Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/86

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


三 こくみんのめざめ

足利義政が、荒波とたたかふ八幡船などには目もくれず、銀閣を建てたり茶の湯を樂しんでゐたのは、ちやうどヨーロッパ人が、東亞の航路を探つてゐたころのことでした。幕府の命令は、もうやましろ一國におよぶか及ばない有樣で、地方では、武將が、自分の領地をひろげるため、力にまかせて攻め合ひを始めました。まつたく、強いもの勝ちの世の中になつて、人々の苦しみは、增すばかりでした。義政の次に將軍に任じられたよしひさは、武將のわがままをおさへようと、いろいろ工夫しましたが、もう何としても、ききめがありませんでした。

應仁の亂は2127から2137まで

應仁の亂は2127から2137まで

戰亂のうづまきは、まづ關東に起りました。やがて、それがうしほのやうな勢で全國へひろがり、國々は、大波にのまれさうになりました。この大波にもまれて、いくにんものえいゆうが、次々に現れたのです。關東では、ほうでうさううんが、後土御門天皇の御代に、早くもいづりやくしました。その後、北條氏は、子のうぢつな、孫のうぢやすと、三代・五十年の間に勢を得て、後奈良天皇の天文年間、つひに關東一たいをへいていしました。これと前後して、中部には、うへすぎけんしんたけだしんげんいまがはよしもとおだのぶなが、中國に