Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/25

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


と、次のやうにお書きになりました。

づるところの天子、書を日ぼつする處の天子にいたす、つつがなきや。

隋の國王は、眞赤になつて怒つたさうですが、しかし、わが國のこの意氣に押されたのか、それとも、わが國のやうすを探らうとしたのか、たふれいの使節をよこしました。太子がこれを堂々とお迎へになつたことは、申すまでもありません。あすかの都から難波の港へ通じる大道をお造りになつたのも、隋の使節をあつといはせるためでありました。このころ、とうあの國々で、これほど威光を示した國は、日本だけであります。太子は、その後も、使節につけて學生や僧をおつかはしになり、支那のいろいろのことについて、けんきうさせるやうになさいました。

夢殿
夢殿

かうして、わが國の政治も、よほど改つて來ましたので、太子は、最後に、國史の本をお作りになりました。國がらを後世に傳へ、外國にも知らせようと、お考へになつたからでありませう。まもなく太子は、まだ四十九歳といふおん年で、おなくなりになりました。國民はみな、親を失つたやうに、なげき悲しみました。

今、ならの西南いかるがの里に、法隆寺のだうたふが、なだらかな山々を背