Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/87

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


は、あまごつねひさおほうちよしおきまうりもとなり、四國にはちやうそがべもとちか、九州にはしまづよしひさなどが現れ、やがてあううからは、だてまさむねが出ます。これらの英雄は、いづれも、まづとなりどうしの敵との間に、親子代々、血みどろの戰を續けました。

しかしわが國は、あきつみかみであらせられる天皇のお治めになつてゐる、尊い國であります。世の中の移り變りが、そんなにはげしからうと、國のもとゐは、少しもゆらぎません。京都は、應仁の亂ですつかりさびれ、くげも、一時はちりぢりになりましたし、おとろへた幕府は、もう皇室の費用をたてまつる力さへありません。日常の不自由は、申すもおそれ多いほどで、まして大切なおん儀式などは、よういにおげになることのできないおん有樣でありました。しかし、かうした中に、かたじけなくも御代御代の天皇は、戰亂・不作・病氣などに苦しむたみくさに、深い深い惠みをたまはつたのであります。

後奈良天皇の御寫經
後奈良天皇の御寫經

さきに後花園天皇は、民の苦しみをおさつしになつて、義政のおごりをおいましめになりましたが、後土御門天皇・〈第百四代〉ごかしはばら天皇も、戰亂の世を御心配になり、ひたすら、萬民の生活に御惠みの心をお注ぎになりました。後奈良天皇がお立ちになつたころは、とりわけ御不自由のはなはだしい時でありました。しかも天皇は、これ