Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/73

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


來ました。天皇は、ひとまづひえいざんぎやうかうになりました。義貞は、名和長年らと力を合はせ、賊を退けようとしましたが、つひに長年も討死し、京都の回復は、こんなんとなりました。天皇は、官軍が振るはないのを心配になり、義貞を行宮にお召しになつて、

「皇太子つねなが親王を奉じて北國へおもむき、勢をもりかへして京都を回復せよ。」

との御命令を、おくだしになりました。またかねなが親王をせいせいたいしやうぐんとして、九州へおつかはしになり、さいごくの官軍をおはげましになりました。

吹雪をついて

吹雪をついて

延元元年12月、天皇は、神器を奉じて吉野におうつりになり、ここに行宮をお定めになりました。吉野は、けはしい山に圍まれたてんねんの要害であり、いせと河内を東西にひかへて、諸國の官軍をおすべになるには、きはめて都合のよいところでした。ことに、この地は、かつて護良親王の奮戰になつたところであります。藏王堂のかたほとりに、おそれ多くも天皇は、花のたよりもよそに、ひたすら官軍のきつぽうをお待ちになりました。

北國へ向かつた義貞・よしあきは、途中きびしい寒さとふぶきになやまされ、苦しい行軍を續けながら、やうやくゑちぜんにはいりました。さ