Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/17

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


て、あなどりがたい勢を示しました。さしもの秀吉が、備中高松城一つを攻めあぐんで、信長に援軍を求める有樣でした。

戰の跡

戰の跡

信長は安土へ歸ると、すぐに西征の準備を整へ、明智光秀らを先發させ、自分は京都にはいつて、本能寺に宿をとりました。そこへ光秀が、にはかに反旗をひるがへして、攻め寄せたのです。思ひがけない夜明けの不意討ちではあるし、わづかの兵では、とても防ぎ切れません。弓は折れ矢玉もつきて、信