Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/57

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


この役所は、のちに鎌倉ばくふと呼ばれるやうになりました。

賴朝の敬神

賴朝の敬神

賴朝は、平家が武士の本分をわきまへず、おごりにふけつて、もろくもほろびたのをよいいましめとして、もつぱら質素けんやくを實行し、部下にもそれを守らせました。また、つねに朝廷を尊び、神を敬ひ、ほとけをあがめ、武をねることをすすめ、特に剛健な氣風を養つて、いざといふ場合にそなへさせました。武士たちは、遊びのうちにも、やぶさめとか、かさおけとか、いぬおふもの・狩・すまふなどきそつて、からだをきたへ武藝をねることを、第一とするやうになりました。武士のかうした氣風は、しだいに國中にひろまり、人々の心は、いつぱんにひきしまつて來ました。さうして、鎌倉武士の名は「いざ鎌倉」のことばとともに、ながく後世に傳へられました。

富士の卷狩
富士の卷狩

狩といへば、賴朝が征夷大將軍に任じられたあくる年、富士のすそのもよほした卷狩は、全國の武士を集めたほど、盛んなものでした。富士川の對陣以來、早くも十二三