Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/39

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


すく、のびゆく日本の都として、まことにふさはしいところでした。都のかまへは、へいじやうきやうよりさらに大きく、山川の眺めもまた、奈良にまさるものがありました。四方から集つて來た人々は、すがすがしい新都を祝つて、平安京とほめたたへました。思へば、桓武天皇から〈第百二十一代〉かうめい天皇まで、およそ一千年の間、御代御代の天皇は、ここにましまして、國をお納めになつたのであります。この間、世の中がどんなに變つても、京都は日本の中心であり、京といへば京都をさす習はしも、この間にできました。今、ひがしやまのふもとの近く、あをがはらの屋根、しゆぬりの柱も美しい、だいごくでんにかたどつたへいあんじんぐうには、桓武天皇と孝明天皇のおんふたかたがおまつりしてあります。

平安京

平安京

大極殿
大極殿

桓武天皇は、平安京におうつりになると、かねてのお考へどほり、