Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/40

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


いろいろせいぢをお改めになりました。特に心をおもちひになつたのは、地方の政治であります。わが國は、西に大陸をひかへてゐますので、地方の政治も、西と東とでは、力の入れ方に、昔から多少のちがひがありました。

.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-variant-east-asian:ruby}.mw-parser-output ruby>rb,.mw-parser-output ruby>rp{speak:none}奧羽(あうう)の要地

あううの要地

從つて西の國々は、わりあひ早くから開けましたが、東の方は、とかくおくれがちでありました。奧羽地方の日本海方面は、齊明天皇のころから、しだいに治り、太平洋方面は、聖武天皇のころ、せんだいあたりまで開けましたが、その北の一たいが、まだそのままで、その地のえぞが、しばしばそむきます。

多賀のとりで
多賀のとりで

そこで桓武天皇は、さかのうへのたむらまろせいいたいしやうぐんに任じて、この蝦夷をお討たせになりました。田村麻呂は、武勇にすぐれ、なさけも深い、りつぱな武將でありました。從ふものはゆるし、手むかふものは討ち從へて、今のいはて縣のあたりまで進み、ゐざはじやうを築いて兵をとどめ、めでたくがいせんしました。ながらくの間、ついたり離れたりしてゐた蝦夷も、こ