Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/47

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


はなやかな時でありました。道長は、かもんの榮えに滿足して、これをもちづきにたとへたほどでした。法成寺は、その後あとかたもなく燒けてしまひましたが、當時書かれた本によつて見ると、實にすばらしいものであつたことがわかります。

中央の政治がゆるむと、地方は地方で勝手になり、世の中が、だんだんみだれて來ます。山賊や海賊がはびこり、役人の中には、人々をなつけ、ぶげいをねらせて、賊にそなへるものもありました。自分らの手で、地方のらんをしづめるために、家來を集め武藝をねる。かうしたことから、武士といふものが起るやうになりました。中でも源氏と平家は、もともと家がらがよく、主となる者は、人がらもりつぱで、なさけが深く、從つて、部下がよくなつきました。かれらは、それぞれ地方をしづめて功を立て、それとともに、勢はしだいに盛んになつて行きます。刀伊が攻め寄せたのは、都の人の心がゆるみ、地方の政治も振るはない時のことでしたが、しかも、よくこれをしりぞけることができたのは、筑紫の武士がふるひたつたからです。

太宰府

太宰府

賴通の生活も、道長どうやうはなやかなものでした。かれもまた、うぢびやうどうゐんを建てましたが、その一部分の鳳凰堂が今に殘つて、藤原氏のえいぐわをしのばせてゐます。なだらかな屋根のこうばい、すらりと