Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/80

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


之墓」としるし、その忠誠を世にあらはしました。ゆきかふ人々は、この碑を仰いで、正成の忠誠を心に深く刻みました。また、吉野の忠臣の事績をたたへた太平記も、このころ盛んに愛讀され、尊王の精神は、しだいに國民を目ざめさせるやうになりました。

楠公の碑
楠公の碑

學者の中には、わが國の古書を硏究し、特に、古い國語をくはしく調べて、大和心をはつきりさせる必要があるといふ考へから、萬葉集や古事記を硏究するものが、次々に現れて來