Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/20

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


でになつたのであります。

豐臣秀吉
豐臣秀吉

秀吉は本能寺の變のしらせを受けて大いに驚き、信長の死を深く悲しみました。しかし少しも色にあらはさず、すばやく毛利氏との和議をまとめると、ただちに兵をかへして、光秀を山城の山﨑に攻めほろぼしました。本能寺の變からこの時まで、わづかに十一日です。ほかの家來が、京都の近くで、うろたへさわいでゐる間に、秀吉は、かうもあざやかに、主の仇を討つたばかりか、てあつく信長の葬儀までとりおこなひました。人々は目をみはつて驚き、秀吉の評判は、には