Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/68

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


返し、あるひはせつつわたなべの戰で、賊の精兵を擊ち破るなど、その活動は、めまぐるしいほどでありました。やがて、こんがうざんちはやに城を築いて、賊の大軍をなやまし續けました。吉野山の要害には、護良親王がおいでになつて、勤皇の兵をお集めになりました。金剛山と吉野山と、この二つが手をつないで、賊軍をまごつかせました。

義光の最期

義光の最期

高時はあせつて、さらにかまくらろくはらの大兵をくり出しました。そのため、吉野のとりでは、惜しくも落ちました。ざわうだうの別れのえんも、むらかみよしてるさうれつな最期も、ともにこの時のことであります。殘る一つの千早城は、うんかのやうな賊軍をしり目にかけて、びくともしません。正成のはかりごとは、いよいよさえて、賊のそんがいは增すばかりです。この間に、親王の御命令を受けて、勤皇の旗を擧げるものが、しだいに多くなりました。

天皇が、隱岐におうつりになつてから、もうそろそろ一年になります。波風の荒いこじまの冬は、どんなにきびしかつたでせう。おしのび申しあげると、胸のふさがる思ひがします。

天皇は、官軍のけいせいがしだいによくなつたことをお聞きになると、機を見てはうきへお渡りになり、なわながとしをお召しになりました。長年はかんげきして、ただちに一族のものをよび集め、せんじやうさんあんぐう