]

第54条 (事件送致) 司法警察官が捜査を終結したときは、これをすべて管轄地方検察庁検事長又は支庁長に送致しなければならない。

〔以下割愛〕

第3章 帳簿及び備置書類[編集]