Wikisource:利用者

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキソースを利用する人を「利用者」(りようしゃ)または「ユーザー」と呼びます。利用者は、アカウントログインしていない場合はIPアドレス)単位で認識されます。ウィキソースを読むだけの場合はウィキソース側に記録は残りませんが、編集などを行うと、履歴やログに記録が残ります。

システム上、利用者は異なる操作権限をもつグループに属しており、これによって多くの人に編集を可能とすると同時に、サイトを正常な状態に保守することを可能としています。このグループには、ウィキソース日本語版(ローカル)におけるものと、全ウィキメディア・プロジェクトを横断するグローバルグループがあります。以下ではこれらのグループについて概略を解説しています。現在どのようなグループがあり、どのような権限が割り当てられているか、誰が所属しているかの正確な情報については、ローカルグループについては特別:利用者グループ権限を、グローバルグループについては特別:グローバルグループ権限をご覧ください。

利用者グループの種類(ローカル)[編集]

ウィキソース日本語版にログインをしている利用者は1つ以上の利用者グループに属しており、グループごとに行える操作が決まっています。「登録利用者」グループを除き、これらのグループへの所属はウィキソース日本語版(ローカル)でのみ有効で、他の言語版および他のウィキメディア・プロジェクトには及びません。

各グループに割り当てられている権限の詳細は特別:利用者グループの権限一覧を参照してください。また各利用者の権限変更(所属グループ変更)については特別:ログ/rights(利用者権限変更記録)をご覧ください。

なお、何らかの理由で投稿ブロックされた場合には、以下で説明している操作の大部分は行えなくなりますが、読者としてウィキソースを閲覧することは出来ます。

IP利用者[編集]

ログインせずに編集などの操作を行う利用者をIP利用者 (IP user)、匿名利用者 (anonymous user) 、または非ログイン利用者と呼びます。IP利用者は明示的にはどの利用者グループにも属しておらず、特別:利用者グループの権限一覧にて「(全員)」に許されている操作だけを行うことができます。これには、ページの編集・新規作成、アカウントの作成などが含まれます(ウィキソース英語版ではページの新規作成もできないなど、プロジェクトによって設定が異なります)。

ログインしないで行う操作は接続に用いたIPアドレスで識別されます。このため、履歴やログにだれでも見られる状態でIPアドレスが表示されます。なお、IPアドレスの接続元(国・地域・組織名など)はだれにでも調べることが出来ます。

登録利用者[編集]

アカウントを作成して「登録利用者」となると、編集時に細部の編集の印をつけるなど、IP利用者にはできない操作を行うことができます。個人設定を変更してページの見た目などを変更したり、ウォッチリストを利用して気になるページを簡単に監視したりもできます(Help:ログイン参照)。自分自身の利用者ページを作ることも出来ます(ただし「翻訳も含めた凡ての言語での一次資料の概論の作成」に関係ない用途には使えません)。

編集などの操作は利用者名で記録されますので、履歴やログにIPアドレスが表示されません(秘匿されている記録には残ります)。

新規利用者[編集]

新規登録後、自動承認されるまでは特別:利用者グループの権限一覧にて「登録利用者」に許されている操作だけを行うことができます。このような利用者を「新規利用者」と呼んでいます。新規利用者は、自動承認された利用者に許されている半保護されたページの編集やページの移動などの操作はできません。

自動承認された利用者[編集]

新規登録(初ログイン)から4日が経過し、かつ10回の編集をすると、「自動承認された利用者」(autoconfirmed user) となります。新規利用者に課せられているいくつかの制限がなくなり、ページの移動やファイルのアップロードが可能になります。半保護されたページも編集できるようになります(全保護されたページは編集できません)。

他言語版ウィキソースでは、「自動承認された利用者」となるための条件が日本語版とは異なることがあります。以下に例を挙げます。仕様変更申請をしてない場合は、「新規登録(初ログイン)から4日経過する」が基本になります。

承認された利用者[編集]

自動承認された利用者となる条件が厳しいプロジェクトでは、その条件を緩和するために「承認された利用者」の申請制度を設けている場合があります。現在の日本語版では「4日経過」と「10編集」だけが自動承認条件なので「承認」プロセスは整備されていませんが、システム的にはビューロクラットが「承認」権限を有しています。

Bot(ボット)[編集]

Bot(ボット)は、スクリプトを使用して単純な操作を機械的に行うためのアカウントです。Botグループに属する利用者の編集は、最近更新されたページなどで非表示になったり、自動的にパトロール済みになったりします。

管理者[編集]

管理者 (sysop) は、ローカルプロジェクトにおいて、ページの削除・復帰・保護、利用者の投稿ブロック、保護ページ(システムメッセージ含む)の編集、ファイルの移動などを行うことが出来ます。管理者となるための手続きなどについてはWikisource:管理者を参照してください。

ビューロクラット[編集]

ビューロクラット (bureaucrat) は、ローカルプロジェクトにおいて、他の利用者を管理者・ビューロクラット・ボットのグループに加えたり、ボットのグループから除去したりする操作が行えます。詳しくはWikisource:ビューロクラットを参照してください。

利用者調査者[編集]

利用者調査者 (CheckUser) は、ローカルプロジェクトにおいて、登録利用者のIPアドレスなどの情報の確認を行うことが出来ます。日本語版ウィキペディアでは「チェックユーザ」と呼ばれています。現在所属している利用者はいません。

秘匿者[編集]

秘匿者 (oversight) は、削除したページを管理者からも隠したり、ブロックした利用者名を一覧から隠したりすることができます。日本語版ウィキペディアでは「オーバーサイト」と呼ばれています。現在所属している利用者はいません。

IPブロック適用除外者[編集]

IPブロック適用除外者は、広域ブロックに巻き込まれているなどの理由から、例外的に全てのブロックを回避できる権限を与えられている利用者です。詳しくはWikisource:IPブロック適用除外を参照してください。

その他[編集]

インポート権限保持者、トランスウィキ・インポート権限保持者、アップロード権限保持者については、特定の操作に特化して権限を割り当てられているグループですが、現在所属している利用者はいません。

利用者グループは、ローカルの設定によって増やすこともできます。

利用者グループの種類(グローバル)[編集]

グローバルグループはウィキメディア・プロジェクト全体を横断的に操作できる権限を持つグループです。現在どのようなグループがあり、どのような権限が割り当てられているかについては特別:グローバルグループパーミッションをご覧ください。また各利用者の権限変更(所属グループ変更)についてはmeta:Special:Log/gblrights(グローバル権限変更記録)をご覧ください。

スチュワード[編集]

スチュワード (steward) は、ウィキメディア・プロジェクト全体において利用者権限の変更やチェックユーザーなどを行うことが出来ます。ただし自分が活動しているプロジェクトでの権限変更は方針で禁じられています。また、ウィキメディア・プロジェクトを横断しての利用者の投稿ブロックなどができます。詳しくはWikipedia:スチュワードおよびmeta:Stewards/jaをご覧ください。

システム管理者[編集]

システム管理者 (sysadmin) はウィキメディア・プロジェクトのシステムを管理している技術者用のグループです。詳しくはWikipedia:開発者およびmeta:System administrators(英語)をご覧ください。

スタッフ[編集]

ウィキメディア財団職員のためのグループです。

創設者[編集]

ウィキソース創設者・利用者:Jimbo Wales専用の利用者グループです。Jimbo Walesは以前スチュワードグループに属していましたが、スチュワードとしての活動を行っていないために外すべきであるというコミュニティの合意がなされ、これに対してウィキメディア財団理事会の要請によりスチュワードグループと同等の権限をもつ「創設者」グループが作成されました。詳しくはmeta:Founder(英語)を参照してください。

グローバル・ボット[編集]

ウィキメディア・プロジェクトのうち、明示的に方針でグローバル・ボットを認めているプロジェクトでボットとして編集を行う利用者のグループです。meta:Bot policy/jaを参照してください。

グローバル・ロールバック権限保持者[編集]

ウィキメディア・プロジェクトを横断して荒らしによる投稿を機械的に差し戻す「ロールバック」(巻き戻し)を行う権限をもつグループです。詳しくはmeta:Global rollbackをご覧ください。

オンブズマン[編集]

オンブズマン (ombudsman) はウィキメディア財団のプライバシー・ポリシーに反する投稿についての苦情に公式に対処する利用者で、財団より正式に任命されています。詳しくはmeta:Ombudsman commission(英語)をご覧ください。

関連ページ[編集]