Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/71

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


伊能忠敬の測量

伊能忠敬の測量

わが國民は、昔から、いろいろ工夫することにすぐれ、元祿のころには、關孝和といふ偉大な算數の學者も出てゐます。吉宗が洋書の禁をゆるめると、理數の學問に對する國民の硏究熱は、一だんと高まつて行きました。やがてテンプレート:分注後櫻町天皇・テンプレート:分注後桃園天皇の御代のことから、杉田玄白や平賀源内らが現れ、醫學や電氣學の發達に、力を注ぎました。源内の作つた發電機には、オランダ人も、目をみはつて驚いたといひます。更に光格天皇の御代に