Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/41

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


れからまつたく、しづまるやうになりました。

一方、朝廷では、蝦夷に對して、でんぢを授け、農業ややうさんの方法を教へ、地方の役人にとりたてるなど、いろいろこれをお惠みになりました。また關東地方や中部地方の人々で、奧羽に移り住み、蝦夷をみちびいて、さんりんや荒地を切り開いたものも、少くありません。蝦夷もまた、皇威をしたつて、少しでも都に近く住まうとするものが、しだいにふえて來ました。かうして蝦夷は、だんだんりつぱな國民となり、中にはさきもりとして忠義をつくす勇士さへ、出るやうになりました。

天皇はまた、新しいぶつけうおこして、世の中に役だつやうにしたいとお考へになりました。そこで、さいちようくうかいとをお選びになり、唐へ渡つて佛教を硏究して來るやう、お命じになりました。どこまでも國のためになる、新しい佛教を興さうといふ意氣にもえて、二人は、熱心に唐で勉強しました。最澄は、きてうすると、ひえいざんの延曆寺を都のまもりとし、てんだいしゆうを開いて、多くのでしたちに勉強させました。空海もまた、かうやさんこんがうぶじを建てて、しんごんしゆうをひろめ、京都に學校を開いて、身分の低いものでも勉強のできるやうにしました。かうして、二人とも、寺を奧ぶかい山の上に建て、弟子たちと一しよにしゆげふにはげみましたので、佛教はめんもくを一新することになりました。

萬農池

萬農池

最澄・空海は、また國々をまはつて、地方の開發に力をつくしました。空海がさぬきの國につくつたまんのうのいけは、今にいたるまで、その