Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/31

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ますが、奈良の都は、七代・七十餘年の間、咲く花のにほふやうにさかえました。北の正面には、だいだいりがあり、南へ走るすざくおほぢは、都を左右に分けて、そのはてに、らじやうもんを開いてゐます。東西九條・南北八ばうの都大路は、ちやうどごばんの目のやうに、きちんと町をくぎり、宮殿や寺々の青い瓦、白い壁、赤い柱が、日の光、山のみどりに照りはえて、まるで繪のやうな美しさです。かうした都大路を、銀をちりばめた太刀をさげて、ねりあるく若者もあれば、梅の小枝をかざして行くおほみやびとも見受けられます。この美しい都をしたつて、人々は四方から集り、いつもいちが立つありさまでした。

平城京

平城京

奈良の都が榮えたのは、國に力が滿ち滿ちたしるしであり、國民は、喜びの中に、國がらの尊さをしみじみと感じました。さうして、元明天皇・〈第四十四代〉げんしやう天皇御二代の間には、おほのやすまろらのくしんによつて、いよいよこじきにほんしよきといふ國史の本が、りつぱにできあがりました。また、元明天皇の勅によつて、國々からは、それぞれ地方の地理をしるしたふどきといふ書をたてまつりました。

奈良の都が最も榮えたのは、〈第四十五代〉しやうむ天皇の御代であります。奈良といへば、まづ思ひ出されるとうだいじだいぶつも、天皇のお造らせになつたものであります。佛教を國のすみずみまでひろめて、國