Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/33

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


た皇室の御惠みによつて、奈良の都は、東大寺を始め多くの大寺をちりばめ、今をさかりと咲きほこるやへざくらのやうに、美しく榮えました。ふぢはら氏やおほとも氏など、朝廷に仕へる人々が、それぞれの役目にはげみ、たみくさは、あめつちとともに榮える大御代をことほぎました。國中に元氣が滿ち、力があふれました。このころできたまんえうしふといふ和歌の本には、わかあゆのやうにぴちぴちとした歌が、たくさん集つてゐます。

また地方の國分寺も、こくふと結び、その役人と助け合つて、よく人人をなつけました。そのゐぶつゐせきや「國分寺」といふ里の名が、今なほ多く殘つてゐるのは、國分寺が國のしづめとして、よくその役目をはたしたしようこです。道を造り、橋をかけ、港を開くなど、地方のためにつくした僧も、ぎやうきを始め少くありません。

國分寺のおもかげ
國分寺のおもかげ

佛教が盛んになるにつれて、美術・こうげいも、目だつて進みました。寺々に傳はつてゐる數々のぶつざうや、東大寺けいだいしやうさうゐんや、その中にをさめられてゐる聖武天皇のぎよぶつなどは、すべてりつぱなものばかりです。それが、千二百年後の今日まで、そのままほぞんされてゐるのは、わが國だけに見られることで、そこにも、わが國からの尊さがしみじみと思ひ合はされるのであります。