Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/82

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


るので、こちらもだまつてゐませんでした。向かふが約束を破つたり、品物の代金を拂はなかつたりすると、日本刀を振るつて、相手をこらしめました。さすがの元も、その武力を恐れ、やがて、わが商人のきげんを取るやうになつたほどです。高麗も、これを防ぐのに、ずゐぶんひようをかけたため、すつかり國がおとろへたといひます。かうしたことがてつだつて元はほろび、代つて明がおこると、國王は、さつそく使ひをわが國によこして、かうした商人の取りしまりを求め、高麗もまた、それを望みましたが、明の國書があまりにも無禮なので、せいせいたいしやうぐんかねながしんのうは、きびしくおとがめの上、きつぱりとこれをお退けになりました。

潮路はるかに
潮路はるかに

このころのわが商船には、ゆうかんな武士も多數乘りこんで、盛んにくわつやくしました。すると支那の海賊までが、そのしり馬に乘って、できたばかりの明の國を荒しまはるしまつです。さんとうせつかうふくけんの諸地方などは、ほとんどいつさいが、根こそぎされる有樣です。高麗も、さんざんになやまされ、これがげんいんとなつて、つひにほろびてしまひました。ついで興つたのが、てうせんといふ國であります。

足利義滿が、明のえうきうをいれて、取りしまりをおこなつたため、わが國民の大陸進出は、一時下火となりました。しかし、幕府の手ぬるい